CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月 »
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
東京五輪中止なら北京五輪もダメ ーIOC関係者から出た本音ー[2020年07月18日(Sat)]
東京五輪中止なら北京五輪(冬期)もダメ。そんな本音とおぼしき感想?が一部IOC関係者から出た。東京五輪がダメなら、それに近い時期の北京五輪もムリだろうとは、もっとも話。五輪の政治利用しか考えない中国赤魔独裁は猛反対だろうが。

 パウンド委員がロイターのインタビューで、延期された東京五輪と北京五輪の間に5ヶ月しか無い事を踏まえ、「5ヶ月後に同じ地域で連鎖反応が起きないとは思えない」と言い切ったというもの。連鎖感染拡大確実だから東京五輪がダメなら北京五輪もやめようと。

 無知無見識な欧米人だろうから、極めて長い衛生最優先の感染症対策文化の日本と、乾燥地帯由来の濃厚接触も当然の超不潔不衛生文化の中国との区別が付いているのか等は不明だ。幾ら東アジアという共通点があるとは言え、性質が180度異なる(真逆の)日中を同一視して「同じ地域」と括っている点も大いに疑問。そう、中韓スパイの常套手段だから、日本人の信用を盗むために両者を混同させるのは。だが、東京五輪と北京五輪の間には5ヶ月しか時間差がなく、しかも日本のコロナウイルスに欧州経由型が混じると言って結局は根源は中国だ。五輪絡みの感染拡大の連鎖の危惧は当然だろう。

 東京五輪を更に一年延期してもコロナでダメな状況では、北京五輪の強行は危険だ、中国は誰をどれほど犠牲にしても強行を図るだろうが。他国民は言うまでもなく、自国民を多く死なせても気にせず、自分らは神よりエライと断じてはばからないのが共産党独裁だから。日本でも海外からのウイルスの流入を嫌って東京五輪の再延期(中止)を望む声が既に影では高まっているだろうし、五輪憲章の精神に根本から反する赤魔独裁の国家主義的政治宣伝の腐敗五輪と刺し違えるのなら、地元での東京五輪を中止しても本望と考える。
東京1日の感染発表数293人 ー連日最高記録更新 更に増加の可能性ー[2020年07月18日(Sat)]
「GOTOトラベルキャンペーン」の東京除外なんぞ小さく見えてくる。ムリだったのだ、こんな時期に。昨日も東京の1日の新形コロナ感染確認発表者数は293人と過去最高。連日の最大値の更新だ。が、更に増加して300人台に届くかも知れない。300人台が続くなら小池も安倍も西村も辞めろ。
 過去最悪の連続とか驚くべきではない。更に増加が続く可能性があるとは、7月10日付の文章で触れた「K値」分析では確か先週木曜日にピークアウトだから。それが検査でなく実際の感染拡大の状況を示すとすれば、感染拡大ピークの状況が検査結果の発表数字として出尽くすには1〜2週間かかるだろうから。「K値」の正確な解釈は別途検索するとして、あと一週間程度は発表者数の増加が続くくらいに考えておいた方が良いだろう。1日300人台が数日間、続くとかな。

 折しも米国では新形コロナ感染確認発表数が1日7万人に達したのだ。東京で1日300人でも驚くな。
 令和2年7月豪雨もまだ終息しない。高気圧に押されて北に抜けるはずの梅雨前線が、まだ日本列島の南に停滞している。現時点でも総降雨量は過去最高だった「真備の大水害」等の西日本豪雨を抜き、九州で発生した線状降水帯の数だけで10を上まわり西日本豪雨での総数に迫るそうだ。
 天罰は続いている事、神の怒りが示され続けている事を肝に銘じて、少しは神を怖れろ。おびえろ。びびれ! 今さら遅いけどな。人類最強と言われるはずの連中まで怖れているのだぞ。びびる事くらいしかないのだ、キサマラが神に従うには。

 東京の1日の感染確認発表者数が100人台だと騒いでいた頃、「このままでは済まない」とか書いたと思うが、その通りになるようだ。1日300人台になって、世界最悪の政治愚鈍の日本の政治屋も政府も主権者も、少しは懲りると良いのだが、ムリだろうな。何せ無責任だから、驚いても知らぬフリでトボケルだろうよ。だから真に懲りるまで天罰が続くのだ。覚悟せよ。と言うより「見てオレ」。まだ序の口だぞ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml