CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月 »
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
日本人救出許可の代わりに防護服二万着よこせ! ー中国武漢邦人救出チャーター機許可の見返りに大量の支援物資?ー[2020年01月28日(Tue)]
中国は本当に汚い貧しい悪魔のドロボウ国だ。新型肺炎さえワイロの口実とは。閉鎖された武漢から日本人を救出するチャーター機の乗り入れを許可する代わりに防護服二万着等のワイロ・見返りを日本政府に要求したと思われる。売国最優先の外務省等の日本政府だから簡単に中国の不当要求に乗りソンタクして防護服二万着(?!)はじめ各種支援衛生用品をチャーター機に満載して届けるそうだ。不当要求対応ワイロ運搬チャーター機とは。これも全て日本人の税金、私も払った税金だ。神のカネを横領させるのか、反神の赤い悪魔に。これも全てスパイ政府を選び支えるクソ主権者の日本人自身の責任だ。売国を正義とする悪魔の手先が、多くの一般の日本人の正体だ。

 第一、本当に支援物資が新型肺炎対策に有効に使われるかさえ不明だ、あの中国では。「中国の公共事業予算はワイロ8割、工費2割」とは四川大震災直後に中国人自身によって語られた有名な話。「役人軍人に支援物資を渡すな!」とは被災地の物資配布場で中国人自身がわめいた話だ。つい最近も難病の貧しい中国人学生のためにネットで千万円以上の寄付が集まったのに本人に渡されたのは30万円だけで、後は全て中国政府管理下の寄付集め慈善団体で横領され、本人は貧困の中で病死した話が世界に広まった。
 中国は全てがそうだ。それを知っていて支援物資を満載して中国に向かうだと? そんなヒドイ話が報じられた途端にTVでコメンテーターとかいうバカ女が「スバラシイ」とかわめいたのは日本人のレベルの低さを示す。自分も納税者であり、脅迫で金を取られる被害者なのに。日本はスパイだらけ、政界もテレビも、日本人の愚鈍と無責任のために。いや、一般人にも属国民根性やスパイ根性が染みついているからスパイを配置する必要すら薄いか。一般人がスパイ発言をして「私は善良で見識がある」と大いばりだから。

 @まず、チャーター機で運ぶ支援物資の大半は中国腐敗役人や腐敗軍人や手先に横領され、転売で数10倍以上の値段で売られるだろう。日本製の高級品となれば極めて高価で売れるだろうよ。結局は必要とする多くの(インフレで苦しむ貧しい)一般人には手が届かないか、極めて少数しか買えないかだろう。しかも実際に渡されるのは「日本製」のラベルのニセモノだったりして。
 Aそれでも感染の危険が極めて高い武漢周辺などで使われるならまだしも、日本から直接来た純正の高級物資と言うことで武漢から離れた各省(日本で言う自治体)の首都や北京などの安全な地域にいる共産党幹部一族へのワイロとなろう。
 Bそれ以前に、中国人は衛生用品の使用法すら分からない場合が多い。日本にいて幾らか知識があるはずの中国人観光関係者のバカ女が、鼻を出したままマスクをつけて日本のTVインタビューに答えていたのには呆れた。こんな奴らがマスクを争って買っても、コンナ奴らに衛生用品を渡しても、ムダ。ずさんで無知で遅れているだけではない。一万年来の超不潔文化なのだ、骨の髄まで、遺伝子にまで染み込んだ。衛生用具の使い方以前の問題だ。

 さて、そんな奴らにワイロの衛生用品を渡すのか、日本人は。ここまで落ちたのだ。政治愚鈍で政治面では極めて無責任で卑怯だから、政治もTVも全てスパイに占領させて平気な顔。草取り百姓では当然だな、「政治なんぞオサムライ様のやること。わしらマジメな百姓には関係ない」だから。そうやって神を朝鮮人という悪魔への生け贄にしたのだ。朝鮮人の吉田に乗せられて神を集団で「ウジタロウ!」とウジ虫呼ばわりしてノイローゼにして人生を破壊したのだ。それを書いた途端に関係する地に巨大な災害が襲ったのだ、東日本大震災という。世界的に有名となったタロウ地区、吉田所長の原発の事故、仙石線沿線の壊滅・・・。それでも神に償わず、しかも、のうのうと、その被害者の神に為替問題で千兆円の利益まで与えられながら、知らんぷりで、上記の難病中国人学生の話のように大半のカネを横領した、数十万分の一でも神への償いに使えば十分だったのに。そして、いまだに私を殺そうとし続ける悪魔女を直近に同居させ続けて神をイケニエにし続けているとは・・・。
 もう、日本人に国としての「更生(反省と立ち直り)」は期待できない。極悪非道の世界人類史的な大犯罪者が更生を期待できない以上、死刑しかない。だからキサマラには死刑しかないのだ、求刑は。しかもそれが裁判官と一体化した存在による求刑だから、絶体だ。死ね、神の敵の自称神国の日本。これが「反反日」の闘志の行き着いた結論だ。変更はない。
新型肺炎感染者推計25万人!? ー中国発表の数十倍 英国大等の推計ー[2020年01月28日(Tue)]
「新型肺炎感染者数が2月4日時点で武漢市だけで25万人以上」との推計値が出た。続く詳報を待つが、英国大学等の研究チームによるとの報道。「1人の感染者から平均3.8人に感染の可能性」とも指摘。これはWHOの公表値1.4〜2.5人を大きく上まわり、今回の感染者予測推計値も感染力が大きい仮定に基づくと思われる。これが正しいとすれば従来の自称・専門家の予想はあまりにも過小と言えよう、私の危惧の通り。「人・人感染の明確な証拠はない」と抜かしていた奴らだから。WHO・世界保健機構は本当に腐敗している、中韓マネーで。
 この感染力には議論の余地はあろうし、とにかく25万人とは驚くべき数に見える。だが、今になってみると先日の英国大学チームの「感染者推計1700人」との推計がほぼ妥当だった事を考えれば、今回もか、とも思う。上述(前回)の推計値公表時点では中国発表では感染者は40人台、感染者数百人とか推測していた私も「1700人とは発表の40倍」と驚いたが、全く大げさではなかったのだから。
 第一に、ネットで見る武漢の病院の惨状から、感染者や感染の疑いの者の数は半端でないと考えるべきだ。「病院の廊下に放置死体が何体も」「ベッド2000床追加でも全く間に合わない」とかの声と映像の話だ。感染者2700人超の発表より25万人の推計の方が余ほど説得力があると感じる。
 
 つい先ほど、「暖かく不潔な中国南部の長江流域の武漢では感染症も広がりやすい。中国文化は寒く乾燥して疫病対策などほぼ不要な華北で生まれた一万年来の超不潔文化」とか書いたばかり。その前にも「中国は衛生面でも倫理面でもダメ、行政も腐敗」とか書いてきた。それらを見ていれば、今回の驚くべき英国発の推計値でも、背景程度は直ぐ分かるはずだ。

 たとえ今回の感染者25万人との推計が話半分としても春節休暇明けには感染者10万人以上と言う事。日本のTVで盛んに「新型肺炎を過度に心配するな」「感染力は低い、致死率は低いから」とか抜かしていた奴らを事ごとにリストアップしろ。そんな奴らは二度と公の場に出させず、次は正しい発言をする自称・専門家が多くなることを願って。完全に手遅れだが。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml