CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 世界コロナ株安 | Main | 学校9月入学・早期入学 »
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
日本人はコロナ抗体を既に保有?! ー日本人の低コロナ重症化率の理由ー[2020年05月22日(Fri)]
日本人は新型コロナウイルスの抗体が出来やすく、既に感染した抗体保有者のようだ、との情報が報じられた。これが遺伝的な要因か既に似たウイルスやコロナに感染した結果かは不明だが、とにかく注目に値する調査結果だろう。そんな基盤の上に日本人がマスク・手洗い・ウガイといった清潔文化を築き上げ、相乗効果で重症化阻止とか書いてきたし。まあ、幾ら科学的な証拠が出ても言論無能の日本人では国際的に何ら説明もアピールも出来ないだろうけど・・・。

 私が聞いた調査結果では、新型コロナに感染した日本人の抗体の生じ方・増え方が、既に感染して免疫(抗体)を持っている者と似ていたそうだ。それが本当なら、私が今まで考えてきた「遺伝的側面と社会文化的側面の両者が揃って日本人がコロナで重症化しにくい」と合う。
 この被験者の日本人が本当に始めてコロナに感染したなら、先天的に新型コロナのようなウイルスに強い遺伝子を持つ日本人が多数いる可能性があると思う。また、既に以前から類似のタイプのウイルスが中国等から日本に侵入して感染していたとも考えられる。最近だけでも、中国はこの手の感染拡大を何度も起こしており、「香港情勢が緊張する毎に出る」と意図的生物テロが失敗して自国内に拡大と疑うような報道も出るから。
 そして、これも既述のように「昨年から日本でも広く新型コロナが水面下で拡大」との可能性も考えてみたいのだが、「抗体を検査した」とは新型コロナの抗体だろうから、どのような調査かが分からないと明確なことは専門家でも言えないだろう。だが、被験者は新たにコロナに感染したと思ったら、実は数ヶ月前に感染して免疫(抗体)を持っていた、とかいう話も捨てたくない、昨10月に武漢でコロナ発生とすれば。

 ここで今回の抗体の生じ方の調査結果から読み取れる可能性、生物的な側面の可能性を簡単に分類してみる。

@日本人が遺伝的に新型コロナ型のウイルスに強い身体を持っている

A日本人が早い段階から既に新型コロナに感染し抗体(免疫)を獲得

B類似ウイルスが近年の日中交流で既に広がり日本人が抗体を獲得

 その上に日本の感染症対策文化とも言える衛生清潔な習慣が功を奏したと。

 私はタイ民族がマラリア等を媒介する蚊に刺されにくい例なども見て、@の可能性には納得できる。一万年の世界最高度のムラ社会秩序の長い歴史の中で、「日本人がコロナ等に強い遺伝子を獲得」する過程で何度も疫病の流行と直面し、重症化しやすい遺伝子の人間が死に、大量の死と引き換えに得た生活習慣と共に現在の日本人が成立したとか書いてきたから。Bとも関係するが、日本と異なる中国という肉食文化圏で動物由来で発生する疫病が時たま日本に伝わって死者を出したが、その経験が蓄積される社会的安定と永続性が日本にあった点は、中国と大きく異なるだろう。

 また、Aの可能性についても納得できる。検査の内容等に不明点が多いので確たる事は言えないにしても、私は昨年10月に武漢で新型コロナウイルスが流出し拡大し始めたとの説に賛成だから。この情報に従えば、昨11月までには日本にもウイルスが侵入して絶大な感染力で急拡大し始め、昨12月には東京等で既に感染拡大の小さなプレピークとでも言うべき状態になったと考えるので、Aの「感染拡大が表面化した頃には既に多くの日本人(特に東京等)が新型コロナウイルスの抗体を獲得」との可能性は残しておきたい所なのだ。

 そしてBも同様に納得できる。不潔文化の華北文化の中国人が揚子江流域で動物から様々なウイルスを遷されて近年の多すぎる日中間の人間交流の中で日本人に感染させ、日本人が免疫を獲得していたと。しかし、このBの説だけでは「なぜ中国人が武漢で大量死したのに日本人は重症化率や致死率が低いのか」の説明にはならないので、やはり上記のような各種の要因や他の要因(保険制度、医療機関や保健所の奮闘)が重なったと考える方が良いと思う。

 調査の細かい点までは分からないので、自分が書いてきたことを基礎にまとめてみたが、大きくは外れてはいまい。詳しい続報が欲しい。
唾液抗原検査を承認せよ ー簡便な唾液検査と抗原検査の組み合わせー[2020年05月19日(Tue)]
新型コロナウイルス「唾液抗原検査」の確立と承認作業を急げ。不都合あれば分析し改善せよ、直ちに。やらないなら政府を指弾せよ。やらせることが出来ない日本人自身も指弾せよ。「神は自ら助ける者を助ける。やらないなら更なる天罰だ。幾ら保身してもムダになるぞ。
 既述のように「唾液PCR検査」は綿棒採取の従来型より容易で安全で様々な長所があり、「抗原(感染)検査」は精度こそ下がるがPCR検査等の遺伝子検査より相当に簡便だ。
 経済財政諮問会議等では検査問題に無知らしき者が当て推量だか売国だかは知らぬがPCR検査数増加をコロナ感染拡大防止策全般で強調し、それを中韓WHOの手先のTBS等が盛んに持ち上げるようだ。だが、繰り返すように感染検査は治療上の検査としては重要でもそれ以上の意味は持たないし持たせるべきでもないと思う。それは「韓国は迅速大量のPCR検査でコロナ封じ込め成功」が大ウソだった実例を見て学ばねばならないのに・・・。
 PCR検査等の感染検査は現状では感染力絶大なコロナに対する積極的な封じ込め策としては不足な部分が多い。既感染者・抗体獲得者の把握という疫学調査には抗体検査だ。PCR検査数増加は当然に目指すべきだが、それだけでもダメだ。治療行為上で重要なコロナ感染検査の数の徹底した拡大には差し当たって簡易型検査の普及が最適だろうし、それなら秋に間に合わせ得る。その候補が簡便な検査法の組み合わせである上記の「唾液抗原検査」等と思う。
 直ちに承認作業に入れ、秋以降の第二派に間に合うように。改善を要する点があれば改善し関係機材資材の大量生産に入れ。抗原検査薬は治療薬と違って人間の口に入るモノではない。とっととヤレ。
本当に日本人は新型コロナに感染しにくいのか ー献血抗体検査結果では超低感染率ー[2020年05月16日(Sat)]
結果が発表された献血による抗体検査は「不良検査キット(中国製?)品質検査」の様相を呈し信頼性が低いが、それにしても既感染者・抗体獲得者の比率が0.6%とは。マトモな抗体検査では高い比率が出ると予想するが、この際、「本当に日本人は新型コロナウイルに感染しにくいのか」という点についても部外者ながら考えておきたい。

 先日、「新型コロナもインフル等と同様に高温多湿に弱い」とされるのに年間を通じて高温多湿の東南アジア諸国でも感染拡大する点について、「タイではコロナ等の感染症より第一にマラリア蚊などが怖い」ためもあって感染症対策が無いとか書いた。その結果の不潔文化だと。そして、最優先防御対象のマラリア蚊に刺されにくい強烈なニオイの食材が必要だとか、蚊に刺されやすい遺伝子のタイ人はマラリアにやられて死んで風土に適した者が生き残ったのでは、とかも書いた。
 しかし、同じ事を日本人については書いていなかった。日本の1万年来とも考えられる世界最高度の清潔で衛生的な感染症対策文化には何度も触れてきたが、そんな文化を得る長い過程では当然、感染症に弱い遺伝子の日本人は死んでいったとも考えられる。遺伝子の違いによる自然選択とでもいうべきか。そんな膨大な死の教訓を生かす形で感染症対策として有効な様々な生活習慣を得て、その集合体としての日本文化を形作ったのだろうから。
 タイ人は赤道付近の熱帯ではない中国南部方面から各地に広がる過程でインドシナ半島の気候にそぐわぬ者が死んだように、日本でも感染症に弱い遺伝子の者が死に絶え強い遺伝子の者が生き残って現在の日本人の遺伝子を作った可能性がある。すると、今回の新型コロナウイルという感染症にも強いのかもしれない、遺伝子からして、日本人は。そこに様々な要因が重なって、少々生活様式が感染症に弱い西洋文化の影響を受けてもナオ、日本人の新型コロナの重症化率や致死率が低いのではと。
 私は感染力絶大の新型コロナウイルスが本当に日本人に感染していないとは考えない。あの首都圏の鉄道通勤ラッシュを見ても、一応は感染するだろうと。だから尚更、多くの者が感染しても重症化率や致死率が低い要因は考えねばなるまい。私は重要な例として唾液PCR検査の長所に触れた折に「ウガイの習慣化やウガイ薬の多用による口内環境の良さ(清潔さ)」を上げた。主に飛沫(唾液)感染の新型コロナウイルスは口の中で先ず増殖するらしいから。だが、そんな生活習慣・感染症対策文化と遺伝的要因の両方が揃えば、説得力が上がろう。
 以前に「韓国人の悪魔的文化は、人間の性格の極端な偏りといった生物的遺伝の側面と、悪魔的習慣の文化としての伝承という社会的遺伝とでも言うべき側面の両方が相互に強め合って成立・継承される」とか書いた、韓国人にだけ現れる「火病(ファビヨン)」という凶暴凶悪なヒステリ・テロ病について。私がその火病による超凶悪犯罪の犠牲者らしいから。だが、日本人が新型コロナウイルスに強いことについても、生物的遺伝と社会的遺伝の両方が強く関係し相互に補完しあって継承されて今日の結果を作ったと考えた方が良いようだ。
 不潔な中国風濃厚接触文化の影響の強い韓国人は表面的に日本人のマネをしているだけで日本人の清潔文化まではマネしていない点は韓国の手先の多いはずの日本のTVでも報じられており、韓国でのコロナ対策の成功とはウソ宣伝にすぎない。台湾人も初動のコロナ対策が良かったのでワクチン開発まで時間は稼げるかも知れないが、結局は不潔な中国文化圏の濃厚接触文化だからで後で感染拡大して苦労する恐れも大きい。そこまで見届けないと何が原因で現在の各国の感染実態なのかは分からないだろう。韓国人は中国文化圏の辺境で不潔不衛生な中国風濃厚接触文化の影響が強いからコロナ封じ込めとはウソか表面だけなのだが、民族的には北部遊牧民族に近いとも聞くし、同じく中国文化圏の台湾でも暑い気候に慣れた土着民族がいる地域だし、簡単には割り切れないのだ。

 さて、日本の状況は何が主要な要因なのか。マトモな抗体検査すらできていない段階では、私には分からないな。
厚労省1万人抗体検査?! ー望まれる独立機関の抗体検査ー[2020年05月16日(Sat)]
結果が公表された献血利用の抗体検査とは「中国製抗体検査キット不良度合い測定検査」だったのか? 抗体獲得者比率が低く、感染者が多い東京と少ない東北の間に明確な差が出ない結果には私は疑問があり、更なるマトモな抗体検査を求めた。すると、急に厚労省が1万人規模の抗体検査を来月にも実施で調整と。だが、今月ではないし、来月に出来ても初旬も30日も来月、少しグズグズすれば直ぐ7月だ。例え政治的圧力による歪曲(過少表示等)がなくてもマトモな結果が出るのは何時になるやら。
 専門家は早い時期からTVでも公に抗体検査による疫学調査を望むと話していたのに、状況が大変な速度で深刻化する新型コロナ相手に何ヶ月遅いのか。それに、検査結果で既感染者・抗体獲得者の比率が低いと精度や歪曲を疑われ、比率が高いと政権の怠慢(感染防止策の遅れ)を問われ眉中政権に都合が悪い「中国への怨嗟(えんさ)」にも火が付く。
 果たして米国でのような客観的な抗体検査となるのか。政府の影響を受けない独立の機関が政治的圧力のない形でやるのが理想だが。習近平国賓訪日関連でも検察官定年延長法案でも分かるが、安倍政権には何も求めるべきではないのだ。
直ちに献血抗体検査結果を公表せよ ー安倍は公表か辞職をー[2020年05月15日(Fri)]
政府・安倍政権は直ちに着手済みの献血による抗体検査の結果を公表せよ。五月初には公表可能とかしていたのではないのか。もう半月経ったぞ。名目は参考値でも分析過程でも良いだろう。
 政策でも戦いでも全ては何らかの意味でマトモな情報に基づかねばならない。特に新型コロナウイルのような正体不明な相手では情報収集と公表は何よりも大切だ。民主主義の基本でもある、当然だが。それを安倍政権はやっていない。中国武漢で昨10月には感染拡大が始まっていたのをインペイし続け今日に至る惨状を招いた疑いが強いのに、まだインペイの続きか。イイカゲンにしろ、安倍。
 いくら勉強の出来ない経験の無いイナカ出のボウヤでも限度がある。自分では何もやらずに国民とヤラにタダタダ自粛というガマンと犠牲を強いるだけでは、「温室効果ガス大幅削減」とかワメイて具体策は後の禍根の原発の増強だけで「日本人ならやってくれる」と国民に責任を丸投げして自分だけ国際会議でイイ顔をしたバカの象徴の民主党政権の鳩山首相のようだ。
 そう、安倍は右の鳩山だったのだ。違うというなら献血抗体検査結果くらい公表してから辞めろ。どの道、安倍の辞職は避けられない。

●追記
 抗体検査の結果が出たと報じられた、ようやく。私には少々意外な数値でもあるが・・・。発表感染者数が多い東京の検体500中3検体で陽性、陽性率0.6%、発表感染者数が少ない東北では2検体陽性で0.4%と差が小さい。また比較検討用の昨年の献血の検査でも2検体が陽性で信頼性に問題があるらしく、「疫学調査には別の方法を」だと。そのために公表が遅れたとか考えておこう、政治手圧力ではないというセメテもの希望も入れて。
 東京で0.6%とは極めて控えめな数字と思う。もっと大きい値の検査もあったし。感染者が少ないはずの東北との開きが小さい点も疑問だ。私は「東京の値は一ケタ違うのでは」という感想を持つ。昨年11月から感染拡大していたとすれば更に大きい値が出ると推測できるから。
 しかし、それでも0.6%とは東京都では8万人を大きく超え、現在の累積感染者の発表数5千人強(5027人)の約17倍、一部専門家が口にした値に近いと思う。私の大体の推測よりはハルカに小さいが、それでも17倍だ。更なる抗体検査が必要だが、差し当たっては「最低でも20倍」とでも言って、愚鈍な日本人、この場合には東京都民に警告し、緩みがちの警戒心に訴え、無用の家族外出やジョギング密なんぞ止めさせることだ。そして、徹底した抗体検査だ、疑問を挟む余地の小さな。一刻も早く国内企業に品質の良いキットでも作らせて。そのために予算でも補助金でも付けろ。何度でも繰り返せ。
中国武漢1千万人PCR検査構想?の異様 ー押さえ込めぬコロナ相手に巨大アリバイ作りー[2020年05月13日(Wed)]
また中国が異様な構想?でゴマカシ・アリバイ造りだ。感染力絶大で人間には押さえ込めない新型コロナウイルス相手に「武漢全住民1千万人PCR検査」だと。これはズサンな計画だけで投資資金や補助金をダマし取ろうとした予想図とイラストばかり立派な巨大高層ビル事業「天空城市」構想と同じか、バベルの塔になぞらえて「バブルの塔」と評した。結果として構想というより妄想だったのだ。
 PCR検査はあくまで治療行為の一環・助けとして重要でもワクチンではない。感染拡大に対抗する積極的防御手段ではない。それにシロウトがPCR検査に大量動員されると更に精度に大きな問題が生じ、そこに政治的意図でも混じれば真実と懸け離れたウソ宣伝の結果をデッチ上げるのも容易だから、中国や韓国の検査・調査は最初から信用できないのだ。
 その前にPCR検査は治療薬ではないから今日は陰性でも明日に感染すれば終わりで、たとえ偽陰性(間違い)でなくとも一部の感染者に陰性という「安全のお墨付き」を与えて感染拡大を助ける真逆の結果となる。既述のように本気でPCR検査等の感染検査により新型コロナの感染拡大を封じ込めたいなら、全国民に毎週1回の検査を義務づけ実行する程度でないとダメだろう。いや、それでも不足か、感染力絶大の新型コロナウイルス相手では。
 理想は各家庭に簡易機材等を置いて毎朝毎夕に感染検査だが、そこまでは到底ムリだろうな。あるいは「唾液抗原検査」というヨウヤク認められる「唾液PCR検査」と「抗原検査」を更に結びつける相当に簡易な未承認の方式のキットを大量生産して普及させれば将来は可能かも知れないが、現状では・・・。
 PCRの検査数で言えば、感染拡大開始から今までに数ヶ月の感染拡大期間があったので、例えば「一人10回」「人口比で千%分」とかのPCR検査の数が最低でも必要だったという事だ、現時点で既に。だが、「多数のPCR検査でコロナ封じ込め成功」と盛んに日本の売国TVにウソ宣伝させた「Kー防疫(ぼうえき)」ならぬ「Kー謀略(ぼうりゃく)」の韓国は「人口比1.17%」のPCR検査数でしかなかった話は前にも書いた。大笑いというより神の敵・悪魔の仕業だ、韓国のウソも日本のテレビのウソも。中国武漢の大量PCR検査計画騒動は、そんな私らの声の都合の良い部分のみに従ってツマミ食いしてゴマカシに悪用するものでもあろうが、韓国の宣伝の大ウソを暴く点だけは良かったかな。

 だが、3つの街をムリに合併した武漢とは言え、一つの街だけで1千万人の全住民にPCR検査なんぞする余裕があるなら、まず抗体検査による感染実態調査(疫学調査)と抗体(免疫)保持者の選び出しだろうに。それをやりたくない、中国の発表を大きく上まわる感染爆発の事実も認めたくない、だからコストばかりかさむ割りには意味が薄い大規模PCR検査で誤魔化そうというわけだ。全く、ガサツでズサンで不潔不衛生でウソばかりの濃厚接触の感染症文化の中国文化圏らしい。同文化圏の辺境の貧しい韓国よりヒドさの規模がデカいだけだ。
遅すぎた東京都の抗体検査 ー国の献血抗体検査結果はまだかー[2020年05月13日(Wed)]
いまだに不明点が多い新型コロナウイルスの感染実態の把握は何より急務で、抗体検査による疫学調査(感染実態把握)は昨年度中に何度も繰り返されて当然だったのに、東京都はヨウヤク来月から月3千件規模の抗体検査だと。それすら遅すぎるのに、国は何もせず、着手したはずの献血を使った抗体検査の結果すら発表しない。5月に発表とか言ったのに。参考値扱いで良いのに。余ほど政府に都合の悪い結果なのだろう。抗原検査(簡易感染検査)キットや唾液PCR検査は早期承認するのに、同じく私も勧める抗体検査の関連器具の承認は「秋以降」なんぞと言われるのはナゼだ? いくら何でも遅すぎる。これも意図的、売国やインペイのためだな、安倍!

 東京都の抗体検査とは、東大や阪大の「抗体大量測定プロジェクト」に東京都医学総合研究所が参加する形を取るようだ。来月から3つの都立と公社の病院で検体を一般外来患者等から採取し、月3000件のペースで検査と。地域ごとの抗体保有率を調査するが、診断や重症度判定での抗体検査の有用性の研究も行うと。単なる抗体保有率測定の疫学調査ではないようだ。だからこそ良いとも言えるが、政策判断上でも最も求められる「既感染者率の把握」という点が遅れたり薄められたり誤魔化されたりすると困る。眉中眉韓の売国による保身・政権延命だけ屋って国益を売り渡し続けてきた自公・安倍政権なら必ず邪魔するだろうから。小池は、政府(国)と連携して都民の抗体保有率の調査も行いたいとするが、この表現を聞くと、何やら抗体検査による疫学調査が現段階から脇役のようにも感じる。国と裏取引等して逃げ道を今から用意かね。

 感染力絶大の新型コロナ相手に到底不可能なのに「コロナ押さえ込み成功」とウソ宣伝する中国陣営の中韓WHOは、抗体検査で「実は国中が感染者だらけ」という感染実態がバレたら困る。それで抗体検査にケチを付ける。そんな中国陣営の見事な一員なのが自称愛国タカ派の安倍政権だし、今までの大変なコロナ対策不備、感染実態の把握や発表での完全な怠慢を暴かれるのもイヤだし、抗体検査に極めて消極的で結果も伏せているのだろうよ。いずれバレるのに先送りしてトボケようとしているのだ。永遠に逃げられる訳がないのに。これが売国クサレ小役人根性だ。ヘドが出る。

 中国は武漢での当然のクラスター再発等を受けて全ての武漢住民千万人以上にPCR検査だと。WHOの言う「検査(PCR)、検査、検査!」の大ウソで実態を誤魔化したいのだ。そんな手間があるなら、まず抗体検査で感染実態把握だろう、抗体保持者は感染確率が低く労働力としても好ましいし。だが、それをやれない。いくら自陣営の韓国の梨泰院クラブ集団感染事件の大醜態を見て危機感を募らせても、「感染者数を低くゴマカシ」との事実が暴かれたら困るのだ、国の内外の両方に対して。

 さて、日本人は何をすべきか。コロナ対策完全失敗の政府を放置して完全に主権者失格なのがバレて神ににらまれたアホ日本人だが、せめてアホ首相に抗体検査をやらせてから滅びたら? コロナという天罰は簡単には収まらないのだから、ちっとは神を怖れて腹をくくったら? 低次元の保身を続けようにも、全てムダになるから。
NY市14万人に無料で抗体検査 ー日本でも望まれる大規模抗体検査による感染実態把握ー[2020年05月08日(Fri)]
米NY市が抗体検査を14万人規模で行うと報じられた。無料。これだけ規模が大きいと相当に信頼性が高い検査となろう。日本でも報じられた複数の従来のNY州全体での抗体検査ではなくNY市だけとすれば、密度も上がり、NY市における精度は否が応でも高まろう。一刻も早く日本、特に東京でも抗体検査による疫学調査、感染実態調査を行うべきだ。マトモナ調査なら従来のコロナへの考え方が覆るはずだ。コロナの感染力は絶大、想像を超えるから。恐らく、それで中韓WHO等の中国陣営による大ウソ、「中国共産党なら抑えられるコロナ」「韓国はPCR検査やハイテクでコロナ封じ込め」なんぞ大ウソだと分かるのだ。当然、中韓WHOは妨害するだろうし、実は朝鮮半島とズブズブと言われる安倍の政権ではな。5月中に発表かと言われる日本で進行中の献血を使った抗体検査の結果も出ない。出ても母集団は3千人程度だとか。東京都だけで10万人と言いたいが、程遠い。やはり世界最悪の政治愚鈍の属国根性の日本人ではムリかね。
米の市長が昨11月下旬にコロナ発症 ーニュージャージー州ベルビル市長にコロナ抗体検出ー[2020年05月08日(Fri)]
米国の市長が11月下旬にコロナに感染し発病していたと報じられた。ニュージャージー州ベルビル市長のマイケル・メルハム。米国で新型コロナ感染拡大が確認されるハルカ前で、当時はインフルエンザと考えられていたが、最近の抗体検査で抗体が検出され、感染していた事が明らかになった。11月下旬時点での感染との情報に中国は「新型コロナ米国起源説」の証拠と喜んで騒ぐようだが、中国による新型コロナ拡大(流出)インペイが11月頃から既に始まっていた事になり、中国の罪が更に重くなるだけと思うが。

 当然、日本にも同時期には新型コロナウイルスが侵入し拡大し始めていたと考えるべきだろう、昨年11月頃には。それを証明するが如き情報は既に見たし、ここでも書いていた。既述の東京での「感染症の超過死亡」のデータで、「既に2〜3月に東京は(第一次)感染ピークを迎えていた」という推測の根拠だ。
 このデータでは、この2〜3月の前、昨年の12月には予想上限値(統計等から割り出した感染症の死者の予想上限値)を週10〜20人上まわる死者、「超過死亡」が出続けていた。この冬はインフルエンザが余り流行しなかったとされるから、この超過死亡数にはコロナ死の疑いがある者が多く含まれると推測される。
 例年の統計等に基づく死者の予想値は1〜2月がピークで、この時期には今年も死亡実数が予想上限値を下回った。が、そのピークになる前の昨年12月の時点から、ずっと死亡実数が100人程度に達して予想上限値を超えていた。「超過死亡」はインフルなどのピークの前後の両方で見られた。12月の超過の幅は2〜3月の半分程度だが、超過が出ていた事には変わりは無い。
 最初にこのデータのグラフを見た折は「この冬はズッと死者が多く100〜110人程度だから2〜3月だけが特別に多い訳ではない」「本当に2〜3月が東京のコロナ第一次感染ピークだったのか」とも感じた。その私の感想も既述の上(医療ガバナンス研究所)の推測も、どちらも外れていなかった訳だ、このデータを見る限りは。

 だが、11月に既に日本、東京にもコロナウイルスが広がり始めていたとすると、12月に東京でのコロナの死亡が増えたとしても説明が付く。いや、新型コロナの情報が中国によりインペイされ、ほとんど無警戒も同然の段階だったから、警戒が強くなった後の2〜3月の想定感染ピーク時の半分程度にはなるコロナ死者が12月時点で東京で出ていても不思議ではないと考えるべきだろうか。昨年11〜12月は感染のプレ・ピーク(先行の小規模感染ピーク)だった可能性すら生じる。
 すると、私自身の12月下旬の鼻カゼすらコロナの疑いを掛けたくなるし、「抗体獲得済み」という希望も見えてくるのだが・・・。

 いずれにせよ、これらの推測が正しいとすると、東京の累計コロナ感染者、既感染者・抗体獲得者は、どれ程の数になるやら。300万人で足りるのか。驚くべき話で、それを否定したい連中も多くいるだろうが、東京での集団免疫の獲得の予想時期も更に早まる点だけは良い話でもある。

 とにかく早く日本、東京でも抗体検査で感染実態を確認すべきだ。
昨年末には既に欧州でコロナ流行?! ーフランスで一ヵ月早い昨年末の感染者確認ー[2020年05月06日(Wed)]
気づかぬ内に周囲は感染者だらけというコロナ。「東京のコロナ感染ピークは2〜3月」「NYで初の感染確認時には一万人の感染者」とかの衝撃的な話も当然だったようだ。フランスで昨年末の12月に既に感染拡大していたと報じられたのだ。1月24日に欧州最速で感染者確認とされてきたフランスでも、1カ月以上前に感染拡大していたのに気づかなかった訳だ。この「潜水艦的」「感染力絶大」な感染状況こそ新型コロナの特徴だから、考えてみれば当然の話だし、これでますます中国の情報隠蔽による対策の遅れが被害を拡大させた責任が追及されよう。これは中国や犬のWHOや韓国には大変に都合が悪い情報だ。

 フランスより中国に近い日本でも12月には感染拡大していたのか。12月末の私の鼻カゼも単なるカゼでなくコロナだったりして。ならば抗体を持っているはずだ、私も。それなら良いのだが・・・。
 既述の「既に東京に150万人の累計感染者、既感染者・抗体獲得者」といった話も外れていないのだろう。既に東京都民の約一割が既感染者というものだが、もしも東京都が把握するコロナ死者の約150人に2〜3月の東京の第一の感染拡大のピーク期とされるものの感染者を別に更に150万とすれば、計300万となる。これはNY市民20〜25%が抗体保持というNYの抗体検査の結果に近いから、単なる大げさな話とは言い切れまい。

 これらの情報はコロナに対する考えを抜本的に改めるモノで、韓国やWHOの大ウソ宣伝も一切広めてはならないと証明されるのだ。この期に及んで未だに中韓WHOといった中国ウソつき陣営のウソ宣伝を続けるTBSなどの反社会的勢力を排除もできない日本社会とは何なのだと改めて思う。
 「感染力絶大」で「把握が困難」の潜水艦なのだ、新型コロナは。だからWHOや韓国と言った中国の犬が宣伝する「PCR検査でコロナ封じ込め」など元からムリの大ウソだし、中韓的な国家主義的方法で封じ込めれば感染拡大防止可能、といった話も大ウソだったのだ。そのウソが中韓の春の休暇中等の狂った大変な人出の口実だが、日本のスパイTV局は中韓のウソ宣伝のオウム返しばかり。「中国の一億人の人出は心配だが韓国の賑わい?は正しい」式の。両方ともウソで狂っているのに。
 PCR検査とは水面に浮上してきた潜水艦を捉えるだけ、水面下に深く潜むから潜水艦の意味があるのに。最近の性能の良い潜水艦が浮上する事はメッタにないし、そんな潜水艦に攻撃された時にはモウ完全に手遅れ。韓国の「PCR検査でコロナ封じ込め」とは大ウソどころか、水の下にいる相手に水面の上の敵を捕らえる水上レーダーを照射していたようなモノなのに・・・。

 さて、「感染者数は発表の数百倍(日本)」「気づかぬ内に感染ピークで百万人感染(東京)」「感染拡大しても一ヵ月以上気づかない(フランス)」「最初の感染者確認の時には感染者1万人(NY)」等は全て本当で全く驚くに値しなかったのに、衝撃的と受け取ったのは、根本的に考えが間違っていたからだ。それを如何に修正するか。これで中国やWHOや韓国の大ウソも排除しなければならない。
 一刻も早く日本の抗体検査と結果発表が望まれる、安倍や厚労省といった中国や韓国の犬が邪魔するかも知れないが、それを排除しないとな、まず。日本のPCR検査の拡大を邪魔したのも韓国のスパイらしいし、その排除が最大で最優先のコロナ対策なのだ。
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml