CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月 »
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
マレーシア列車衝突事故 ー首都で負傷213人重傷47人ー[2021年05月26日(Wed)]
マレーシアの首都クアラルンプールの鉄道で列車同士が正面衝突、負傷213人、内重傷47人の大事故となった。自動運転区間のトンネル内で乗客を乗せた営業列車と試運転列車が正面衝突、大きな衝撃で乗客が座席から投げ出され、車内でうめく者の様子がTVでも放映された。双方の速度は20`と40`、合計速度60`での衝突で被害が大きくなった。現時点では警察は「連絡ミス」の可能性を指摘しているが、原因は未だ不明だ。
 マレーシアの首都の都市鉄道で、地下区間とは地下鉄だったのか。自動運転なら自動停止したはずなのに、システム不具合か、機械の故障か、連絡ミスを疑われるように人間側の管理能力が自動運転について行けないレベルだったのか。
 マレーシアはタイの隣国で先進国入りを狙う中進国とはいえ、まだズサンな田舎。かつては中国系の経済支配も問題視されマレー系などの教育に力を入れたが、最近の中国の経済侵略でマタ幾分は元に戻った感がある。結局はマレーシアは東南アジアの非先進国に過ぎないし、先進国になっても中国的なシンガポールや最低の韓国のような国も多い。現地警察のように人為的ミスを疑った方が良さそうだが、中国が政治経済両面で浸透侵略を図るASEANのマレーシアだし、元の首都シンガポールは守銭奴でブタ食いの中国系が多くてイスラム教徒に嫌われマレー連邦から追放されるなど、民族問題(中国人問題)の歴史もあり、中国には気に食わない国でもある。今の世界情勢を見れば当然に中国系や反中国系のテロの疑いもゼロとは言えないだろう。

 さて、ここからが私のオリジナルの解釈だ。
 列車衝突事故のあった都市はマレーシア桃田交通事故のあった首都のクアラルンプール。奇しくも桃田の事故も自動車の衝突(居眠りの追突)とされ、事故に見せかけた反日国系テロの疑いを強く持つ点は既述の通り。勝手に娘分にした池江の場合は放射性物質による意図的な白血病発病、要するに毒盛りの疑いも持つ、私がやられ続けたように。折しも、中国で異常気象の寒気によるクロスカントリー集団遭難が起き中国トップクラスアスリート含め21人が死亡、ちょうど「日本のトップアスリート狙いの中国によるテロへの天罰か」と書いた直後(今日)、この列車衝突事故のニュースを観たのは、偶然ではあるまい。テロ対象と疑われる日本のトップアスリートの代表例が桃田だから。大会優勝後に帰国のためマレーシア・クアラルンプール空港に向かう途中での自動車事故が桃田テロ疑惑事件だから。私に責任を問われた親日家のマハティール首相は間もなく辞職した話も既述だ。
 ここまで来れば偶然ではあるまい。天罰だ、トップアスリートテロへの。神の誕生月5月の。後は池江が帰国後発病した対象国カネ、中韓(朝)は言うまでも無く。さあ、どうする。中国も韓国も、私の言うことを聞かない日本も。既に誕生月5月で様々なことが起きているのだが、神のポツダム宣言の最終期限は誕生日の5月30日と考えるのが適切だぞ。神を甘く見るな。天罰を甘く見るな。


中国クロスカントリー集団遭難21人死亡 ー5月の中国で続く異常気象 中国冬季五輪は危険ー [2021年05月26日(Wed)]
「人災を導く災害こそ真に恐ろしい天災」とか四川大震災の折に書いたが、それを地で行くスポーツ人災か。5月22日、中国甘粛省白銀市での100`クロスカントリー大会で高地での天候急変の異常低温による集団遭難が発生、21人が死亡(低体温症)の大惨事となった。
 健康促進の競技会で集団死とは中国らしいし、これでは北京の冬季五輪は政治要因以外でも危険と分かる。主催者(地元の地方政府)や警察による救助はほとんど無く、GPSのSOSボタンを押しても誰も助けに来ず、救急車すら出ないため周辺住民に救助され命拾いした被災者は自力で下山させられたと報じられる。集団遭難の原因は今月5月に中国で続く異常な寒気による異常気象の異常低温で、これがTシャツ短パン等の軽装の油断しきった参加者を襲い、参加172人中21人死亡、7人負傷の大惨事となった。
 4月の末から特に5月に入って、既述の通り、南からの暖気と北からの寒気がぶつかる異常気象の大気不安定状態で強風災害等が多発している中国だが、この100`クロスカントリー大会でも異常寒気の影響で天候が急変、走者に強風、冷雨、ヒョウがたたきつけら、気温は零度になり、最初に遭難現場の高地に達した先頭集団が集団遭難、最上位5名が全て死亡、6位の選手ら6人は周辺の羊飼いに洞穴住居(ヤオトン)に運ばれ命を拾ったと。死者の中には、この種目の国内最高記録保持者や山岳マラソンのエキスパート、パラリンピックのチャンピオン等の蒼々たるメンバーも含まれると。
 過剰通貨供給(異常バブル政策)等で共産党幹部一族などだけ際限なく肥え太らせ、GDP値を大幅水増しし世界第2位の経済大国だと大ウソをついて世界に流しても、所詮は中国はズサンで貧しい独裁の後進国に過ぎず、共産党の宣伝要員のトップアスリートは見殺し同然に集団死させられ救うのは羊飼いくらい。これが中国の実態、正体だ、偽らざる。

 そて、ここまでが普通の解釈、コレからは私のオリジナルの解釈だ。
 これは完全に天罰だ。私の誕生月の5月の中国の異常気象による強風災害の連続は既述の通り。最先進都市を気取る街・深圳の超高層ビルが手抜き設計・ズサン建設と強風で揺れ始めて中国人が逃げ出し街中が大騒ぎになったり、竜巻らしき突風で町が破壊され廃墟になったり。私は「神の誕生月の神風が中国を襲う」とか評した。我が家の猫の例が一体化した風の精霊だ。
 その次には赤色帝国の中国の植民地支配の対象で中国のアキレス腱と言われる少数民族が多い地域で大地震が2連発だ。そして、ややおいて、再び「神の風、風の精霊」が偽善でズサンな中国の競技大会を襲ってトップアスリートを集団殺戮?と来た。
 これは中国や手先の朝鮮が散々、日本のトップアスリートをテロでツブそうとした罪への罰、報いか。日本陸上選手団の中国(昆明)合宿での細菌兵器テロ以来の中国等によるテロだ。この昆明事件への罰は「ウイグルのイスラム過激派?」とされる集団による昆明無差別殺傷テロの形を取って降ったようだが、最近の桃田や池江へのテロ(疑い)への罰の一つが、この高地クロスカントリー集団遭難だったのか。私が娘分にしたばかりの池江への放射生物質テロへの報いとすれば、良く説明は付くけど。そういえば、同じく反日テロの犠牲者の浅田真央らの冬季競技でスケートリンクは銀盤、雪山は白銀とか言われるが、事故現場は甘粛省「白銀市」・・・。

 さて、中国人も朝鮮人も日本人も、このような誕生月の天変地異や災難を良く肝に銘じろ。そして償え、誕生日当日の5月30日までに。賠償も始まらず、私を殺そうとし続けた朝鮮系スパイ夫婦の悪魔女も我が家に放置されたままだぞ。こんな事がが許される訳がナイのに放置したヤツらは全て地獄に落ちろ。宗主国のバイデン政権もだ。期限は4日後だぞ。とぼけるな、人類よ。更に原罪を深める気か? それなら正当な罰が降るだけだ。分かっていて無視して災害を招くなら完全な故意、少なくとも未必の故意による大量殺人だ、神の罰を除いても! 見てオレ。モウいい加減に私も疲れた。ウンザリだ!
米政府が「日本渡航中止勧告」 ー五輪寸前に渡航警戒レベル最高の衝撃ー[2021年05月26日(Wed)]
米政府が日本渡航中止勧告だ。東京五輪直前期に新形コロナで日本への渡航警戒レベルを最高(最悪)のレベル4に引き上げた。米国は世界150カ国を相手に渡航中止勧告を出しており、五輪米選手団派遣の話も別としてはいるが、実質的に「東京五輪中止勧告」と考えるべきだろう。何事にも責任を取ったり決断をせずに逃げ回りたい日本の政治、政府には実は良い「五輪中止延期判断の口実」を与えてやったと考えるべきだろうか。この機会を生かすのだな、世界最悪の政治愚鈍の日本の政治は。

 これはバイデン政権のやり方らしい。表向きは米国人の安全確保が目的だが、私は「不潔不衛生で遺伝的にも習慣的にも感染症に弱い外国人に日本に来て欲しくない」と書き続けており、内実ではそれに沿った「日本渡航中止勧告」だからだ。このやり方は表向きにも強く叱らないと何も反省せず改めない朝鮮人(韓国)相手では効果薄と「クラブケーキ」の話でも書いている通りだが、素直でマジメな属国の日本に対しては東京五輪絡みでは有効かも知れない。私は五輪再延期を求めているし、その意味でも。

 さて、どうする、日本の政治や政府よ。これが最後の五輪見直しのチャンスではないのか? せっかく宗主国(親分国)の示唆がでたのだから、コレを利用しろ。どうせ自分からは何も言い出せないヤツらなのだから。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml