CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月 »
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
日本医師会長自粛破りパーティー ー医師会の指導と改革が出来る政治力をー[2021年05月14日(Fri)]
日本の医師会の現状はダメだ。コロナ渦で最も苦労する医療人の代表として歯に衣着せず危機意識の低い世俗を批判したのは実に良いのに、自分で自粛破りの政治家支援(資金)パーティーを開いて出席した日本医師会長は、即・辞任せよ。それをキッカケに他者を批判し要求するだけで役割を果たさないとされる医師会の制度や機能の根本的改革を求める、モウ完全に遅いが。医師会を誘導もできない保守政界も無力だ、保守系最強の建設関係者の分厚い層に支えられた竹下派・経世会の全盛期なら相手が医師会でも何でもある程度の説得が出来たろうに、言うことを聞かせたろうに。厚生族議員の代表格でもあった橋本元首相も竹下派だったし・・・。

 「厚労省も医師会もやるべき事をやらない」とは、元厚労省の医系技官と名乗る者の声だったが、意味が良く分かった。元から医師会は政治など外に向かって自己(開業医)の利益を代表・主張して通す組織(圧力団体)として有名だが、自分らに痛み伴う話には全く消極的。減反(コメの生産調整)を内部で配分した良い意味での日本のムラではないな、それを統治する武士もいないし。日本では医師などへの政策的関与の度合いが低く、開業地域指定なども無い。どこでも開業が自由な反面、商売カタキが近所に開業しても規制や補償はナシ。1地域(区域)1店舗の免許制の米屋やタバコ屋より保護が弱い、と言うより、無い。そして、緊急事態ですら実質的に政策的な医師の強制動員などが出来ないのだ。
 この様な状況下で、医師会は一方ではワクチン接種の人手不足を論じながら既得権益を守るだけ、歯科医師や薬剤師など関係専門職の接種業務参加を邪魔するとは、怠慢・問題の分かりやすい例だろう。そして、政治の弱体化で強制動員(役割の割り振り)など緊急事態宣言下である程度は認められるはずの話も実現できない、医師会の反対を説き伏せられない。保守政界の最大の柱だった公共事業関係者が保守分裂や事業予算削減で自民党の最強の基盤ではなくなり、小選挙区制になって政治家は地元を回る必要もなくなり、今の自民党は傍流だったはずの医療関係者や部外者の創価学会の支援に頼る有様だ、そして恐らくは朝鮮系と。それで無派閥で党内基盤の弱い菅は朝鮮系のマスコミ屋や評論屋を官邸に呼び込み、調子に乗った朝鮮系スパイが暗躍して中国企業のワイロを運び、中国の尻馬に乗って朝鮮系テロが頻発しと・・・。そして「厚労省も医師会も何もしない」となる訳だ。

 さて、医師会長の不祥事を契機に、医師会長は辞任、医師会は改革だ。そして、「政治(の無能)に殺される」の政治の責任者の菅も辞めろ。それなら幾らか関係者に反省が生じるかもな、もう遅いけど。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml