CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
検査待ち感染者の死去相次ぐ ー何のための抗原検査推進かー[2021年01月26日(Tue)]
新形コロナのウイルス検査を待つ間に感染者が様態急変で死去するケースが相次いで報じられた。たまたま偶然のレアケースなら良いが、氷山の一角だとマズい。何のために私は「抗原検査」を推奨し、政府も拡充(資材の大幅増産要請等)に動き、実際に田村厚労大臣の言う「週に数十万回分」の資材増産がなされたのか。
 抗原検査はPCR検査に比べ感度が少々低いので無症状感染者(特にウイルスを撒き散らす前の段階)のアブリ出しには不適だが、発熱や味覚異常など既に症状が出た感染者には十分とされる。それ故に私は、「冬の感染拡大期に発熱外来等に大量の発熱感染者が押しかける野戦病院的状況に迅速に対応するため、再び検査難民問題など生じさせないため、簡便な抗原検査を多用すべき」と唱えてきた。単に簡便なキットによる定性抗原検査だけでなく、分析機器を用いてPCR検査並みの精度を出す定量抗原検査も導入され、私の意図とは異なって(不向きな)国際空港での関門検査に(短時間で済むから?と)使われている点は既述の通りだ、発熱外来等ではなく。
 昨春の段階では、秋〜冬の新型コロナとインフルエンザの同時並行感染拡大の危惧もあったため、コロナ検出と同時にインフルとの区別(振り分け、トリアージ)を意識したのだが、世間のコロナ対策でインフル流行が抑えられた今日では、特に新形コロナの短時間での判定に集中して使えるはずだった。それなのに、「検査待ちで死去」か? 再び「検査難民の死」か? 何をやっているのだ! こんな連中にワクチンの歴史的大規模短期大量接種など無理では。いや、それが最悪の政治愚鈍の戦後型日本か。いやいや、国民性は元からか・・・。
「戦略的忍耐」再び ーバイデンの本音はオバマと同じ?ー[2021年01月26日(Tue)]
北朝鮮の暴走や中国の膨張・傲慢を産み出した米オバマ政権の「戦略的忍耐」なる最悪のスローガンをバイデン(仮)政権は再び持ち出した。バイデン(仮)政権は事あるごとに中国と対立のポーズは見せるが、根本方針を示す表題の言葉「戦略的忍耐」出ては、全く信用できない。再び「赤魔朝魔を影で操る大悪魔の米帝国」と批判せねばならないのか。

 このような危惧は前から出されていた、当然ながら。
 「米国バイデン(仮)政権の外交部門の要職の多くは国務省(米国の外務省)で育ったプロの外交官でオバマ政権時に実務を仕切っていた者達に占められ、バイデン自身が議会の外交畑の重鎮なので、プロの外交の集団としては最高の仕事をするだろう」
と。トランプのような予測しにくい感情や取引(トレード)の外交はしないだろうと。だが、この激変する国際情勢、特に中国が世界の巨大な敵としてのさばる状況に適切に(機敏に果敢に)対応するのは無理という危惧だ。
 同じ民主党のオバマ政権の政策の引き継ぎ(先祖返り)の話や、そんな危惧を聞いていた私は、今回の「戦略的忍耐、再び」の報には驚かない。やはり、としか。

 更なる危惧は、バイデン(仮)政権の東アジア担当者に2人も韓国系がいると報じられる点だ。これで、またまた「日本を犠牲にして話をナーナーで納める」の繰り返しになるのか。愚鈍な日本人でも多くが朝鮮人の悪魔の本性に気づいてしまった以上、何も信用されなくなるだろう。バイデンが「解決済みの蒸し返しの大ウソ慰安婦合意」を日本に強制した米国の代表として無意味な立会人をヤッても何も責任を果たさなかった最悪の愚行の繰り返しを目論むだろうと。
 この点は極めて深刻だ、私にとっても。私を毎日殺そうとし、「児童虐待防止法」「犯罪被害者救済制度」「公益通報者保護制度」等々を設ける原因となった大悪党の我が家の朝鮮系スパイ夫婦を国を挙げて表彰するという暴挙の「2015日本国際賞」の表彰式には、皇室のみならず米民主党オバマ政権の駐日大使だったケネディも出席した。まるで、バイデンと同じく泣き寝入りの見届け人のようだ。この場合は泣き寝入りさせようとしたのが神だったわけだが・・・。

 そうでなくとも、バイデン(仮)政権の国際政策関連の閣僚等には「親日派は多いが知日派は少ない」とも評される、言葉は抑えてあろうが。連中の関心は主に欧州や中東で東アジアの知識など不足気味とも。だからバイデンの言う国際協調とは欧米間等の協調が主で、日本や中国を含む東アジアは二の次ではと。しかし、コレも私には全く驚かない話だ。民主党とは実質的に先の大戦(日米戦)を太平洋に広げた張本人の眉中反日の反日ナチの実態だったと思うから。

 民主党の悪の正体を除いても、やはりプロとして専門組織で育った専門家とは、以前の政策の経緯(いきさつ)や積み重ねを重視せざるを得ない。そんな話は技術屋の世界でも散々聞いた。自分らが守り育ててきた時ぎゅつたいけいの長所を頭にたたき込まれ、その完璧な管理に砕身してきたので、新しい技術に拒絶反応が出るのだ。それと似た話だ。新しいバイデン(仮)政権の外交官達にとっては、自分らが作った古いアジア秩序が重要なのだ、半ば無意識にでも。オバマ政権時の昔に返ろうとするのは当然かもな。だが、それではダメなのだ。


 東日本大震災の2011年の末に放送されたNHKドラマ「坂の上の雲」の旅順攻撃戦の203高地攻略に関する回には、こんなシーンがあった。203高地さえ占領して観測所を置き旅順港内のロシア艦隊を山越に砲撃・殲滅すれば良いのに、それをやらない、出来ない無能な旅順攻撃軍・乃木軍の参謀達に、派遣軍総参謀長として実質的に日本陸軍の社長とも言うべき立場だった児玉源太郎が説教するシーンだ。激高して大声を出した後に、こう語った。

「君らは昨日の専門家だが明日の専門家ではない。戦争は今、作戦の変更を求めているのだ」

 この児玉のセリフや全体に雰囲気には原作とは異なる部分が含まれるようだ。東日本大震災後の民主党政権の無能で震災が人災になってしまった実情を踏まえての変更が含まれた可能性もある。散々復興策を提言したのに小沢一郎幹事長が引いた後には実務力が無かった民主党政権は何も出来なかったから、これには私の声が含まれるわけだ。
 このドラマにも私の経験に基づく解釈や私に関係するシーンが多数出てきたのは、今にして思えば当然か。海軍系右翼だから、続く日本海海戦では更に。だが、とにかく、上記のセリフは日本の官僚化した社会・組織(この場合は旧日本陸軍の参謀)の悪しき側面にだけ該当するのではなく、米国の外交官僚達にも当てはまるのだ。

 この「専門家が過去の経験に基づいては適切に対応できない激動の世の中」とは、実は何度も目撃しているはずだ。トランプが中東でミサイル攻撃に踏み切った折、多くの日本の政治分析者等が予想を外した。TVのインタビューを受けている最中の有名な高齢の政治学者が「やらないでしょう」と話しているチョウドその折にミサイル攻撃の報が届いた話は既述だ。これは全くギャグだが、政治学者は政治学の研究者であって世界政治の大変革期の予想は専門外だから、無理も無い話ではある。
 だが、政治学者の言としてタチが悪かったのは、東日本大震災の政府の復興構想会議の政治学者によるものだった。私は、海岸部の津波災害危険地域の街全体の大規模な盛り土かさ上げを提言した。これぞ復興構想だと。これは、首都圏で処理に困る膨大な建設残土を活用し、盛り土費用も残土搬入側に負担させるものだった。残土の大量輸送は被災した海岸部の三陸鉄道などを復興用施設として早期復興して活用し、環境や交通事情にも対応する案だった。これは私が博士論文で取材した地域での水田地帯の大面積盛り土事業で実績もアリ、第一それは政府の「ウルグアイラウンド対策事業」6兆百億円の影のモデルともなっていたから、政府の役人も採用しやすかったはずだった、全くの未知の事業ではないから。
 しかし、問題の政治学者は復興構想を論じる立場で私の提言も耳に入っているはずなのに、「三陸鉄道を復旧しようなんてナンセンス」とか言い切ったから、本当に悪い意味で驚いた。何もやらずに済ませたい民主党の管政権の無能と怠慢へのソンタクがミエミエの最低の愚論だった。「政府の復興構想会議とは復興構想を潰す会議だな」と強く感じて憤ったものだが、それがフジデモ時にあぶり出されたスパイのヤマモトヒロシなんぞと同根だったから、別の意味でも悪質だったわけだ。管や取り巻きはヤハリ朝鮮のスパイだったのかと。
 上記の二人の政治学者は、イズレも東大卒で防衛省にも関係したから、政治や有事に対応する見識があるのかと思ったら、全くダメだと証明されてしまったわけだ。だが、これが日本一有名な大学で政治学とやらを研究して研究職になり防衛大学校なんぞにも関わった有名学者の実態だった。同じ東大の政治学者でも佐々木とは大違いだなと。佐々木は東大法学部長や東大総長もやったが、座右の銘は「原点回帰」で、これは元ネタは私だったようだ。論文の作成や査読だけでなく、広く勉強していた証拠だろうよ。それでないとダメなのだ、学者とかいう「論文作成業者」が社会的見識を得るには。
 同様の話が外交官僚や外交のプロにも当てはまる。目先のデスクワークの経験の蓄積が通用するのは、その過去の経験と同じ環境の下であって、その基盤の環境が激変する世界では、物事を良く知っていても従来型のプロとは違う考えや指導者が必要なのだと。トランプはバカな乱暴者でも、後ろにバノンがいて、更にその背後に私がいた、「東アジア対中国共同防衛圏構想」「新東亜協衛圏構想」「NASEAN(日本+アセアン)」の私が。そんな私から見ると、TVでモットモらしく話をする奴らは、相当にいい加減な者やスパイだらけと感じるが、一般人は欺されるだろうな、「東大卒の政治学者なら世の中が分かるでしょう」とかな。

 強調するが、連中は例え善意であっても「昨日の専門家」にすぎない。「明日の専門家」ではない。良く覚えておけ。気がついても遅いが。その次代遅れの代表例で派閥の支援も受けられない無派閥の無能なヤツが、現在の日本の首相だよ! まあ、様々な意味で日本人的だから、世界最悪の政治愚鈍の日本人には似合いかね。 

 それにしても、あれだけコロナや山火事で叩かれた民主党がコロナに助けられて再び大統領選に勝つとは、神の裁きは皮肉に見える。散々叩いた民主党政権を試しているのか、更に叩くためか。後者のようにも見える。そう考えると、ヤハリ天罰だな、民主党にも。バイデンは神に認められない元首だからな、先ず第一に。まるで三種の神器が揃わずに即位した帝のようだ。

元SMAP森レース中に重傷 ー新井に巻き込まれ骨盤骨折ー[2021年01月26日(Tue)]
新井とは通称か。元SMAPで優勝経験者の森がオートレース(バイク)で転倒に巻き込まれて骨盤骨折の重傷、復帰のめども立たない。転倒して森を巻き込んだのは新井なる者。東京五輪を前に日韓緊張の折も折、アスリートのみならず有名人へのテロ攻撃と疑われる事件が後を絶たない。森は元超有名アイドルで優勝経験者ときた。まるで池江だな、外国での大会の折に放射性物質を飲ませれ白血病を発病したと疑われる。そうでなくとも朝鮮系の影響の強いTBS・NEWS23によるMISIAへのテロ攻撃疑惑事件の直後だ。しかも犯人?の新井の「井」、麻薬事件の在日朝鮮人の通称と同じだから、朝鮮人の日本風の通称ではと疑いたくなる。疑いであっても筋の通った正当な疑いだろう。

●追記
 同レースの優勝候補の名は「金子」だと。ここまで来るとアカラサマな疑いだな、朝鮮系テロの。     ・・・・・追記終わり

 さてさて、またまた日本人はここまでされても何もしないのか? 出来ないのか? そうだろうよ。神まで朝鮮人へのイケニエにして保身する世界人類史上最悪のクズだからな。MISIAテロ攻撃疑惑でもTBSに何も出来なかった奴らだから。違うというならヤッテ見せろよ。どうせ何もしないよ、出来ないよ、世界最悪の政治愚鈍の最低の主権者だからな。せめてそのまま滅びろ、これ以上、私に迷惑をかけて世界に害悪を及ぼす前に。コロナ渦で身にしみたのではなかったのか!
黙食(もくしょく)の義務化と罰則を ー有効で損が小さい新形コロナ感染対策ー[2021年01月26日(Tue)]
新型コロナ対策で「黙食(もくしょく)義務化」を図り警察に取り締まらせろ。コレが守られる店は休業の必要は薄いとさえ思う、担保する実力は必要だが。
 「一人で黙々と飲食する限りは問題ない」 飛沫が恐ろしい新形コロナの正体が分かった後の対策のピンポイント化についてだったか、そんな事を書いたと思う。ヨウヤク巷(ちまた)でも「黙食(もくしょく)」なる言葉で黙って食べる事を客に求める飲食店が出始め、報じられている。
 元から「食べる時は静かに」「食べ物を口に入れてしゃべるな」とは、日本のマナーだったはず、感染症対策文化の日本では。しかも昔は食卓は個々人で独立だった。そんな日本の文化の伝統を崩したいのは、愚かな西洋かぶれや左翼、日本文化を破壊しコロナを蔓延させたい反日悪魔の朝鮮人。「賑やかに食べないと美味しくない」とか何とかヌカしてツバや食い物を撒き散らしながら騒ぐ。本当の日本文化が身につくか、多く接した真の日本人なら「黙食(もくしょく)」に大きな抵抗など無いはずなのに。

 桝添に似た醜悪な朝鮮系教師で担任として私の廃人化に邁進した世田谷区立尾山台中学校の斉藤盛久は、「メシを食う雰囲気ではない」と騒いで昼食時の教室の座席をワザワザ集合形式にするよう机を動かすのを強制した。「オレが仕切ってるニダ!」式だ、如何にもパワハラ願望と日本破壊願望の朝鮮人らしく。その延長線上に私への徹底した嫌がらせがあったのだが。私にはそれが如何にも朝鮮的な横暴だとは知らなかった、パワハラ的強制でも食のマナーでも。

 特措法改正での罰則案について議論が盛んだ。確かに、罰則を補償の不足の言い訳にするのはダメでも、マトモな一般的な規則に罰則の無いものは無いはず。「罰則は日本的ではない」などとは、朝鮮系スパイどもが(勝手に日本人を名乗って)規則を破りたい(テロをしたい)自分らへの罰則を回避するための汚いカモフラージュにすぎない、元都知事で罰則を望む側だったはずの桝添が罰則を非難するように。桝添は言う、「罰則があると逃げる者が出る」と。しかしそれは遵法意識が極めて低く言う事を聞かないと身内のピョン真一にも非難される朝鮮人の事であって、世界一秩序正しい日本人の話とは異なる。朝鮮人の話をするなら朝鮮に行ってやるべきだな、都知事も辞めさせられた事だし。都合の良いときばかり日本人のフリして甘い汁だけ吸うのだろうが。その結果が2016渋谷事件のその後の世界の大混乱だったのかね・・・。

 日本社会の原型である稲作ムラ社会にも「村八分(むらはちぶ)」という強力な罰則があったのは言うまでも無い。コレを朝鮮人は怖れているのだろうよ。火事や葬儀等、おおよそ二つの重要事以外は村の中で一切助けず放置するもので、日本型のイネの移植栽培(田植え型)の集落では様々な共同作業から排除されて労働も生活も成り立たなくなる極めて厳しい罰則だった。そう、日本の世界最高度のムラ社会秩序の主体・原型のムラとは、それ自体が3権(司法、立法、行政)を持つ独立した自治体だった訳で、当然ながら厳しい罰則も執行した訳だ。これは極めて異質でヤッカイで日本社会の秩序を破壊しようとする異民族である朝鮮人には邪魔なのだろうよ。

 だが、そんな罰則議論の前に疑問なのは、「単に役所が重要事項でも面倒な話に関わりたくないだけでは」との点だ。だから本当は罰則すらなくて良いと願っているのかもと。自治体の普通の事務職も保健所も。だからコロナ対策として有効な食卓の透明の仕切り(アクリルやビニールの板)の設置も義務化できないのではと。一々、担当の衛生部門の役人が見回らないとイケナイので面倒だから。
 ならば余計に、「黙食」を義務化し、従わねば直ぐ警察に通報、介入させるのが良いと思う、仕切り板の警察による監視等と並行して。朝鮮系スパイパチンコ屋の賭博は完全に放置どころか自分から関わってアマい汁を吸う売国の裏切り者の警察でも、飲み屋の仕切り板や黙食に関する見回りと取り締まり程度なら出来るだろうから。
 
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml