CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月 »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
文部省の領域でしか動けぬ安倍 ー総理大臣なのに実態はシロウト文部大臣?ー[2020年02月28日(Fri)]
「安倍は行政のシロウトで周囲にいるのも最弱の文教族議員だけ」 以前から書いてきたが、今回の唐突で下準備なしの「小中高校の休校要請」でもそれが出た、あからさまに。首都圏鉄道通勤ラッシュ問題、新型肺炎診断拡大、中国人入国停止など、他に先にやるべき事が山積なのに、学校休校だけが先行だ。
 田崎とかいう政治評論屋が「総理は通勤鉄道ラッシュを心配したから鉄道通学の高校にも休校要請した」とか安倍を気遣ってチョウチン持ち的に解説した。ならば鉄道通勤そのものに切り込むべきなのに、やらないで通勤地獄(主に首都圏)のない地方まで含めた全国一律の休校要請だ。しかも下準備や前触れなしだから、混乱ばかり大きい。
 かつての自民党では強い派閥に建設族などの強い族議員集団が集まり、それが強い派閥が支える首相も支えたから巨大な行政機構が動かせた。だが今は全くそれがない。自民党をぶっ壊すと言った小泉が壊して代わりのものを作らなかったので、その小泉の弟子のような安倍には何も残らなかったのだ。
 安倍は足りない行政上の見識で何か考えても文教族議員関連の狭い領域でしか政策を実施できないのだ、全行政領域に責任を持つ総理大臣なのに。東京五輪を前に不足する首都圏の空港の拡張やアクセス改善などを図るべきだったのに、やったのは「もりかけ」という学校だけ、要するに文部省の領域だけだったのと同根だ。安倍は総理大臣ではなく文部大臣(文科大臣)だ、しかも有能ではない文部大臣。総理でもない無能無力な幼い者が総理大臣だとかウソをついているだけだ、実態は。ならば直ぐ辞めろ、ニセモノ首相は。セメテ文部大臣になれ。
カリフォルニア感染拡大で米国株式市場史上最大の下落 ーカリフォルニア経由の世界への天罰の開始かー[2020年02月28日(Fri)]
正に天罰、神の裁きだ。米国株式市場で1100ドル超の史上最悪の下落で、今週は1000ドル級下落の連続、日本でも下落が一時1000円を超えアジアも欧州も軒並み急落、世界同時肺炎株価崩壊だ。
 「リーマンショック以来」「世界コロナ危機」とか言われる株価の惨状はカリフォルニア州での中国新型肺炎感染拡大の情報が引き金と報じられる。カリフォルニア州で感染者33人、アジア(中国)系中心に経過観察8400人以上、感染経路不明の市中感染との情報が出たのだ。要注意人物が1万人近いとは・・・。その前に既にカリフォルニア州のサンフランシスコ市では非常事態宣言も出ており、大きな不安材料が目白押しとなったのだ。
 米国は、私が1月10日以来ズッと求めてきた中国人入国全面制限等を早く実施した点では模範生で、愚鈍で売国が最優先の日本政府と比べて大いにうらやましかったが、米国西海岸に極めて多数の中国人が侵入する状況ではウイルスの侵入と感染を防げなかった。
 年ごとに記録を塗り替える悲惨な被害の大規模山火事の連続に続くカリフォルニアへの天災・天罰として、私はここで米国西海岸大震災の地震と津波等の危険を指摘してきたが、中国新型肺炎爆発感染拡大の危機という形を取るとは。無敵の大国を自認する米国を襲う大規模な疫病(えきびょう)に無力をさらすとは、正に映画「十戒」の世界。正に天罰だ。

 カリフォルニア州は実は最大最悪の日系人差別の汚い歴史を抱える事実を誤魔化してきた。しかも、それが西海岸への中国勢力の更なる浸透の昨今は更にヒドくなっていた。そんな惨状への反動か、私の警告がキリスト教文化圏で効いたか、先日、カリフォルニア州議会の謝罪となった。第二次大戦期の日系人強制収容等の人種差別政策、反日ナチと言うべき暗黒の日系移民差別を、戦争開始(真珠湾攻撃)の前から全米で最もヒドク続けていた(先導していた)のが、明るい西海岸のイメージで親しまれた?カリフォルニア州だったのだ。その結果として西海岸には大ウソ従軍慰安婦像の設置が相次ぎ、ついに州内の自治体が中韓のスパイ活動のグルになってそれを推進するに至って非難され、中国系の市長が精神面で追い込まれて病死する事態にもなったのは既述と通りだ。
 カリフォルニア州(州議会)は、そんな大きな前科への州としての最初の謝罪を先日したばかりだった。だが、カリフォルニア州のペロシ(民主党の議長)やハリウッド(韓国映画アカデミー賞騒動)の罪が重なっていたのだ、性懲りも無く。そんな折に生じた中国新型肺炎という疫病禍(か)だから、私には正に天罰にしか見えない、カリフォルニア州での感染拡大がキッカケとなって米国株式市場史上最大の下げ幅となったのは。

 米国CDCトップを初め米政府は不安の沈静に躍起だが、既に米国での感染拡大(爆発感染)の危険が政府により公に指摘された後では引っ込めようがないし、本当に警戒心を持つべき事態だから、中国汚染が激しいサンフランシスコ市でも感染者確認の前から「緊急事態宣言」が出たのだ。
 米国の感染国帰国者の2週間隔離の施設はカリフォルニア州にある基地だが、その管理がズサンで、危機管理が日本より優れるはずの米国の国の担当官が十分な対策もせず(半ば無防備状態で?)施設に出入りし、感染拡大源になったとされる。正に民度の低さ、感染症に一万年来の経験も無い西洋流の不潔文化だが、それが一般人だけではなかったのだ。これでは救いようがない、米国も。
 その上、誠に遅ればせながら米政府の対策の最高責任者とされたペンス副大統領は、インディアナ州知事時代にCDC等の警告を無視して自州にエイズを蔓延させ大流行の原因を作った前科者で、これも失望や高めたとか指摘される。
 国民の民度や衛生意識や高質の医療の普及や保険制度などが日本よりハルカに劣るが政治行政の危機対応では模範生のはずの米国でも、この有様では、株価急落も当然か。後は悲惨な爆発感染を待つばかりという状況が見えては、リーマンショック以来の株価急落も当然か。
 正に天罰だな、カリフォルニア州経由の世界人類全体への。
やっとマスクのネット転売規制 ー中国人の中国向け転売用買占めは放置?ー[2020年02月28日(Fri)]
「マスク増産は中国人転売屋のため」「日本人の子供には学校休校なのに中国人転売屋は放置か」 そんな私の批判にヨウヤク安倍が応えたか、ようやく愚鈍政府が「マスクのネット転売規制を検討」と速報された。正確には経済産業省がインターネット通販の運営事業者にマスク販売(出品)自粛を要請する最終検討に入ったというもの。しかし店頭販売段階まで政府が監視(一部介入)しないとムダだろう、反日活動の一環の韓国モノ販売数水増しの転売等にも強力な監視が必要なのと似て。

●追記
 続報で経産省が来月14日からのネット出品自粛を正式要請と。遅すぎる。直ぐヤレ。中国人転売屋の権利保障か? 転売屋や買占行列の取締の情報も無し。どうせ政府を監督する政治屋が中韓スパイのワイロを取るグル。「ツーリトル(小さすぎ) ツーレイト(遅すぎる)」との海外での日本の政府や政治への評そのもの。・・・・・追記終わり


 深刻なマスク不足の元凶「中国人転売屋と手先の自称留学生の出稼ぎ中国人によるマスク買い占め」自体を店舗販売の段階でも止めないと、連中は転売先を日本のネットから中国本国に更にシフトするだけだ。
 中国人が信用できないのは中国人自身がよく知っているから、同じ中国製でも日本で日本企業が販売する製品は中国での評価・信用が圧倒的に高い。しかも製品が本当の日本製となれば更に高額(超高値)で転売できる。これは極めてオイシイ商売、まさにボロもうけだ、極めて悪質な、日本の政治屋の売国と同じで。中国新型肺炎爆発感染危機で東京五輪すら風前の灯火という状況での中国人の犯行だから憎むべき立派なテロ行為だ。国家安全保障上の問題だ。なのに・・・。
 このような話は、武漢邦人救出用チャーター機に身代金のマスクをいくら積んでも、腐敗が当然の中国の役人が横領し共産党幹部一族等へのワイロになって病人には届かないか超高値転売だとか書いた時にも触れたはず。日本人、特に日本の政府や政治屋は売国最優先の政治愚鈍で、製品は世界最高でも政治は最低だから放置したのだ。

 私は戦後混乱期のコメの決定的不足の時代に作られた「コメの原則全量を政府が農家から買い取り政府が国民に売る」というコメ全量管理の「食糧管理制度」等の話を基に、臨時に政府がマスク等の重要衛生用品の流通等にまで相当に強く介入するシステムを検討せよとか書いた。私が籍を置いた東大農学部農業経済学科の卒業生等が実務を仕切ったのが食糧管理制度の中央の事務局たる(旧)食糧庁だった。国営食料商社とでも言うべきか。ちょうど私が大学院にいた頃、長く続いたコメ余りへの対応や全体的な規制緩和の流れを受け、大騒ぎで縮小(停止)されたのを覚えている。そんな農業経済学科の大学院も中韓人に占拠されそうな状況だったが・・・。
 この食糧庁を総事務局、総合農協の全国組織をコメ買い取り実働部隊、免許制の極めて多数の米屋を販売店網とする食糧管理制度は、「戦後農政の柱」と呼ばれた大がかりなものだった。全市町村の農協だけでなく、各地に食糧庁の事務所があり、農水省の統計情報部門の事務所のデータも各自治体の農政部門の情報もあり、食糧庁はコメの作柄や農家の経済状態等を見ながら毎年のコメの買い取り価格や売り渡し価格の原案を大蔵省の主計局等とも協議しながら検討していた。
 食糧管理制度と食糧庁はなくなっても、全国組織の農協のコメ買い入れは続き、コメ販売の免許制も続く。スーパーでのコメ販売は免許を持つコメ屋の委託(出店)の形なのだ。規制緩和が不徹底とか、米屋の免許の違法売買とかの批判もあるが、有事の際の食糧安全保障の対象品目にはイザという時の備えも必要なのが、今回のマスク不足で期せずして証明されたようだ。
 そう、マスクも立派な安全保障上の重要品目だったのだ、平和ボケの政治愚鈍の戦後型アホ日本人には理解できなくても。その重要品目を不正に買い占め転売する中国人は立派なスパイだから、徹底的に厳しく取り締まるべきなのに、それをやらないでゴマカスのがクソ日本人の実態なのだ。

 本気で政府がマスク問題に取り組み、多くを買い取ったり配ったりする必要があろうが、それには大きな手間がかかるから、政府は早くから準備して早く実施せねばならなかったのに、全くの「後手後手」だ、安倍の言う先手先手ではなく。それは「ウイルス検査」という公営の作業にも共通する。全て保健所という公機関を通して主に公的な研究所等で分析してきたが、その体制の実態を厚労省は十分には把握していなかったし、する意思もないようだし、全くダメな事だけは良く分かる、昔の国の食糧管理制度や現在も続く国の直轄の公共事業部門などと比べると。

 だが、果たして大臣の行政経験や党の部会長や国会の委員長等の経験が全く不足のシロウト同然の安倍がマスク問題を解決できるのか。それ以前に、私の書く事の意味が分るのか、極めて不審だ。理解できるとしても超貧弱な小さな首相官邸で全てを仕切るような過剰負担状況では適切な判断が可能かどうか。ちょうど分不相応な職業扇動家上がりの管が朝鮮系的にヒステリックに騒いでいただけの東日本大震災直後の首相官邸のように。
 以前なら、小さく無力な首相官邸を同じ派閥の政治家等が派閥ぐるみで支えたものだが、安倍の場合はそれすら良く見えず、そばに居るのは最弱と言われた文教族(文部省関係)議員だけ、やったのはモリカケ学園だけと言われる。そんな状況の延長が「必要な措置でも唐突すぎる」「中国人入国停止を差し置いてか」と非難が多い今回の「小中高校の全国一律休校要請」だ。唯一の側近集団の文教族議員とすら良く話し合っていなかった事実が報じられている。これでは全く「ハダカの王様」だ。

 いい加減に行政の分る者に代わるか、米国等の指導に全面的に従うかだ。パフォーマンス政治の小泉の元で人気だけで今の地位に上ってしまった安倍という幼いシロウトの任期中に未曾有の疾病が来た事こそが天罰なのだ。神を怖れて従え。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml