CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 韓国モノ番組偏重問題 | Main | 世界ネット革命 »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
タイを徹底支援せよ   -タイ洪水は第二の大震災- [2011年11月08日(Tue)]
タイの大洪水は第二の東日本大震災だ。いや、産業に与える影響はそれを超えるかもしれない。日本人はこれを良く理解して必死にタイを支援せよ。タイは日本企業の一大生産拠点であり、タイの大洪水被害は日本の産業の被害でもある。敵国のスパイはこの機に自己に有利に日本企業を操ろうと、またぞろ情報戦を仕掛けてきている。このままではいけない。日本は自分自身の為にタイを支援せよ。極めて重要な「親日・反共」の王国を守るという政治的な話だけではない。日本の経済活動の根幹に関わる重大問題だ、政治と経済は表裏一体とはいえ。これは第二の東日本大震災だ。日本は全力を挙げてタイの復旧を助けろ。TPPに参加している場合か?
 
 既述のように、例えば、タイが洪水被災日系企業に奨学金的な特別優遇融資を行う場合、(カネ余りの)日本の金融機関が金を出し、タイ側が利子補給や保証をつける、などといった方策は、関係者ならすぐに検討していよう。被災中小企業等への支援は一刻を争う。タイ政府が長期の巨大災害で手が足りないのなら、日本の政府や国際金融機関等の関係者が肩代わりせよ。日本自身の問題なのだぞ。
 日本が手をこまねいていれば、日本の産業が衰退し、喜ぶのは敵国の中国・韓国だけだ。日本政府関係者は、そこをよく理解せよ。それができないシロウト民主党政権というなら、すぐに消えてくれ。ジャマなだけだ。有害なだけだ。

 工業団地の防水工事のみならず、主要な大河川であるチャオプラヤー川流域の治水工事への支援などは、日本が特に得意とする所のはず。
 日本は洪水大国。当然、治水大国でもある。明治維新の後、新政府がまず力を入れたのが、氾濫を繰り返し多くの人命や財産を押し流す平野部の大河川の治水工事だった。平野が多いタイと違って日本の河川は勾配が急。洪水は急に襲ってきていきなり多くのものを押し流すタイプだから、損害も大きい。その為、戦前の日本では、「土木(治水)と警察(治安)は国家統治の二本柱」といわれ、その両方を管轄した内務省が最大最強の官庁だった。今と比べると道路の自動車交通が無いに等しかった時代、公共土木行政とはすなわち河川・治水行政、要するに洪水対策だったのだ。
 それをタイでもやってやれ。私とも極めて縁が深い領域だ。手抜きはすぐばれる。許さないぞ。
タイ日本系企業引留策 − タイ大洪水に関して −[2011年11月06日(Sun)]
タイの大洪水の経済的被害は史上最悪。主要河川であるチャオプラヤー川流域沿川に南北にヅラリと並ぶ大規模工業団地は軒並み水没。日本の企業の工場が多いのに。私は「タイの独立を守る経済国防のためには、捨て身で日本企業を誘致しろ」と書いてきたが、このまま手をこまねいていると、誘致どころか逃げ出される。

 「在タイ日系企業の拠点移動」
 私の滞在中も、日系企業関係者の日本人から、「被災したタイの人々には悪いが、日本は大震災でも損害を受けており、生産の世界的分散の検討は止むを得ない」といった発言が出ていた。が、政府の被災外資企業支援策等は遅れ気味らしい。ただでさえタイの政権は交代したばかり。議席の上で与党の政権基盤はしっかりしていても、新米のインラック首相では荷が重いという以前に、極めて長期にわたる巨大災害だ。災害対策本部さえ洪水に追われて移転する有様。とても他には手が回らない。被災企業側にとっては一刻を争うのだが・・・。
 
 「日本企業引き留めの徹底優遇策を」
 ・緊急被災日系企業救済特別優遇融資
 税制優遇まで含めた一般的な優遇策ならばいくらでもあろうし、基本的な策は詳しい人に聞いてくれ。しかし、今回はとても普通の優遇策では足りない。引き止めどころか誘致を加速すべき時なのに。
 被災企業、特に資本力のない中小企業等への緊急支援融資。単に低利だけではなく、「無利子、無担保、長期返済、長期据え置き、政府保証、条件付き一部返済免除」等を全て組み合わせた「奨学金」的な緊急の破格の「超優遇救済融資」等の検討が必要だ。そのままタイから逃げ出さずに長く操業してくれた場合には、返済の一部を猶予するくらいの。タイの金融機関だけでなく、日本の国際金融機関等に融資をさせ、タイ側が保障や利子補給をしてもよいのでは。
 このような優遇融資は、新規誘致策としても有効だろう。洪水のマイナスイメージを克服し、逆にそれをよいPRとしてしまわねばならないのだ。それには相当に徹底した(破格の)優遇策の集中が必要だ。
 ・工業団地防水工事
 浸水した工場の敷地の周囲にも新たな防水壁(ミニ堤防)を政府や自治体が建設し、工業団地全体の防水壁も徹底強化。今後入居の空き地や新設工業団地には、更に1メートル以上の盛り土を義務付ける。これは、河川の堤防強化などとはまた別に、洪水が落ち着いたら緊急に行う必要があろう。
 ・大規模治水工事
 当然ながら、チャオプラヤー川等の大河川の治水工事も必要だ。堤防の強化は言うに及ばず、川幅の拡幅、河川の直線化、浚渫(底をさらう)等もだ。
 河川の底をさらうと、下流部では海からの逆流がひどくなる。日本でなら河口堰(かこうぜき)で、海水を防ぎ水田を守る。が、海から川をさかのぼる船の多いタイではどうなのか。専門的な設計や計算は河川土木技師でない私にはできないが。
 これら大規模工事は、治水の安全性の向上に必要だ。長期を要する大工事だが、次の「50年に一度」の大洪水に間に合わせるよう、計画を示して入居者を安心させる必要があろう。

 「日本式鉄道整備を」
 高速鉄道でもバンコク都市鉄道でも日本式を採用して日本の中古車両を導入してコストダウンを図る。これは大水害後の巨大な投資資金のねん出のためにもなる。同時に世界最高の安全性を誇る日本式鉄道システムを導入し、タイ人鉄道員を徹底して訓練し、安全性を確保する。この安全性の問題は、絶対に譲れぬ最重要点だ。中国式高速鉄道やフランス式都市鉄道はやめ。これ自身による日本企業の誘致と、日本重視の姿勢を同時に示せるものとなる。

 「引き留めだけでなく新たな誘致を」
 それらで、まずタイの日本企業の安全性を確保するとともに、日本への気持ちの深さを示せ。日経のような奴らがウソをついて情報を捻じ曲げ、中国宣伝するのに負けない為にも。そして、徹底した優遇は、今後の誘致の呼び水にもなる。上記の融資等が上手くゆくなら、新規や追加の誘致の際にも適用すべきだ。子供にタブレット端末をタダで配るといった新政権のバラマキ策より、緊急・重要な課題だ。
 
 「非常時だからできる積極策」
 東日本大震災の折にも強調したが、タイの歴史始まって以来と言われる大変な時だからこそ、普段は認められない破格の優遇策が許される。非常時だからこそ、平時には無理な策をとらねばならないし、とれるのだ、大手を振って。「災い転じて福となす」。逆境を逆手に取るのだ。やらねばいずれタイは中国の植民地。王室を守れないぞ。
 「タイは大洪水で極端に腰が低くなっている。今なら超お買い得」「普段の数分の一の手持ち資金でタイへ移転できるらしい」「工場用地がたくさん空いているらしい」「親日で日系企業がたくさん進出していて安心なタイが超買手市場だと」「中国がどうしようもなくて見切りをつけたいので渡りに船」「中国で外国企業の下請けにされるよりタイで再起を」
 このような流れに持ってゆかねばならないし、今ならできる。元のアイデアは私らが出してやるから、後はタイ人よ、お前達が自身でやれ、タイの経済国防の為に。インラック政権がやらないなら、クーデター後の政権にやらせるまでだ。

 「次元を超える日本対策(優遇)策を」
 しかし、そんな超優遇融資等とて、一般的な優遇・支援策の延長に過ぎない。鉄道網の整備を日本式にするのはかなり大きな政策転換で、関連日系企業誘致策でもあるが、今までにも何度も述べてきた話だ。
 他にも、もっと強烈な優遇策もある。韓国との絶縁だ。最近、電気製品や電話機などでタイに侵入してきた韓国企業は、醜い情報宣伝戦略で日本の足を引っ張っている。タイ経済は日本企業で成り立つのに、無知な若い世代、特に核家族化で年寄りから情報やシツケを受けられない世代等では、韓国汚染が相当に進んでいる。そんなタイのテレビの状況等を私が見て、騒ぎになった訳だが・・・。
 韓国は日本の敵。日本企業でもつタイにとっても韓国は敵のはず。タイが韓国の国策宣伝活動を締め付ければ、それが結果的に大きな日本優遇、日系企業誘致にもつながる。スパイ防止法がしっかりしているタイでなら、韓国の(外国政府の為の)情報宣伝活動はスパイ活動の一種として取り締まれるはず。それをしっかりしてもらおう。
 それがインラック政権にできないなら、クーデタ後の政権が放送行政等を立て直すしかあるまいが。
売国経済紙のタイ報道  − タイ大洪水に際して −[2011年11月06日(Sun)]
タイの大洪水を現地で体験してきた者として本格的に述べる前に、日付変わって昨日の日経新聞のおかしな記事を紹介する。日本の敵である中国の経済戦略に沿い、日本から資本や技術やノウハウといった貴重な国民の財産を奪い取る手先になる「中国モチアゲ記事」ばかり書いてきた「日本経済新聞」。「売国経済新聞」と呼ぶべき存在だ。散々日本の財産を中国に奪わせた後になって、最近ようやく中国の経済危機を取り上げ、投資の危険性に触れるようになった。ひどいものだ、日本の在来マスコミは。
 ここに来てようやく雑誌の韓国モチアゲ記事が減ったようだが、テレビや新聞等の日本の在来マスコミの多くは中国や朝鮮の手先。ネットという武器がなければ、日本の世間はずっと中・朝にダマされ続けただろう。だが、表面的には変わっても、内実は今も変わらないようだ。この日経の記事を見れば分かる。

 
 「日経記事の内容」
 問題の記事は、日本経済新聞2011年11月5日朝刊19面ニュースクールの「タイ、なぜ日本企業多いの?」。
 ・洪水被害の強調
 洪水被害が出てから、やっとデカデカとタイを取り上げること自体、まずおかしい。ずっと前からタイは海外での日本企業の極めて重要な一大拠点だった、単に東南アジア内だけにとどまらず。中国が世界金融恐慌による不景気をごまかすため異常なインフレ政策をとる前の時代、日本からの直接投資額もタイは中国より上だったそうだ。その価値があるのだ。それを普段はほとんど無視して中国モチアゲ記事ばかり書いたようだ、日経は。中国投資に向けて読者を洗脳する為に。
 それで、洪水になってその被害を強調するようにタイを大きく取り上げるとは。これも当然、意図的に中国・韓国の間接宣伝効果を狙ったものと思われる。
 ・日本企業のタイでの功績のインペイ 
 タイを評価する記述もあるが、中途半端で最重要点は書かかない。「アジアのデトロイト」と見出しをつけ、これを唱えた2001年就任の「中国系」のタクシン元首相の話を書き、「タイに日本やアメリカの自動車会社を呼び込んだのよ」としている(気持ち悪い書き方だ)。
 が、反日ナチの米国が仕組んで日本のバカ政権が受け入れた異常な円高によるタイへの日本企業の進出(円高避難)は、ずっと前からの話。以前から、大企業から中小企業まで、あらゆる分野の日本企業が進出し、観光の比率も高い農業国・後進国だったタイの経済を発展・一変させた。奇跡と言われたタイの経済成長は、日本が造ったものだ。
 だから、多くのタイ人が日本を尊敬し感謝している。大変な親日国になったのだ、タイは。中国人や韓国人には不快な事実だ。私が行った途端にタイで「韓国モノCMが次々に消えた」のには、そんな背景もあろう。
 アジア・デトロイト構想の話ばかりでは、その事実が伝わらない。日本企業の車やオートバイばかりで、タイでは米国企業の存在感など薄いのに。意図的に日本企業のタイでの重さを薄めて伝えたいようだ。
 ・親日国タイの記述の欠如 
 この記事の決定的な問題点は、「タイが大変な親日国」という事実に一言も触れない事。一般的なお付き合いや震災支援・経済危機支援には触れてはいる。日本の皇室とタイ王室の縁も書いてはいる。しかし、ただ一言、「親日国」の文字がないのだ。
 「アジアは全て日本の侵略戦争の被害者。全アジア人民は反日的でなければならない」。このような中国や韓国の反日宣伝戦略に基づく異常な「反日記事」だ、表面は親日記事でも。特にタイの事実を知る者にとっては。
 ・結局は中国宣伝記事
 それが特に出るのが、タイの特集記事の中に(なぜか)急に出てくる中国に関する記述だ。「早くから欧米や日本のメーカーが進出した中国は人口が13億だから、現地で造ったものがその国でたくさん売れることも魅力よね」だと。ナゼ唐突に。気持ち悪い! 上記のように、早くから日本企業が進出したのはタイ。そのタイの特集記事なのに、日本人の投資に良い話は全て中国の話にスリかわっている。あきれる「すり替え・ウソ」。狂信的な国策反日教育(愛国教育)が徹底し、反日名目のユスリタカリが後を絶たず、日本人が常に生命・財産の危険にさらされ、腐敗が激しく役人や警察にワイロばかり要求され、虎の子の技術は盗まれ放題、怠慢な現地労働者に日本人と同じ給料を出せと脅される。地方住民や少数民族の多くは奴隷のように貧しくいつ革命を起こすか分からぬ13億人。それが「魅力的(な市場」)だと。スパイの大ウソだ。
 ・タイの経済の重要性の隠ぺい
 「1億人のタイ人は4〜5億人の中国人に相当する」。大げさではない。商売的には正にそうだ。タイは親日的で乗用車の日本車シェアは95%か。中国なら多大な犠牲を払っても30%。日本へのブランドロイアリティー(忠誠心)?が高い。親日的だから、日本人は中国と違い差別されず、優遇・尊敬される。中国では日常茶飯事の「反日名目のユスリタカリ」など許さぬ雰囲気。警察幹部が反日暴力団の元締めといった事もなかろう、中華街でもない限り。タイでの商売は中国での商売に比べ日本人には「何倍もオイシイ」。「中国の商売はイタイ」。
 中国の人口など意味が薄い。貧者が極めて多い後進国・中国に比べ、タイは全体が豊かな中進国。中国に比べ一見小さく見えても、タイには民主革命で確実に独立する大きな少数民族自治区などない。やがて首都バンコクは東京より大きくなり、国の人口も1億を超え、先進国入りする。中国は反日国で後は縮むだけ。バブル崩壊と民主革命による赤色帝国解体も迫る。
 ・タイの熱狂的親日現象の隠ぺい  − 問題がボロボロ − 
 記事の内実に気づくと、問題点が次々浮かび上がる。例えば、東日本大震災直後のタイ王室の支援だが、国王の義捐金には触れても、王室がすぐ寒い東北に「毛布」を大量に届けた点には触れない。私は「タイから日本に義捐金を送っても物価の差でアリガタ味が減る。寒い東北に毛布の現物供与は正解」とブログですぐ評価したが。
 バンコクの貧困層地域でも義捐金が驚くように集まった事実にも触れない。彼らには1000バーツ(最高額紙幣)は日本の10000円にも相当する大金だが、単純に為替レートで計算すれば2500円。安い飲み屋で一人で1時間で使う額。金を出すタイ人には負担が大きく、日本人には大してありがたくない。「現物を」「タイ人は無理するな」と言いたかったが、それでもタイ人は募金をやめなかった。タイ人ジャーナリストも驚く「一種熱狂的な親日支援現象」だった。日経は反日の中国の手先。タイの熱狂的な親日現象など、口が裂けても語れない。経済分析上も重要なのに。一般紙(朝日)さえ触れたのに。
 ・必死の中国スパイ活動 
 中国は、自分に不利でタイに有利な現実を何としても隠したい。それで、タイの特集記事で、このようなイヤラシイ書き方をさせたのだ、スパイ日経のスパイ記者を使って。
 タイでは韓国のスパイCMを短時間で次々に消した。日本でも、タイに不利なスパイ記事を消そう、日本人自身の為に。「震災救援の礼」に「洪水応援ビデオ」をタイに送るのも良いが。記事で私が評価するものをコトゴトに無視とは、日経は私にケンカを売っているようだ。平時なら黙殺だが、今は戦時。たたきつぶせ。スパイの巣・日経をひきつぶせ。

 「異常な日経スパイ記事を糾弾せよ」
 この記事の関係者はスパイだ。既に戦いが始まっているとすれば、戦場では見つけ次第(社会的に)銃殺、スパイは。日本とタイのネットは、記事の問題点を取り上げ国民に解説し、日経の腐ったスパイ体質を糾弾(きゅうだん)せよ。2度とこんなスパイ記事が書けぬよう。
 繰り返すが、これは中国の記事でなくタイの特集記事だ中国が世界恐慌で重大な経済危機に見舞われたのを隠すため、無謀極まりないインフレ(バブル)政策で危険な大規模投資ばかりし、高速鉄道事故やバブル崩壊を招く。異常な表面的経済成長を演出し、安っぽい共産党のメンツや国際的発言力の崩壊を防ごうとし、共産党幹部一族のみ肥え太らせた。「中国は世界の工場から世界の市場に」とか宣伝しだした事とも合致する、この特集記事は。東日本大震災後の韓国の火事場泥棒的な日本企業誘致宣伝にも。
 日本経済新聞にもデモをかけたい。消えてもらいたい、日本から。

 「一見友好的なスパイ記事」
 上記のタイ報道は、一見すると日・タイの関係の深さを評価する形に見える。が、実際には、投資対象として中国のライバルになるタイの評価を下げ、中国の評価を上げる為の、イヤラシイ巧妙なスパイ宣伝記事だ。中国にとって厄介な「反共」「親日」の王国・タイの評価を下げる為の。日経新聞等の中国汚染批判のため、やり方が陰湿・悪質になっただけか。
 最低の戦後型日本人も、ヨウヤクまっとうな国家意識に目覚め始め、左翼的・反日的記事はウケなくなった。最近の一部のスパイマスコミ屋は「保守・愛国的な仮面」をつけるらしい。
 私にケチをつける「山本弘」は、南京大虐殺宣伝批判の「小林よしのり」にかみついて売名したとか。中国共産党寄り? 今は「世界で称賛される素晴らしい日本人に天罰など下るはずがない」と私の天罰論にケチをつけて売名か。表面は日本人を讃える愛国者気どりだが、受けない左翼から流行の右翼に転向か? さすが売国売文アキンド、変わり身が早いな。日本人を殺そうとする韓国人の手先になり下がって金もうけするフジTVの日本人社員も素晴らしいのか? 花王や電通も素晴らしいのか? 韓国ドラマに地震テロップを入れさせずに非停電地域の津波被災者(視聴者)の命を危険にさらしたフジの行為が素晴らしいのか? いい加減にしろ、汚物にも及ばぬバクテリア。こんな奴らには天罰が当然。震災後のフジデモ等も天罰の一環だ。
 山本弘らが「素晴らしい」というのは、結局「韓国や中国の奴隷になる日本人」なのか。突き詰めれば「韓国人や中国人は素晴らしい」が「奴隷になるのを拒否する日本人はひどい」か。
 「素晴らしいフジTVや韓国に天罰など落ちない」「素晴らしいボクに天罰など落ちない」か。「無抵抗の日本の幼児に毒を飲ませる素晴らしい日本国籍朝鮮人に天罰は落ちない」か? だがな、今回の大地震はそんなクサレマスコミ関係者やテロリスト韓国人への天の御警告と感じる。私は一言も東北の被災者への天罰とは言っていない。人命を危険にさらして金もうけする悪魔の使いどもへの天罰だ。「お前達クサレマスコミ屋のせいで2万人死んだのだ!」 これが私の宗教的・精神的解釈だ。私と同じ解釈の者の批判を死ぬまで受ければ。

 本当に国を想う事と、表面的な愛国めいた言動で人をだまし媚びる事とは違う。山本のようなニセモノ愛国者にダマされるな。私は日本の良い所は誰よりもわかりやすく紹介するが、真に国を想えば、悪徳セールスマンや中国経済スパイのように媚びたりダマしたりしない。批判も本気。私は戦後型日本人に人生を完全に破壊され、補償さえされないまま利用されてきた、極めて重大な場面の連続の中で。だから余計に戦後型日本人社会への批判は厳しい。だが、それが当然だ。「巨大な罪を犯した赤く汚れたフヌケの日本人ども!」と。
 日本の在来マスコミは腐っている。毒をまき散らし、敵国を肥え太らせ、日本経済を衰退させ、日本社会を崩壊させ、日本の植民地化を進める。「山本」のような奴らばかり。天にお願いしよう、奴らを日本から消して下さいと。ネットがあるし。

 「皮肉なオチ   − 同日の日経のコラム − 」
 皮肉なオチを紹介して終わる。同じ日の朝刊の日経のコラムだ。動物園のサル山に関する記述だ。
 「困難な時期には強いリーダーの待望論が高まる。だが、自分を犠牲にしても群れを守るようなボスはなかなか現れない。サル山と同じく、これも日本社会の特性だろうか。」
 「赤魔・中国の手先となって金もうけする売国日経が何をエラそうに!」「説得力ゼロ」と言いたくもなろう。が、逆の見方もできる。「あのひどい日経だからこそ、悪い証拠が満載で、説得力ある内部告発になる」とも。
続きを読む...
洪水のタイからの帰国 −タイの洪水と韓国汚染− [2011年11月04日(Fri)]
史上最悪の洪水の中を足のももまで水につかって住居を出、スーツケースは船がわりのセメントを混ぜる桶にのせて幹線道路に出た。荷物用自動車の荷台に乗せられスリル満点に高速を走り、無事な新バンコク国際空港(スワンナプーム空港)にたどりつき、半日待って夜行航空便で日本に帰ってきた。バンコク周辺の洪水が最悪の状況になった頃の出国。やれやれ。
 機能回復手術もできなかった私を引きとめたがるタイ人もいたが、航空券は1カ月以内往復、基本的な観光ビザの期限も迫っていた。居室は2階だが下水排水の不良で上水道使用時間が制限され、トイレの汚物さえ流せぬ場合があった。元から寛容でいい加減な国民性だが、タイ語が通じぬ私には生活情報も不足気味。大震災以来、窮屈には慣れており、タイびいきで防災(洪水)に縁が深い者として見届けたくもあったが、帰国は潮時だったか。

 「タイの洪水と韓国汚染の洪水」
 またボチボチ、進出日本企業にも大損害を与えた「歴史上最悪の被害」とされるタイの大洪水、「タイ・マスコミの韓国汚染との戦い」などについて書こうか。
 だが、果たして今の日本はそれを語るにふさわしいのか? 私がいない間に、電車内のつり広告の韓国持ち上げモノが大きく減った点には安心した。が、日本のバカ政府は、何と国家破綻寸前の敵国・韓国に「7兆円」(非常時の通貨融通制度)もくれてやる約束をしたとか。
 私は韓国の最大の債権国・タイに韓国モノ債券を売れと訴え続けてきた。それを7兆円だと? 日本の為に必死に韓国と戦う者たちの苦労が水の泡。大バカ者。自国民の命を危険にさらして政治的保身の連続とは。地獄に落ちろ、朝鮮の悪魔の手先。

 「韓国人による対日本人犯罪のゴマカシ」
 最近も、日本の無知な女が韓国で韓国人にダマされ殺されたらしい事件が起こった。日本人へのテロは正義という異常なテロ民族の韓国では日常茶飯だが。韓国は何と、日本人への犯罪を野放しにして奨励する恐ろしい状況は隠し、「警察は懸命に捜査中」とごまかし、「北朝鮮の拉致事件」と北朝鮮に責任をなすっている。ごく日常的な韓国人の犯罪にもみえるが・・・。
 「韓国でなく姦(かん)国」といわれるほど強姦等の粗暴凶悪犯罪が多い野蛮な韓国。更に韓国警察は日本の女が強姦されようと強盗されようと「韓国を植民地化した倭豚(日本のブタ女)が悪い」とわめいて被害者を傷つけ愛国者をきどって大イバリだそうだ。反日テロ国の韓国では、子供の頃からその異常・卑劣なテロが当然どころか英雄的行為と教え込まれる。腐敗が当然の中国文化圏でもあり、捜査してほしければワイロよこせ、とか暗に要求するのだろうか。
 こんな国に行く方がバカだ。私を殺そうとする朝鮮系スパイの自称・親たちが世界で一番エライとか洗脳されていた頃の私と同じだ。この事件の被害者の親は全共闘世代で止めないどころか娘を地獄に送って大きな顔なのか。娘が洗脳状態で制止を聞かなかったのか。韓国の異常さを伝えずに敵国に媚びて視聴者を危険にさらすマスコミが一番悪いのだが。
 そんなマスコミ関係者の代表例のような「山本」なる醜悪なスパイを野放しにする異常な日本。自分から韓国という地獄に旅行する愚か者や、それを止めない無責任な大人を非難する、同じ犯罪被害者である私の当然の意見を、「被害者を傷つけ金もうけするクズ」とかわめいて売名し、更に多くの韓国人犯罪被害者を作り出し、悪魔の敵国にコビ、クソ小説を売って小銭をモウケようとするのか、山本のような下劣な悪魔の手先は。敵国からの利益供与はどんな形なのか。在日やスパイがクソ小説を買うのか。私はよく知らないから、後は各自で調べてくれ。
 少なくとも、私はこのような言論活動では一銭のカネも受け取っておらず、タイ行きの為の節約で最近は特に苦しい。虐待により東大出でも若い時代は廃人状態で失い、普通の就職もできなかった。強烈な凶悪犯罪や見殺しへの補償や賠償もない。それとも、過去の連続殺人未遂と見殺しに対する補償を求める私の意見が「カネモウケのクズ行為」とわめくのか。それだと、東電に補償を求める原発被災者も「クズ」となる。そんな暴論を唱えているのだ、山本は。絶対に許せない。毎日無抵抗な子供に毒を飲ませ続ける悪魔の手先め。地獄に落ちろ。
 仙台市長はじめ、被災地自治体の首長などが、私とほぼ同様にフジテレビを強く非難するのは偶然か? 毒物連続殺人未遂という凶悪犯罪の被害者で、真に人権を守る防災対策を説き、1000年に一度の津波でも防げる復興策を唱え続ける私は、まさに被災者の側に立っている。でなければ仙台市長が私と同じ立場に立つ事はあるまい。私のタイ滞在中、最も津波被害が激しかった石巻市がタイの震災支援に対する感謝とタイ洪水被災者への応援のビデオを送り、(韓国汚染が激しい放送局以外だろうが)複数の放送局で流される事もなかろう。私の人生を破壊した朝鮮系と思しき不良教師の自称出身地だった事を明かした石巻方面の自治体だ。
 タイ人は「因果応報(仏罰)」という概念が良く分かっており、私にわざわざ「大水(洪水・津波等)は人間の罪への報い」とかいう仏教パンフレットまでよこした。報い(仏罰)をおそれ真摯に反省し、腐敗を正し、宗教を否定する赤魔から王国を守ろうと語る私のような者へは尊敬が払われる、タイでは。大洪水の最中でも。敬虔な上座部仏教国で、信心深い者が多いのか、赤く汚れたスパイや山本のような者ばかり多かった日本に比べ。

 「真に被害者の立場に立て」
 朝鮮系スパイによる連続殺人未遂を見殺しにされて人生も健康も破壊された極めて深刻な被害者の私は、韓国での日本人への犯罪等の環境・雰囲気が良く分かる。山本のような被害者をネタにする金もうけが許せないのは、自身がそんな犯罪の被害者だから。日本人への犯罪を当然視する韓国人(朝鮮人)が絶対許せない。手先となる日本人も絶対許せない。だから、山本のようなスパイが私に侮辱を続け、誤解を増幅させ喜ぶのだろう、身の程知らずに。私のような意見が広まるのは非常に困るから。悪魔どもの罪の決定的証拠だから。
 これは、「スパイ防止法が制定されると自分が取り締まられるから困る」というスパイが、「スパイ防止法は人権・言論弾圧の反民主的な悪法」とわめいて妨害するのと同じか。山本は強烈な反日国の韓国や中国が本音をごまかすための偽善な宣伝である東日本震災支援を持ち上げていたようだ。そんな情報を真に受けて韓国に旅行して奪われ犯され殺された被害者に対して、山本のような者は、どう謝り償うつもりなのか。スパイなら悪さをした方がほめられるだろうが、日本の一般世間では通らない。私がかねてからTV局等に対し設置を提唱する「韓国人犯罪被害者救済基金」に金でもださせるべきか、まだ存在さえしない基金だが。

 「タイの韓国汚染と反撃」
 タイでは、私が滞在したこの1カ月、私と同じ意見の多くの者が私の見ている前で韓国モノCMの相当部分を次々に放送中止にしたりして、韓国の情報侵略と戦い、国を守ろうとしている。だから、余計に日本国内の馬鹿さ加減は許せない。
 洗濯機の韓国企業名がわざとらしく目立つ洗剤のCMは消え、その企業のCMが続いているのかさえ不明。韓国俳優らしき者の化粧品?の広告は別モノにサシかえられた。タイ風の女と韓国風の男だけからフォトジェニックを選ぶ(いかにも)韓国情報戦略的なコンテストのCMでは、男の部分の放送がなくなった。タイ語が分からず詳細は不明だが、映像は分かる。
 日本と同様、今までがバカだっただけ、とは言えるがな。「こんなCMの企業には全日系企業は不買運動をぶつけよ」「ネットは国民に韓国の犯罪の実態を説明せよ」と一人でよくブツブツつぶやいた、パソコンもないから本当のつぶやきだが。その後、それらのCMが消えていった。「柔道は韓国のもの」「相撲は韓国のスポーツ」とかいった異様な韓国モノ番組(韓国持ち上げウソ番組)は、CMほど簡単には消せず、韓国のウソ情報にダマされるバカ女も相当いるがな、日本と同様に。

 「ホタルの光の歌が流れる」
 近所の大型スーパーではホタルの光に似たCMソングが流れていた。「デモではヘイトコールが禁止だから、ホタルの光でも歌ってフジテレビを日本から追い出せ」と書いたが、タイにも伝わったようだ。私が日本で提唱した節電策と似た工夫が店内でもとられていた。しかし、スーパーだけではなかったようだ。こんな状況の一つのカギとなる私だから、山本のようなスパイが食いつく訳だ。東京都知事などより、よほど重要だから。

 「山本的な日本の馬鹿さ加減は許せない」
 タイにいる者も事情を理解し、必死になってきたようだ。少々遅かったし、私が行ってやっと、では少々情けないが。それに対し、最も韓国に狙われている日本の政府が諸悪の根源の敵国・韓国が破たんせぬよう金をくれてやるのだと。韓国を破綻させるのが日本の最大最高の国益の一つ。いや、世界人類最大の公益・人類益だ。だが、韓国スパイや韓国人違法献金に汚染されぬいた日本の政治屋は「真逆(まぎゃく)」をやる。民主党で特にひどいが、自民党でも相当の議員が50歩100歩。韓国は金が欲しいなら日本から盗んでもうける自国企業から税金をとれ。サムソンやLG、ヒュンダイ、マスコミ産業等から。韓国人は日本からの7兆円で更にまた日本人に対するあらゆる悪さ・テロをやり、世界中で日本人を苦しめ、殺そうとする、我が家の朝鮮系スパイ夫婦が私にやったように。

 「タイの大洪水は因果応報か −中国式新幹線問題や韓国問題ー 」
 「中国式新幹線で自国民を殺したいなら自分が死んで地獄に落ちろ」「軍事クーデター容認」とタイの政府(インラック新政権)や政治家に叫びんだ頃に始まリ、私がタイに発った10月4日頃に古都アユタヤに及んだ、今回のタイ史上最悪の洪水被害。インラック新政権は緊急事態に多くの公約を修正せざるを得なくなった、中国式高速鉄道の話は未確認だが・・・。元から信心深く、歴史的な話からも私の影響を受けやすかった多くのタイ人が、これを機に更に私のような意見により強く影響されるようになっても、無理はない。近々、タイで何か起こるかもしれないな。タイ軍は日本でなくタイでクーデターを起こすのが普通だし。
 それにひきかえ、本国の日本人は何だ。日本人を食う悪魔を養う大悪魔か。これでは天罰も食らうわな。違うというなら証拠を見せろ。私を侮辱し続ける山本弘なるスパイ、ゴミにも遠く及ばぬバイキン作家(工作員)も、のうのうとブログを続けているとチクリ?が入リ続ける。
 自分を監禁し強姦し続けた犯人は永久に刑務所に入れろというのが被害者側の気持ちだ。私は山本のような低見識で下劣な敵のスパイの利権屋に虐待され続けて人生もなにも破壊された。こんな奴を二度と目にしたくない。日本人も、私にただ乗りし続ける態度を改め私と和解・共闘しなければならないのに、こんなクソさえ消せないとは。すでに戦時、非常時だ。平時のような上品さや気づかいなどムリ。相手が武闘派右翼でも背中を押して戦わせねばならない時。直ちにこのクソを私の視界から消せ。汚物のソウジ残しで天罰が起きたとか言われないように。山本のブログのタイトルの背景写真は某テレビ局内のものとかいう推測もあるようだが・・・。
 タイの状況を見て、戦争は始まっているのが良く分かった。戦場はタイだ。日本人は何をやっている? こんな小物スパイを野放しでは戦いではない。まず始末をつけて私に示せ。干されていたとはいえ国の官僚組織の頂上部にいた我が家の朝鮮系スパイより小物だ、微生物程度の。それとも、これも野放しか? もう許されんぞ。

 こんな日本でブログを書き続けるのか、私は。目への負担もあって書く量は制限する。一遍で情報は与えられないのは日本人の自業自得。私の出す情報の価値が分かればの話だがな。
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml