CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 官僚組織と人事 | Main | 中国文化への嫌悪 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
中国・ウイグルのハイジャック[2009年08月10日(Mon)]
中国青海省チベット人居住地域で肺ペストが発生したと思ったら、今度は「ウイグル自治区でハイジャック」との報が流れた。またまた少数民族居住地域での事件だ。雲南省イ族地域の地震、青海省チベット人地域のペスト、そして今度のウイグルでの乗っ取り。天災・人災がこうも続くとは。
 赤色帝国、千年遅れた漢民族の国に無理やり植民地支配され、抑圧され、食い物にされ、貧困にあえぎ、経済発展の恩恵・利益にはまるで浴せず、移住・侵入してくる漢民族との格差は巨大化し、結局は奴隷的な状況に置かれる中国の少数民族。折からの世界不況も重なり、多くの少数民族居住地域を含む地方部の失業者は膨大な数になる。そこに北京五輪期からの締め付けの強化だ。不満は極限に達しているだろう。しかも、ウイグル人は、最も共産党や漢民族とそりが合わないのに無理やり我慢させられている「イスラム教徒」だ。

 「漢人へのイスラム教徒の憎悪」
 東南アジアのマレーシアやインドネシアはイスラム教国。中国系の多い都市国家シンガポールがマレー系住民から憎まれ都市ごとマレーシアから追放された話に関して述べてたが、イスラム教徒の漢人への憎悪・反発は強烈だ。日常的な対立の理由を簡単にまとめよう。
 ・豚肉食
 豚が大嫌いなイスラム教徒に対し、豚が大好きな漢人。豚インフルエンザの折にも書いたが、イスラム教では豚は「ケガレた生き物」として大変嫌われ、当然食べられず、飼育さえ嫌がられる。一方、中国人はやたら豚を食べる。日本の「招き猫」に相当するものが「金の招き豚」だったりする。中国人はそれを知りながら、豚の飼育から解体、販売、料理、豚肉食まで、イスラム教地区でも強行・強要するようだ。イスラム教徒には「悪魔のシワザ」だ。
 ・悪徳商法
 イスラム戒律は厳格で預金の利子も許さないのに、漢民族の商法はドロボー商法。イスラム教徒から見れば、これもまさに「悪魔のシワザ」だろう。
 ・飲食制限の無視
 イスラムの飲食店では酒は制限されるが、中国人は戒律など無視して横暴に酒を要求するようだ。特にイスラムの断食中は、日中の酒はもちろん食事も強く制限されるが、中国人は当然に無視・軽視する。

 「共産主義の宗教敵視」
 日常の対立が絶えない根本的な理由は、単に漢人が傲慢で無秩序な為だけではない。「宗教はアヘン(麻薬)」といって信仰・宗教を否定する共産主義者である上に、原始的な祖先崇拝しかない中国人には、イスラム的な宗教上の厳格な戒律の順守の重要性が分からない。しかも、植民地人としてイスラム教徒を根本的に差別する状況では、中国人とイスラム教徒との平和な共存など無理だ。
 イスラム教徒にはイスラム信仰こそ生活や人生の全てを決めるものだ。ウイグル騒乱後は治安名目でモスクまで閉鎖、礼拝が中止された。ウイグル人は自分達の全てを否定された気持ちになったそうだ。そんな少数民族地域に漢人が無理やり入り込んで暴利をむさぼり支配者となって横暴を極める。憎まれて当然だ、特にウイグルのようなイスラム地域では。

 「中国の地下教会」
 中国の宗教弾圧と言えば、地下教会がある。赤色独裁政府の公認ではないキリスト教系の教会、信者組織を指すが、信者数は共産党員を超える勢いとか。最近は脱北者支援を責められて中国警察に取り締まられているが、これは弾圧の口実かもしれない。なにせ、「共産党より神が上」と考えるキリスト教徒だから、自分が神のつもりでいる共産党には大変に都合が悪い。赤色帝国を倒す上で、何らかの役割を果たすかも知れないし。
 赤色帝国の傲慢(ごうまん)は漢人の性格だけでなく、「神より偉い共産党」という、異常な思い上がり、異常な左翼イデオロギーにも支えられる。このような連中は天罰を受けて滅びるのが当然だ。

 一報が入ったばかりで詳細は不明だが、この事件は起こるべくして起こったものだ。注意深く観察したい。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/95
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml