CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年04月 | Main
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
学校9月入学議論 ー小学校早期入学等と合わせれば理想的だが困難かー[2020年05月01日(Fri)]
学校9月入学案が地方の知事等から出て安倍も乗り気だ。行政経験も無い安倍が良く考えもせず流れに乗って人気とりしたいだけだろう、北海道知事の学校休校要請に乗った時のように。しかし、今年の9月入学実施などムリ。授業の遅れを取り戻すツジツマ合わせで来年9月に実施できれば良い方だ。さすがに来年の秋になれば集団免疫獲得(7千万人感染)による新型コロナ収束に近づこうから、2年間の最後の山の冬を目の前にしてだが。
 しかし、私は安倍の無能や幼稚なマネとは別に、この学校9月入学案自体には期待もある、とても現在の政権にはムリだろうが。9月入学は国際標準で国際化推進や留学にも便利といった話だけではない。私が前々から提唱してきた「小学校5歳児入学」、要するに小学校に一年早く入学する改革を、半年分だけでも、この学校9月入学化と同時、あるいは平行して導入したいという話だ。それなら私も大賛成だ。最初の年は一年生が二重になり、それが該当学年児童の卒業まで(六年間)続くといった問題も生じるが、それをガマンする価値はある。半年だけの早期入学なら成長期の子供の一年分の成長の違いによる対応の困難も半減するだろうし。
 学校休校要請による一斉休校で「学校が休みだと共働きの母親が働けない」状況が世間にも広く伝わった。その母親が医療関係者なら現状では特に深刻だ。学校入学前の子供は幼稚園や保育園だが、もし学校早期入学が半年分でも実施されれば、玉突きで幼稚園や保育園も空き、半年分だけでも大問題の待機児童問題も減る。逆に言えば半年分、待機児童問題が深刻化するのだ、無策のままで9月入学化すると。成功すればコロナ収束後に共働き女性労働力も更に活用でき、ポストコロナの復興にも貢献するだろう。この世界人類史上最大級の感染症、「旧約聖書(出エジプト)級の疫病」とも言える大天罰では、復興があればの話だし、もはや私も無条件で助けてやる事は絶体にできないが。
 この改革案は待機児童対策だけでなく、一年でも早く子供を進学させ、それこそ世界標準である大学院重視が進むであろう高等教育の負担増を抑え、学部卒なら子供の就職・自活も早めて結婚機会を更に増やし、不足する若年労働力も増やすといった、新時代の各方面の要望に応えるものだ。それに飛び級の促進等も併せ、文科系なら大学院修士課程を現在の学部4年より早く卒業させたり。更に進んで戦後教育の最大の問題とも言われる中学校の2年への短縮等も進めたい、本当なら。
 だが、半年の進学早期化すら、アベ政権の無能ではムリだろう。とにかく何もできないのだ。首都圏の鉄道通勤ラッシュ混雑緩和策として時差通勤促進は絶体不可欠で、絶好の導入の機会だったのに、政府は無視無策だったのを私は忘れない、許さない。公明党の国土交通大臣は幅広の人相だけでなく頭もワルかったのか、無能で眉韓の安倍官邸に邪魔されたのか知らないが。
 そんな有様だから、万が一、来年の秋に学校9月入学が本気で検討されても、小学校の半年早期入学までは話が進まないだろう。とてもムリなのだ、あの無能無為無策無責任な安倍では。最初の年は一年生が2倍になるのに耐える価値がある改革案だが、とても安倍では。それに、もはや私は面倒を見てやるツモりもない、日本人が神に無条件降伏するまではな。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml