CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月 »
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
桃田が交通事故 負傷で大会辞退 ー金メダル候補へのテロなら国交断絶モノー[2020年01月13日(Mon)]
バトミントン世界ランキング一位の桃田が中国の進出著しいマレーシアの大会で優勝後、同国での不審な交通事故で負傷、次の大会を辞退した。鼻の骨折と下肢のハレと報じられる(続報では骨折はナシ)。
 東京五輪金メダル最有力候補者が反日勢力の進出著しいマレーシアで交通事故、しかも日本で続発する朝鮮系道路交通テロ「アオリ運転」の新形態らしき低速走行妨害「逆アオリ運転」と似た状況のノロノロ運転の大型トラックに追突したそうだから、ますます怪しい。親日派のマレーシア首相マハティールの女房が直ぐ病院の桃田を見舞ったが、マレーシアとの「国交断絶」を提起すべき重大事案だ。日本人は人間として最も大切な主権者としての部分で世界最低だが、こんな時くらいデモでもやってから地獄に落ちれば?

 これは私が朝鮮系スパイ夫婦や追随者どもに散々やられた事と内容や雰囲気が良く似ているから、反日国系スパイ破壊活動の疑いを強く感じた。ということは、日本の売国TVや売国政治屋は完全にイケニエにしてテロの疑いをゴマカスだろうし、既にそうしている。ゴゴのフジテレビの情報番組では例のタカハシが盛んにテロを否定するような話をしていたが、眉韓のフジTV、眉韓の芸能界の人間では当然か。

 マレーシアは元から中国系移民・華僑等の中国人の経済支配が問題視され、マレー系住民への教育の集中(優遇)で中国系の比重を落とそうとしてきた。イスラム教の国なのでブタ食いの中国人への反発も極めて強く、公営のブタ処理施設(トサツ場)の閉鎖も続けてきた。が、そんな反中の状況も中国に逆手に取られたようだ、「良くもやったな」式か。しかも中国人中心の街であるために嫌われて旧マレー連邦から追放された元・首都の小さな都市国家シンガポールとの関係も強まり、政財界の中国汚染が急速に進んだ。それへの反発で現在のマハティール首相が復活し中国とのインフラ整備協定等を見直しているが、その前の政権は中国の悪しき影響がヒドかった訳だ。とにかく中国汚染がそこいら中にはびこっているのが最近のマレーシアだ。そのマレーシアが「日本人移住先人気NO1」とか反日の日本のテレビで報じられるのは極めて気持ちが悪かった。親日派だけではないのだから。こんな報道は反日勢力だから当然とは言え、注意が必要だ。隣国とは言えタイとマレーシアは違うのだ。
 そんなマレーシアだから、今回のような事故は当然と感じる。現在のマレーシア政府は親日嫌中の首相の政権ではあり、首相夫人が早速に桃田を見舞ったのは正に首相の代理なのだろう、私も何度かアスリートへの慰問として代理を呼びかけたがな(続報ではイスラム教徒の女性副首相も桃田を見舞い)。だが、マレーシアにはびこる反日親中派やスパイどもは喜び勇んでいるだろうよ、背後の中韓と共に。

 ところで、IR汚職でも分かるように、日本の政治屋どもは中国や韓国のワイロで生活しているし、自称スポーツ担当の文教族議員は売国の安倍に最も近いから、このような超有力アスリートへの反日テロへの対策に手を抜き妨害するのが使命。当然、東京五輪で続発が予想される反日国や米国等による審判買収による不正判定等への対策などしない、させないのが大切。それが最大のモウケどころだからだ。しかし、そんな腐った政治屋のペテン師を選んだのは、どこのどいつだ? 貴様らクソ日本人だろう! 桃田をツブしたのは貴様らクソ日本人自身なのだ。
 これは神を悪魔の朝鮮人へのイケニエにして保身した事実を見た私には良く分かる。神が神への大罪を目撃してしまったのだから、絶対に言い逃れできない。しかも償いもせずにゴマカシ続けるだけでなく、その被害者の神に数年で千兆円儲けさせてもらいながら更にゴマカスだけでなく更に悪事を重ねる世界人類史上最悪のクズだ。だから、桃田や浅田をイケニエにして保身することくらい朝飯前なのだ。
 滅びろ、クソ日本人。地獄に落ちろ、神の敵。きさまらはモウおしまいだ。おしまいにしてやる。ノウノウ・のこのこと神の前に出てくるな。目障りだ。世界人類社会から出て行け。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml