CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年03月 | Main | 2021年05月 »
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
松山マスターズ優勝 ー苦しい戦いで風に助けられる?ー[2021年04月12日(Mon)]
松山英樹が米国マスターズゴルフ大会で優勝した。日本人だけでなくアジア人初の快挙と。競技内容は他に幾らでも詳報があろうが、悪のBTSのような粉飾水増し宣伝ではない本当の戦いを制したモノ。緊張も疲労も極限に達する最終日は正に苦しい戦いで、優勝争いに絡んだ全ての選手が何らかの失敗を経験したので、それをくぐり抜けたのは松山の精神力と幸運だろう。

 ここまでが一般的な解釈、この先は私のオリジナルだ。

 睡眠相障害がナカナカ回復出来ない私は最終日の夜中〜朝の放送をLIVEでほとんど見たが、夜が明けて再放送を見て別の視点に気づき確認した。最終版に猛追する米人選手が風向の変化への対応を誤って混乱してスコアーを落とし、松山の逃げ切りを助けた点だ。左からの風が主な場所で急に吹いた右風に打球が流されたのか、右風への変化を重く見すぎたのか。
 「風」。難しいコース設計、極度の疲労と緊張等々、世界で最も有名な大会ならではの困難だけでなく、風とは。そう、「風の精霊」だ。いやはや、一昨年頃から風の精霊は世界的大活躍の大暴れ、私の代理で。遺骸は我が家の庭のスミだが、魂は自由に飛び回る。いや、精霊か。
 世界的アスリートでも男性は特には積極的には支えていないはずで、娘分ならぬ「息子分」と考えるのは某国王くらいだ。松山は上がり目で名に木偏が入り、韓国はゴルフを国家主義宣伝の具として国策的に選手を養成しているから。それが高じて泳ぎが出来るのが基本の海洋警察まで水泳用プールでなく基地内にゴルフ場を作って遊んでいてセオル号の転覆事故でも全く役に立たなかったし。だが、桃田テロ事件の直後に現地マレーシアの首相は引責せよと書いたらマハティール首相は本当に辞めた。今回は風の精霊が私の代理に渡米して支援かね。コレでも日本政府は降伏しないのだろうな。コレを世界が見た後でも。
今ごろ農地太陽光発電規制緩和 ー「遅すぎ小さすぎ」の実例ー[2021年04月12日(Mon)]
いったい何年かかっているのだ。モウ10年以上だぞ! 日本政府は今ごろ農地太陽光発電の要件・規制を緩和だと。しかも真に役立つ緩和か否かも細部は不明。これぞ日本政府お得意の「ツーリトル(小さすぎ) ツーレイト(遅すぎる)」の典型例だ。
 耕作放棄農地対策は私が大学院生だった頃から日本農政の最重要(深刻)課題の一つ。そこに太陽光発電パネルを設置し最低限の農地管理を合わせれば農地の優遇制度(相続税納税猶予等)が継続できる手法は、民主党の鳩山の温室効果ガス大幅削減の国際公約の折から、このブログコーナーでも散々に提言し続けた話だ、様々な環境対策と共に。民主党は原発反対の左翼系労組の支持もあり、私の専門は農政で環境の超優等生の鉄道にも縁があり、原発推進は薦めなかった。が民主党政権は推進、その体勢で東日本大震災を迎え原発事故で思い知る事となった。そして被災地復興策としても原発停止後のエネルギー政策としても更に繰り返して耕作放棄農地太陽光発電の徹底推進を提言したが、ほぼムダで、ありばい作り的な対策だけだったのも既述だ。私に言わせれば
「最低でも10年以上遅い!」
民主党も自民党も関係ない。
 今までは、農地でアリ続ける要件、分かりやすく言えば農地優遇制度の継続の要件が厳しく、小ぶりの太陽光発電パネルを藤棚(ふじだな)のように設置して下の農地でも地域平均収穫量の8割以上が必要とか、パネルの棚の支柱の用地には農地の一時転用の許可が必要とか、全国の村々に普通に散々する耕作放棄農地への対策としては疑問な内容だった。それを緩和し、先月から収穫量の要件を緩和、更に今後は作物を育てない場合にも拡大するそうだ。
 だが、耕作放棄農地で太陽光発電をしても農地所有者の農家にとって死活問題の相続税納税猶予などの農地優遇策が継続するのか等については、まだまだ情報が不足。この様な改革案では、どうせ政府は根本的な緩和を嫌がり、詳細もボカす可能性大。もう少し情報が欲しい。でないと判断できない。

 しかし、今さら農地太陽光発電規制緩和とは、遅すぎ小さすぎるだけではない。神のポツダム宣言は出た。もう降伏しかないのだ。それを誤魔化すため、周回遅れ、それも10周(10年)以上遅れた(大昔の)私の提言に従うポーズを見せるだけとは。そんな態度が更に激しい神の怒りを買うだろう。神本体が今回の規制緩和を評価するなら、2015日本国際賞騒動後のトカラ列島口永良部島爆発噴火を想起させるトカラ列島群発地震など無かったろう。繰り返す。神に降伏せよ。さもなくば更なる災難を。見てオレ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml