CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月 »
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
迷子のニシキヘビ自宅屋根裏で発見 ー無意味な恐怖報道と混乱の責任ー[2021年05月22日(Sat)]
問題はマスコミ報道だった。飼育者の部屋から逃げ大騒ぎだった迷子のニシキヘビ「アミメニシキヘビ」が自宅(アパート)天井裏で発見された。大きくは自宅内の話で「逃走」とは呼べない。ベランダ手すり等から天井にツタって上がり隙間・穴から天井裏に入って隠れていたただけらしい。ヘビ類関係者が怪しいと考えた場所で、板のとり外し許可等に時間がかかっただけとは。
 そんな簡単な無害な話なのに何という大ばか騒ぎをしたのか、本当に馬鹿馬鹿しい。単なる迷子の無害なヘビなのに。無許可飼育の飼い主も問題だが、マスコミがウケ狙いで恐怖と混乱を煽ったのだ、日本社会の混乱を、日本人の無知につけ込んで。ヘビでなくマスコミこそ「災難」だったのだ。特に朝鮮系スパイの日本のTVは朝鮮系テロの実態も隠して報道しないくせに、ヘビは報道かね。東南アジアのヘビは朝鮮系ではないから悪役なのだろうよ。ちょうど、絶対的英雄だった「プミポン王」始めタイ語に多い「パ・ピ・プ・ペ・ポ」の発音は飛沫を飛ばすと騒ぐくせに、最も飛沫を飛ばす朝鮮語の野蛮な大声の「チャ・チィ・チュ・チェ・チョ」には触れもしなかった大外交問題と同じだ!
 既述のように、この種のヘビは身体が長く太くても臆病で大人しく、それ故にペットとして成り立つ。タイでは普通に近所のヤブに住む存在で、毒蛇などの有害種でもない限り大蛇でも怖れられない。日本のマスコミはその重要情報を強調せず、ただ「危ない、コワイ」と世俗の誤りを正しもせずに騒いだ事こそが混乱を大きくし、地域住民を恐怖に陥れ、大変な捜索の手間やコストを掛けさせた。マスコミ報道こそが要らぬ混乱や出費を招いたのだ。この損害の責任は追及せねばならない。償わさせねばならない。イクラ日本人が世界最悪の言論無能で政治愚鈍でもナ。いや、モウ遅いか。
緊急事態宣言下でも東京五輪今夏強行 ーIOCコーツ委員長の断言ー[2021年05月22日(Sat)]
これほど開催地地元の神経を逆なでするモノもあるまい。IOCのコーツ調整委員長が「緊急事態宣言下でも東京五輪開催」と断言した。これは決意表明のつもりだろうが、なにやらレベルの低い日本の政治屋の選挙応援演説のようだ。無責任に耳障りの良い単純な事を言うが「選挙公約ではない。責任の伴わない決意表明だ」とか逃げるもので、最近はNYでの国際会議に出席した小泉環境大臣が石炭火力発電等に関して「止めます」とか発言して直ぐ記者に「どうやって?」と聞かれて全く答えられなかった話と似ている。IOCは無責任なのだ。いくら日本の政府・政治が極端に無能で諸外国に比し一桁二桁小さい感染者数なのに医療は限界に近づく惨状を放置とはいえ、その惨状も知らないふりで、日本人がワガママで辞職要請に従わず不潔不衛生でコロナに弱い遺伝的体質のバカ外人の大群が訪日するのを嫌がっているのに、「緊急事態宣言下でも五輪強行」とは。
 緊急事態宣言下での東京五輪今夏強行すると、自粛要請に従わない大量のバカ外人が東京の夜の町で飲んだくれて大騒ぎしてツバを撒き散らし、法的強制がないと言い分けして警官の指示にも従わずに暴れまくり、あちこちで外国産変異種を持ち込んでバラまく「五輪クラスター」を造る様子が目に浮かぶ。現在でも「路上飲み」すら強制排除できずに放置する日本社会では。

モウやめろ。開催地地元の心も完全に逃げた。顔や名前を売りたいタレントの吉岡里帆すら東京から離れた人口の少ない京都での聖火リレーを辞退する程なのだから。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml