CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月 »
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
ミャンマークーデターとロヒンギャ問題 ーロヒンギャがクーデターの理由?ー[2021年02月03日(Wed)]
ミャンマー軍部クーデターは総選挙での軍部側の敗北が直接の契機とされるが、軍部側は「ロヒンギャ問題での現政権の不始末」を理由とすると報じられた。ここでも何度も触れたミャンマー在住イスラム教徒の民族問題が、外国で言う「ロヒンギャ問題」だ。
 ここでもローマ教皇の突然の仲介?行動を契機にスーチーに解決を促し、タイの軍人系政権にもタイ軍イスラム兵部隊派遣による支援を求めた。だが、表だっては成果は報じられず、ジリ貧状態のままだった事が、ミャンマー軍部のスーチー政権批判の理由とされたようだ。コレは考えないとな。
 米国のバイデン(仮)大統領もミャンマー制裁(復活)をちらつかせているが、単純に制裁するだけでは逆に中国の影響力を強めて反民主的な結果を招きかねない。反中民主のタイのクーデター側を良く考えもしないで制裁して国家主義の悪魔の中韓をタイで逆にのさばらせたのは、悪い例だ。

 仏教国であるビルマ(ミャンマー)に多くのイスラム教徒が半強制移住させられたのが所謂ロヒンギャ問題の発端だ。過剰人口を抱える貧しいバングラデシュ(元英国支配のインド帝国の東部・後の旧名は東パキスタン)の貧困対策で両国を植民地支配していた英国が無理矢理イスラム教徒を極めて富裕で同方面の真珠と言われたビルマに移したのだ。平和主義の仏教徒のミャンマー人の中に排外的傾向の強いイスラム教徒が混入されてヤッカイが起こったのは既述の通り。
 中国が欧米先進民主主義国への対抗や石油輸入経路の確保もあってミャンマー軍部に強硬でないのは良く分かるが、インドにも同情的な面がある。同じくイスラム教徒への反発が強いからか。英国の旧インド帝国独立妨害もあってと言われるが、ヒンズー教が主のインドもイスラム教のパキスタンと激しい紛争を繰り返したから。

 さて、このまま状況が悪化すると、ミャンマーは軍部政権に接近する中国とクーデター批判の米国始め主要先進諸国の対立の場となる。それで中国に彼我の差を見せつけ沈黙させられれば儲けものだ。イズレ中国とは戦わねばならず、その折の損害や混乱は大きいから。もちろん、それはガマンすべき出費なのだが、それがミャンマーだけで済めば良いとの冷徹な計算も成り立つのが、国際政治の現実だ。私も、それをキッカケにナセアンが成立すれば良いとも思う。ナセアン、NASEAN、日本+ASEAN。対中国共(協)同防衛圏、新東亜共(協)衛圏だ。

 だが、そこまで行かない解決法もあれば良い。どうせ米中代理戦争で地元民が犠牲になるのだから。ならばやはり、ロヒンギャ問題の解決への協力で国際社会とミャンマー軍部が歩み寄るのが良い。国連軍がロヒンギャ問題に介入して反発が強いと米中代理戦争だ。それはそれで良いのだが、避けるには、国連軍の代理的にタイ軍イスラム兵部隊をロヒンギャ保護名目でミャンマーに派遣するのを認めさせる妥協策はあろう。イスラム教徒には、やや安心できるから。国連安保理も開かれるが、どう相談するのかね・・・。
鉄道運賃値上げせよ ー移動制約と投資促進策ー[2021年02月03日(Wed)]
鉄道運賃を値上げしろ、特に東京等の大都市の鉄道を。菅は緊急事態宣言を延長し「一ヵ月で必ずコロナを収束させる」とイヤイヤの様な感じで演説したが、またぞろ「政治屋の決意表明パフォーマンスと政策議論の混同」という日本の政治屋の悪しき習慣が出てしまった。もうウンザリだ。小泉のセガレが環境大臣としてNYでやった失敗が世界的に非難された後なのに、何の反省も無いようだな。小泉が石炭火力発電削減について外人記者に聞かれて「やります!」と胸をハッタは良いが、「HOW?(どうやって?)」と聞かれても全く答えられなかったのと同じで全く馬鹿馬鹿しく恥ずかしい限りだ。もうやめろ、そんなバカは。そして幾らかでも政策の中身を話せ、日本の行政の最高責任者なのだから。

 この鉄道運賃値上げ話は再論だ、昨年前半から何度も述べているから。無視されたのだ、無能無策の安倍売国政権に。その番頭だったのが菅だ。あれこれ書くと出来の悪い子供は何も出来ないから、今回は鉄道運賃の話に限定しておこうな、分かりやすいようにさ!
 コロナ対策でも様々な政策提言をしたが、実行された実例である抗原検査の大規模推進でも、大増産された検査用品が十分に生かされず、私が不適と考える国際空港での関門検査には抗原(定量)検査を導入と報じられる。何とも歯がゆい。提唱者の考えが理解されているのかね。
 鉄道運賃の値上げは抗原検査キット増産要請に比べれば複雑だが、今後も変異種コロナの拡大等により次の冬を待たずに何度も感染拡大の山が来る恐れが強いから、それへの対策として十分に間に合うし、やらねばならないのだ、コロナ下でなくとも。
 運賃全体の一律値上げでなくとも、通勤定期割引率削減や時差通勤定期新設、時間帯別運賃制度など、様々な形があろう。実現すればテレワークの具体的な促進策となり、打撃を受けた鉄道会社の経営を安定させるだろう。カスカスの通勤時(ピーク時)輸送力の増強投資を促すから本当の景気刺激策にもなる、GOTOキャンペーンのような乱暴で一時的で中韓資本のためとか揶揄されるモノではなく。
 そして、鉄道会社の投資促進で景気刺激と同時に乗客の蜜を緩和し長年の懸案の通勤地獄対策とし、同時に空港アクセス鉄道の充実にも繋げ、真の観光促進策や東京五輪準備策にもなるのだが・・・。

 

 さてさて、今の能力過小の官邸一極集中型政策運営では何を書いてもダメだろうけど、書くだけ書いておくぞ。長年の大罪により地獄に落ちる菅政権・自民党だ。せめて、最も厳しい地獄の最下層の「阿鼻叫喚(あびきょうかん)地獄」よりは上の層の地獄に落ちる事が出来るよう、努力せよ。コレは自分のためだぞ、売国で自己中心の政治屋にとっても。朝鮮系スパイにばかり奉仕するより自分のためにな、選挙時や死後の自分のためにだが・・・。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml