CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月 »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
ようやく米国が自国民引き取り ー横浜の隔離クルーズ船問題ー[2020年02月15日(Sat)]
ようやく米国が横浜の隔離クルーズ船から自国民を引き取ると報じられた。チャーター便で羽田空港から自国の米軍基地に移送するそうだ。以前から話が出ていたのに随分と遅れたものだ。もっと早くやれば日本側も非難される状況を緩和でき、他の国もならう前例ができて大量避難が進んだろうに。
 日本政府の愚鈍は明白だが、米政府も及び腰で状況のヒドさに認識が浅かったのでは、世界最高の有事対応能力とうぬぼれる米政府が。日本の主権を尊重したと言えば聞こえは良いが、単に感染者というババを引きたくなかったのが、批判報道が出て致し方なくか。考えたくはないが、日本政府の悪評が広がって自国の責任を転嫁したり反日宣伝をしやすくするためにワザと遅らせたのかね。
 原則として、横浜のクルーズ船からは乗客を降ろして米国のように各所属国に引き取ってもらい、当面は残留の必要な限られた船員だけの隔離施設とかにすべきと思う。いすれにせよ、遅すぎた。最初に話が出た時に直ぐやれば良かったのだ。私はその折は米国の提案を「神妙(しんみょう)」と高く評価したので。そんなウマイ話も機敏に利用できなかったのかね、愚鈍な日本政府は、特に無為無策の安倍政権は・・・。
想定の数倍の新型肺炎の感染力が通勤ラッシュを直撃 ー1人から12万人に感染の恐れを隠す専門家の想定と異なる新型インフル並みの高い感染力ー[2020年02月15日(Sat)]
通勤ラッシュの激しい首都圏等では決定的に深刻な情報だ。「中国新型肺炎の感染力は想定の数倍」との推計が出たのだ。新型肺炎は1人から1〜2人程度の弱い感染力とか聞かされたが、実は4〜7人程度の恐れがあり、かつての新型インフルエンザに近いと。広くウイルス感染させるのは一部の例外的な「スーパースプレッダー(超感染拡大者)」だけとか聞かされたが、実は誰でもそれに近くなり得る訳だ。最悪を想定して備えるのは災害対策や警備等の有事対応の基本。中国新型肺炎感染者の相当部分がスーパースプレッダーと思って対策すべきだ、世界で最も清潔な日本でも、世界で最も政治愚鈍な日本でも!
 ここ数日の現実を見ると、この中国新型肺炎の従来の想定の数倍の大きな感染力の推計こそ、実態に近く感じる。今までの数値は眉中のウソだったようだ、またぞろ。「人・人感染の明確な証拠は無い」とかヌカシた奴らの言は信じるな。不要なパニックは反日国のスパイを喜ばすからダメだが、中国の犬のWHOや、同じく中国の犬の日本政府の犬の日本のTVに出る自称専門家の言う事など信じるな、死にたくなければ!
 連中の言う「怖くない、正しく怖れろ」とは、連中の言を真に受けずに手を抜かないで積極的に対策しろと言う事だ。中国は実はハリボテで怖くないから赤魔・中国の嫌がる事でもヤレと言う事だ!

 中国の惨状については大げさと思う内容でも書いて警告としたら、後で実情は更にヒドイと分る事が何度もあった。今回の中国新型肺炎についても同様。「通勤ラッシュで1人から1週間で12万人に感染」との新型インフルのシミュレーションを、あくまで参考例として警告したが、実はそのものズバリだったらしい。

 昨夜、日本の国立感染症研究所の示した以前の新型インフルエンザに関する首都圏のラッシュ時の鉄道通勤での「1人から12万人に」との爆発的感染拡大のシミュレーションを紹介した。その折は「中国新型肺炎とは違う疾病(新型インフル)での最悪のケースだが、参考にはなろう」とか書いた。だが、両者の感染力が近いとすると、これは参考どころではなくなる。最近の高い方の新型肺炎の感染力推計値が新型インフルに近い以上、無為無策なら、上記の恐ろしいシミュレーション結果がそのまま現在の新型肺炎の感染拡大にも当てはまる可能性が高い事になる。「これは現実だよ」と警告している訳だ、実に恐ろしい話だが。

 「1人の感染者が6分間ラッシュ時の電車に乗ると約30人に感染、以後はネズミ算式に感染拡大し、一週間後には約12万人に感染」

 これが感染研が示したショッキングな内容だが、それを想定した対策が必要な訳だ。だが、タダでさえ愚鈍で売国の日本人の政府の中でも特に無能無策な安倍ボウヤ政権では、恐らく何もできないだろう。
 日本の首都圏は少なく見積もっても人口3500万人の世界最大の巨大都市圏で、それを支えるのは世界最高の高能率な鉄道網だ。が、そんな巨大人口を支えるには平常時でも能力不足なのに、この非常時には単なる弱点だ、極めて危険な。それでも安倍政権は何もできないだろう。日本人には無理なのだ。鉄道網もガマンも世界最高だが、政治の能力は世界最低だから。

 これは極めて鋭い神の罰だ。「天罰は人間の愚かさや醜さを鋭く突く」「人災を導き出す天災こそ、最も恐ろしい天罰」とか、ずっと前の中国の四川大震災の時から書いてきた。あくまで中国新型肺炎は最初は中国への天罰だったはずだ、ハリボテ繁栄のウソとゴマカシと腐敗だらけの超不潔文化の中国の弱点を鋭く突く。それに最悪の韓国の弱点も突いて亡ぼす。だが、日本の弱点や罪を鋭く突いたのも、言うまでも無い。私がやられていることが日本社会全体に突きつけられる結果となっている。横浜の隔離クルーズ船の問題でも、この首都圏通勤鉄道のラッシュ時の新型肺炎の爆的な感染の恐れの話も。極めて危険な結核感染者を家の中に放置され続けている私の恐怖や不安と同様のものを日本人全体が突きつけられたのだから。

 日本人は徹底的に怖れて後悔しろ、自分の大罪を。それを運用するためには、安倍の無能無力はチョウド良かった訳か。いや、安倍政権だからこそ、天罰が下ったのか、民主党政権でも最低の管の政権を東日本大震災が突いたように。正に「天罰テキメン」なのだ! 有り難く神の裁きを受け入れてオビえ苦しめ、日本人。私がやられているように! 
天災の中国新型肺炎を人災にした日本政府 ーWHOも日本政府も中国の犬ー[2020年02月15日(Sat)]
「東日本大震災という大天災を大人災にしてしまった無能無策の民主党政権」とか9年前に散々書いたが、今回も「中国新型肺炎という大天災を大人災にしてしまった無能無策の安倍政権」だな。安倍政権は民主党政権を悪夢と呼んだが自分もその通りになっているのだ。
 日本人は一万年来の世界最古で世界最高のムラ社会秩序を持つが、予期しない非常事態には弱い、武士階級亡き後は草取り百姓だけだし。極度の言論無能を基礎とする政治愚鈍だ。安倍政権の無能ぶりは日本人の政治愚鈍から来ている根本的なもの。独断専行とか評判の悪い小沢一郎でもない限り誰がやって似たものだろうが、そんな無能な日本政府でも特に安倍政権はダメだ、悪夢の管の民主党政権と並んで。
 安倍は愛国タカ派を気取りながら保身(政権延命)のために最低の売国ハト派となり、「指導力の発揮を」とかの口実で保身(政権延命)のために官邸に権限を集中したのに、無能だからその権限は使いこなせない訳だ。周囲は最弱と言われた文教族議員ばかりだし、やったのは主に「モリカケ学園」だけだ。
 安倍政権の初期に書いたろう? 「幼稚園や保育園で、とても一人では遊びきれない多くのオモチャを独り占めにしてムダにして周囲の子供に白い目で見られるワガママなボウヤ」とか。全くその通りだったが、特に中国新型のような非常時に良く出るのだ。
 
 確かに、この非常時に「桜を見る会」にこだわる野党も非常識だ。が、首相は陣頭指揮を執って横浜の隔離クルーズ船に通ったり、鉄道通勤ラッシュ感染対策などを強権的に指導すべきなのに、全く成果も見えないし、やっていないのだ、形ばかりの会議だけで。無能だから。無力だから。

 安倍は中国新型肺炎対策の不備の責任を取って辞めろ、直ちに。しかし、タダ辞めるのはもったいないから、「中国人入国停止」や「韓国人ビザなし入国停止」などと引き換えに辞めろ。それがWHOと同様に中国の属国と化した日本の首相のできることだろうよ!
時差通勤や在宅勤務の徹底推進を ー新型肺炎感染対策で東京の通勤ラッシュの危険の緩和をー[2020年02月15日(Sat)]
千葉の中国新型肺炎感染者は症状が出た後も病気の正体が分らず2日も鉄道で東京に通勤したそうだ、満員の車輌で。首都圏の鉄道の通勤ラッシュでは大規模な感染の危険がある。中国新型肺炎感染対策で「時差通勤や在宅勤務の推進で危険な鉄道のラッシュ時を避けろ」「五輪混雑対策の準備も兼ねて」とかの意見が出ている。この際にやってしまえ。狭い車内に数百人が詰め込まれる鉄道の朝のラッシュ時は「屋形船の宴会」より危険かも知れない、たとえマスクを付けたおとなしい日本人でも。

 この際に政府は「時差通勤(オフピーク)定期」の本格採用等を実施すべく鉄道会社に強く促せ。愚鈍で売国の日本人にぴったりの政府の中でも特に実務力の低い安倍政権では無理だろうから、主権者である国民が尻を叩くべきだ。輪を掛けて政治愚鈍で無責任な主権者の国民だから期待はできないけど・・・。

 「感染者一人が6分間、混雑した電車に乗ると約30人に感染。以後はネズミ算式に感染者が増え、7日後には約12万人以上に感染」 そんな衝撃的なデータがTVで報じられた。国立感染症研究所が示したデータだから興味本位の週刊誌的な誇張ではないと思う。今回の中国新型肺炎ではなく、かつての新型インフルエンザに関する首都圏の鉄道での感染拡大シミュレーションだが、参考にはなろうよ。
 これは別の感染症の最悪の設定としても、毎日毎日、混雑するラッシュ時に鉄道通勤・通学する極めて多数の首都圏人には深刻な不安要因だ。タクシー利用は避けられても、鉄道通勤は避けられない者が多いから。

 日本の首都圏、狭い意味での自治体の東京都とは違う、東京と実質一体化したいわゆる大東京圏は、「人口3500万人」と言われる世界最大の巨大都市圏だ。中国の大都市よりズッと大きい点は私も意外だった。ニセサツと貧しい人間の数だけは世界一と思っていたから、中国は。更に新幹線通勤のような長距離列車による長距離通勤もあるので、JR東日本は「東京の通勤可能人口は5000万人」と言っているのだ。3500万人でも不足なのかね。
 その人口3500万人の都市化地域から東京に向かって安定的に通勤し続けるには鉄道のような高能率なものしか頼れないので、日本の鉄道でも特に東京の鉄道網は世界最高だ。が、巨大な人口に比べれば全く十分でないから、毎朝毎朝、通勤地獄に悩まされる。そんな惨状に何とかガマンしているのに、愚鈍な政治は抜本策は何もしないし、愚鈍な日本国民は「日本は成熟した先進国だから投資は要らない」とかいうタワゴトにだまされたふり。バカだね、本当に、日本人は。
 しかし、実際に鉄道車内での大規模集団感染の危険もある今回くらい,まともなことをやったら? 最悪のケースだと、感染者一人の電車通勤一回だけで数万人の感染者を産み出すぞ。その危険を少しでも緩和しろ、死にたくなければ。いや、日本の政治屋は反日国のワイロで動く売国奴ぞろいだから喜ぶか。日本人も愚鈍だから、死んでも何も感じないカネ・・・。

 通勤ラッシュのピーク時間帯は利用不可だが割引率の高い「時差通勤定期・オフピーク定期」の導入は昔から唱えてきた、鉄道は関係深い領域でもあり。これらと合わせて鉄道運賃の弾力的値上げを許して鉄道事業者が更に投資しやすくするのと並行すれば更に効果があるのだ。だが、実際にはオフピーク回数券とかしか聞かない。通勤定期に本格採用しないと意味が薄いのに。しかも五輪混雑対策が求められ、更に感染症対策が必要な今だ。大半の改札が電子化された現在なら利用可能時間枠内の定期券運用などが昔に比べて楽なはず。もちろん、「あの主要駅の改札を何時までに出る」「何時までは出られない」といった設定を全体で大規模にやる訳だからは最初は面倒だが、一度走り出せば修正や改良と言った管理が完璧な日本人なら可能なはずだ。日本人は世界一の政治愚鈍だが世界一のマジメで優秀な草取り百姓だからな。

 今回は臨時の非常措置でゴク簡単なものから始める言い訳にもなる。是非やるべきだ。無能売国政権では無理だろうけど、やらないなら選挙でいじめる口実にでもしてやれ。私は通勤地獄の感染恐怖地獄も日本人への当然の神の警告だと思うから、苦しむもは当然だと思うし、私は大して困らない。何せ、私は鉄道通勤は、もうしていないからな!
 私がヤレと言うこと、予想したことが皆、現実になるのが今回の中国新型肺炎騒動であり、正に天罰の天罰たる証拠でもあろうよ。神と一体化した存在の言の通りになるのだ、いずれは、全てが・・・。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml