CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月 »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
粗末な急造病院より空きマンションの接収を ー異様な武漢の新型肺炎病院建設ー[2020年02月04日(Tue)]
感染者数急増の中国新型肺炎の対策で、武漢に中国共産党独裁政府のアリバイ造り?のベッド数千の病院ができたが、10日で建てた粗末な急造の病院より、その病院の背後にそびえる御立派なマンション群にも見える高層建築物の借り上げ(接収)の方が即効性があり効果的だろうに。もちろん、両方あれば良いのだが、見た目が立派なバブル投資用不動産物件は共産党幹部一族のゼニ転がし用だったりするから簡単に手がつけられないのか。
 いずれにせよ、相当前に「ベッドが(急造病院二つで)2千増えてもドウしようもない」とか武漢の医者がワメク状況だから、既存の建物の積極活用、徹底した借り上げ等は必須だろうに、中国の超腐敗社会では無理なのだ、たとえ空室ばかりの空きマンションでも。不潔なのは衛生面でも社会面でも政治面でも共通なのだ、中国社会では。

 これぞ正に中国への天罰だな。「天罰は人の醜さ愚かさを鋭く付く」「人災を導き出す天災こそ最も恐ろしい天災」とか中国の四川大震災の折から書いてきたが、今回も正にその通りだった。日本の政治愚鈍への天罰、日本の売国観光政策への天罰、我が家の保菌者の隔離問題をおろそかにする日本への天罰、そして同時に中国の超腐敗社会への天罰、中国の超不潔文化への天罰と・・・。


 中国では悪質なバブル投資用の空室マンションばかり目立ってゴーストタウンと化し、「鬼城」と呼ばれる事には触れてきた。人が居らず鬼しか居ない街とかの意味だ。新設の仮設病院の背後には高層ビルが並び、恐らくは投資用物件のマンション群か何かかと思われる。開いているなら、それを使えば隔離用には良いだろうに。しかも部屋数が稼げる、直ぐに。
 これらの接収は「武漢の封鎖」という超強権手法より大変なわけだ。それをヤルなら習近平の強権しかないが、危険も大きい。既得権益層の共産党幹部一族などの赤い貴族層の猛反発を食らうから。人民の命より自分らの投資資産の保全が大切だから。習近平は春に国賓で日本に来るヒマなど無い。自分から止めればメンツにも響かない。この際だから延期してはどうか。私の誕生日付近に国賓でなくチョとだけ来るなら良いが、4月〜5月中旬が肺炎のピークとの説もある。とにかく今回は延期して指揮を執れ。
米豪に習い日本も中国人入国停止を ー中国新型肺炎の急拡大ー[2020年02月04日(Tue)]
中国新型肺炎の感染者は20万に達した可能性がある、実数は中国発表の十数倍という香港大の推計からすると。これは英国大の推計「2月4日(今日)時点で武漢だけで感染者25万人」に近いから、大げさではあるまい。感染者は数ヶ月後のピークに向けて更に急拡大、感染中国人は百万人か。しかも武漢のある河北省の隣の湖南省では鳥インフルが発生した。その上に中国人の日本でのマスクの買い占め等の付帯する社会問題も多い。中国人の入国の停止は必要最低限の措置と思う。すでに米国や豪州やシンガポールは実施、フィリピンやニュージーランドもそれに準ずる措置を執った。日本の売国政治屋に任せていては無理だろうから、主権者の日本人が強く促すしかないが、こいつが政治屋よりも更にタチが悪くてな・・・。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml