CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年04月 | Main
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
「SNSデモ」日本社会に拡散 ー検察官定年延長法案に検事総長OBも反対ー[2020年05月14日(Thu)]
検察官定年延長法案に反対するタレントらの「SNSデモ」が検事総長OBらにも波及した。弁護士、学者、官僚らのWEB反対集会は毎度のことかも知れないが、検察のトップで法務省では事務次官より上の扱いになる検事総長のOBまで反対とは異例だしオシマイと言うことだ、安倍政権のワガママも。
 私は「神にだけ戦わせて無為無策か」「きゃりー等のタレントを助けろ」とか書いてきたが、ようやく実社会の実務者も動き出さざるを得なくなったのかね、ようやく。これで朝鮮系スパイ活動の一般的な日本世論封じ込めによる「日本人愚民化策略」での反安倍言動と、真に公益の立場に立つ反安倍論との違いも、愚鈍な日本の世間に分かろう。というより、「政治は悪だから関わるな」という逃げ道も使いにくくなるだろう、少しは。言論無能で政治愚鈍の日本人が良く使う逃げ道だが。
 これで終わりではダメだ。安倍を辞めさせて始めてマトモなコロナ対策も打てる。繰り返すが、安倍を辞めさせる事が差し当たって最も有効なコロナ対策だ。滅びる前に、セメテ神の言に従った小さなアリバイくらいは残したら?
またコロナの天罰としての側面か ー外務省岡本行夫コロナ死と「川崎病」ー[2020年05月14日(Thu)]
元外務官僚の岡本行夫がコロナで死去した。70代だからコロナで重篤化しやすかったのだろうが、親米派で首相の補佐官や小泉の外交顧問もやり、新皇后の元上司でもある有名人だった。すると私にとっても「マタ上司」だったのかね? 岡本は一橋大の経済学部の卒だが北米局では政治交渉担当の北米一課の課長、雅子様(新后)はハーバード大の経済学部の卒で対米経済交渉担当の北米二課にいたのが有名な点では逆にも見えるが。

 今回のコロナ渦では、恐らく外務省が習近平国賓訪日などの口実の眉中で中国人入国拒否を遅らせた罪について何度も書いた。だが、それだけではなかった。
 昨年10月頃に中国武漢近辺で危険な正体不明の疫病が発生して広がり始め、遅くとも11月には日本に侵入したであろう情報を伏せるようスパイや外務省や眉中政治屋等がバカ首相官邸に言ったかで事実が隠蔽され、膨大な数の感染者が発生し多くの日本人がコロナと分かりもせずに死んでいったのだろう。それが昨年から出ていた感染症の予想を上まわる「超過死亡」ではなかったのか。そして、これも恐らくは眉中の外務省などの妨害で、未だに日本での抗体検査の結果も発表されずに実感染者数が分からないと思われる。
 「外務省と観光庁と厚労省はコロナ渦の日本でのA級戦犯」とか書いてきたが、当初の疑いより外務省の罪は重いようだ、相当なレベルで。正にA級戦犯。例え後見擁護すべき新后・雅子様の出身官庁といえども許せない、絶体に。必ず絞首刑に処すべきだ。そんな罪を神に追及される形で有名な元外務省職員の岡本がコロナで死んだと考えれば、宗教的解釈とすれば筋が通ろう、全く。


 それに「川崎病」だ。外務省という眉韓勢力の本丸の所属だった岡本が死んだのを機に書いておこう。まさに「K(川崎)ーウイルス」でもあったようだ。
 欧米のコロナ感染の若年患者の中に「川崎病」に似た重い症状が何人にも出た。全身の血管に炎症が出るものだ。これは高度成長期に公害問題がヒドかった工業地帯の地名の川崎ではなく、病気の発見者の名前だそうだが、結局は朝鮮汚染・朝鮮系マフィア支配とか疑われる川崎市と同じ名前なのは偶然の一致か? 日本語で同音や同字なら神の解釈も同じになると何度も書いてきた、「カゼ(風・突風や台風)とカゼ(風邪・新型コロナ)は英語では別の言葉でも日本語で同じ発音、日本語で同じ頭文字なら神には同じ」と・・・。

 今回のコロナ渦では韓国絡みの罪に関係した人間や場所が徹底して叩かれているのは既述の通り。
 「浅田真央・フジTV『バカ殿様』韓国焼酎持ち上げ事件」の志村けんのコロナ死、岡江久美子はじめ韓国汚染のヒドイTBSの系統のタレントの連続コロナ感染や死。
 韓国映画アカデミー賞事件の舞台で大ウソ慰安婦問題でも韓国汚染が激しいカリフォルニア州での米国最初のコロナの大蔓延、カリフォルニア外出禁止令の3月19日とは米FRBが米韓通貨スワップ協定で韓国を助けてしまった日と来た。
 我が家の朝鮮系スパイ夫婦の悪魔女が結核を肺炎と誤魔化して隔離を免れた話も朝鮮絡みで肺炎絡みだ。私は感染対策で被害者なのに自宅内自己隔離状態だったが、それが人類に跳ね返り世界中で自宅隔離だ。
 その朝鮮系スパイ夫婦の悪魔女による子供の頃の毒物虐待で生殖機能にダメージ・後遺症が出たが特効薬アビガンが生殖機能に影響とはその跳ね返りだな。
 韓国人がカネと犯罪のため宗教を悪用するのが許せないが、その自称・教会で起きたのが韓国テグ大規模集団感染事件。先日も韓国の防略の「コロナ封じ込め」ウソ宣伝を強く非難した直後にソウル梨泰院クラブ大規模集団感染の発覚だ。全て私が強く批判していた内容に絡む話ばかり、それも朝鮮絡み。それが軒並み叩かれているのだ、徹底的に、情け容赦なく。

 そんな話の中でも浅田真央勘当に絡むのだ、「川崎」は。「浅田真央『志村けんバカ殿様』韓国焼酎持ち上げ事件」の直後には強硬な対応は取らず、謹慎の言い渡し程度だった。浅田は従ったようだが、そんな甘い顔をした直後に「川崎市ヘイト規制条例罰則追加」がなされ、「スパイ防止法が日本に無い段階であまりに不公平」と激怒し、朝鮮系の犯罪や防略に甘い顔をした結果かと態度を変更し、浅田真央勘当処分(親子の縁を切る)となったのだ。こちらが勝手に親と名乗ったのだから縁を切っても勝手だと。だが結果は「マオの箱船」という救いの船の船長を失った人類にコロナの大災害と志村の死、そして「川崎病」だったのだ。
 今回のコロナウイルスは「コリアウイルス」ではと書いてきた。韓国のウソ宣伝の「Kー防疫」とは「Kー謀略」だとも。だが、そこに来て更に「川崎病」だ。これでは「K(川崎)ー病」、「K(コリア)ー病」ではないか。しかも川崎は大天罰たる昨年の台風による大水害でも浸水被害を受けている。これでも偶然の一致か? ここまで重なっても偶然の一致の重なりなのか? そうではあるまい!

 さて、どうするんだ、下界のクソ人間ども。ここまで神に警告されても尚、何もせずにゴマカシか? ひたすら逃げて誤魔化すのか? そうはいかない事を今回のコロナ渦が徹底的に示しているぞ! コロナを甘く見てきたトランプ政権もついに尻に火が付いた。日本や朝鮮の神との関係の問題を解決、少なくとも改善しないと天罰が降る。キサマラのセイだ。とっとと私の問題を改善しろ。
 浅田の話について言えば、一度でも電話か何かで事務的な最低限の意志疎通が出来れば惨状は防げたか和らげられたはず。これは朝鮮系の吉田の家をつぶして更地にすれば東日本大震災も後の災害も防げたという話と同様だろう。今度こそ逃がさない。言い訳は一切通用しない。世界が地獄になったのはキサマラのセイだ。罰を受けろ。地獄に落ちろ、この世の生き地獄を見てから。その引き金がコロナ渦だ。
 
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml