CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年03月 | Main | 2021年05月 »
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
ワクチンは希望者には一回にせよ ーコロナに強い日本人の遺伝子ー[2021年04月02日(Fri)]
新形コロナワクチン接種は希望者には差し当り一回にせよ。なかなか約束のワクチンが届かず、日本人は遺伝子的にも既にワクチンを打ったような状況で、二回接種時の副反応が強い点を危惧する者も多い。しかも今の日本は変異種の関わる感染拡大の第4波に入り、東京五輪までに感染爆発の危険性も指摘される、私は五輪は来年か2030年代への延期を求めるが。一回接種でヨリ多くの者に接種との考え方は以前からあるが、少なくとも一回接種希望者には二回目の接種を相当に遅らせる選択肢を用意し、その分、接種人数を拡大すべきだろう。直ぐ次の年になってしまうし。もっとも、その前に西日本大震災で全てがメチャクチャになるかもしれないが。ここまで神に逆らったのだ。安逸な生涯などないぞ。
台湾鉄道「タロコ号」事故 ー日本製車輌 事故原因はズサンかテロかー[2021年04月02日(Fri)]
台湾的な事故と言うべきか、ズサンさとテロ疑惑の両面で。台湾鉄道史上最悪の事故とされる。8両編成の高速列車「タロコ号」が衝突脱線の事故、死亡確認は現段階では40〜50名だが最悪100名に達する恐れがある。トンネル入り口付近で斜面上の道路から落下したトラックと最高速度130`に近いタロコ号が衝突しトンネル内になだれ込みトンネル内壁に擦って停止した。特に先頭車などの列車前半の車輌の破損が激しく、先頭車はヒドイ状況と(乗客談)。
 台湾の盆休みに相当する休暇で乗客は満席近い約500名。先頭車60名強、中間車70名弱の乗車(普通車)とすると、先頭車40〜60名,後続の前半部三両で計40〜50名程度の犠牲は覚悟せねばなるまい。

●追記
 乗客数350人(三割減)の報もあり、死傷者も減る可能性がある。
・・・・・追記終わり


 この高速列車「タロコ号」は日本の日立製。事故はサイドブレーキ等の処置の不備のトラック側の責任らしいが、如何にも台湾らしい事故だ。

 台湾と縁が深く台湾びいきの私から見ても、最近話題の有名女性卓球選手離婚騒動からも見ても、「反中国」の台湾人と言っても戦後は中国文化圏の「半中国人」でもあり、日本人に比べればズサンでイイカゲンでワガママでゼニゲバ。特に公益最優先の行政や鉄道を含む公共的事業では差が出る。異常円高を利用して高度技術の一部を日本から学んだり盗んだりして工業を栄えさせても中身はズサンなままなのが、以前の日本製車輌の高速列車の事故からも分かる。車輌の故障を無視して走り続けて起きた事故だ。

 だが、もう一つの可能性は政治的テロ。神の支持を受ける台湾と赤魔中国の対立は既に国際社会を巻き込む大騒動で、台湾併合の野心に燃える赤魔中国は必死に台湾でテロをやっても不思議でない時期だから。これは日本で起きる様々な異様な火災事故や交通テロ、日本人有力選手へのテロを見れば想像が付く。中国系や中国の手先の朝鮮人によるモノが多いと疑われるテロだ。
 そういえば、タロコ号が走る「花蓮(日本読みでカレン)県」と、裏に中国が居るビルマ軍事政権が攻撃する少数民族「カレン族」は日本読みでは同じだ。偶然と言えばそうだが、私に同じと伝われば同じなのだ。

 この「タロコ号」には何度も触れた記憶がある。日本製の車体傾斜機能を持つ特殊車両で、曲線でもスピードがアップでき、新線の建設等をせずとも従来車に比べ大幅な時間短縮を実現した。元は韓国製車輌を導入したが不調続きで、しかも韓国側はトラブル処理(アフターサービス)でも不誠実でズサンで改善されず、山がちな路線でも高速化を図る日本が得意とする曲線高速通過機能を持つ日立製の車輌の輸入でヨウヤク安定した経緯を持つと聞いたが、その「タロコ号」か? ならば中朝韓のスパイのテロの標的になり得るか。中国は大喜び、反親日国で日台間を裂けると韓国人も大喜びだ。もしテロで真相が明らかにされれば、戦争で勝つほどの効果があろうが、どうなるカネ。少なくとも「東日本大震災韓国ドラマ津波警報テロップ不提示事件」すら究明できないクソ日本なんぞヨリは期待できるが、韓国スパイ活動「Kーウイルス」は世界中にはびこる醜悪な疫病だからな、人類を真の脅威にさらす・・・。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml