• もっと見る
« やはり反日外国人テロ ー靖国汚濁事件動画中国で大好評ー | Main | パー券購入外国人完全公表せよ ー検察は名簿リークをー »
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
オレンジ色スーツで佳子様迎えたギリシャ首脳 ー佳子様ギリシャ御訪問ー[2024年06月02日(Sun)]
もはや日本外交を支えるのは私一人の力か? ソレでも日本は私に降伏しないで誤魔化すのか?!  
 ギリシャ初の女性首脳がオレンジ色のスーツで佳子様を出迎えだ。言うまでも無くオレンジ色は私のシンボルカラー。ソレを着て佳子様を迎えるとは、前回の佳子様ペルーご訪問の折の失態でペルーが私に破門され、準備に慎重を期したと思われる。「神の怒りを買うとまずい」とな。ペルー含む南米でも異常気象で各国に相当の災害が出て「ペルーのバカのせい」「神の怒りだ」かも知れないが、キリスト教圏とはそんなものだ、ギリシャ含めて、朝鮮人影支配の日本や日本の売国メディアが理解しないフリするだけで。今回は障害者施設でも前回のような失敗は見られないどころか、ギリシャ全体が国を挙げて佳子様大歓迎のムードで、その様子が日本の売国メディアでも連日報道された。佳子様の背後に私の存在を見ている訳だが、当然だな、佳子様と愛子様は日本の女性皇族の中でも特に私が重視しているから。ソノ佳子様が皇室改革が間に合わずに御婚約で皇族離脱となったら目も当てられないぞ。


 「台湾危機でも外交に力を入れ武力に頼るな」式のカビの生えた死に体の中韓寄り売国ハト派議論がマダ日本の売国TV等では続くが、自分が持ち上げる外交が分かっていない。世界の原則は一つ。

「力の背景のない外交はない(成り立たない)」

 日本は第二次大戦中の南方への勢力大拡大の厳然たる例があって怖がられていた上に、戦後の経済大国化でばらまく金もあった、アジア一の。コレラが日本外交を支える力だったのだ、外務省の小役人の売国行為でなく。特に「戦後の平和国家としての努力が日本の評価を支えた」とは外交を支える真の力を考えると正に真逆だったわけだ。コノ事は中国の経済成長や軍拡や領土野心や政治謀略の急拡大で露わになった。その南方のASEAN諸国等でも政治屋や高官は中国や属国の姦国のワイロ漬けになり、「日本のマジメな経済支援では私腹が肥やせない」と相手にされなくなった。本当は「モウ日本は攻めてこない。怖れるに足らず」なのにな。日本の平和国家かを画策したのは結局は反日の中朝スパイだったのに。私は南方進出と対英米戦に反対した海軍の系統の考え方だが、外交の真の後ろ盾は軍事力という世界の真実は全く否定しない、何せ非陸軍とは言え海軍系だから、「神の力」という究極の背景に触れなくとも! インドネシアでも「日本の鉄道技術は世界一と油断した」とか抜かしても油断とは優勢な者の話。日本の外交を支える影の力、特に後進国では最重要のワイロ配りなどの政治謀略力等と更にその背後の軍事力宣伝などは当然ながら劣後していたのだ、中韓に露を加えた反日連合等に。インドネシアではアラーの神の力を思い知らせねばならないだろうから、盛んに噴火や土砂災害が起きるのだろうよ。だが、英米始め他の世界でも似たものだ。何せ世界の政治屋もマスコミ屋も広告収入やワイロに弱いからな。
 そこで私の重さが相対的にも絶対的にもマスマス大きくなった訳だ。昨年までの私の誕生月5月の各国首脳の日本集合等も見ても分かるように、モハヤ日本外交も私なしには成り立たない所まで来た。にもかかわらず、日本政府は私が稼ぎ出す外交の背景の力を全て私が嫌がることに使って神の怒りを買うだけ。だから一度滅ぼして出直せ、神に降伏しろと書き、石破がソレが出来るか否かが焦点なのだ。降伏か滅亡かの二者択一に近いのに、世界最悪の政治愚鈍のクソ日本人は。

 繰り返すがオレンジ色はタイでは一般的な誕生曜日占いでの木曜日の色、私の誕生曜日の色だ。今年も偶然にも誕生日の5月30日は木曜だったが、本当に偶然かね。このオレンジ色の衣服の話はペロシや菅直人等の感心できない政治屋が私の側だと演じる場合にも良く出るから散々書いてきた。日本の外交という私が感心できない奴らがやることに関してソレがマタ出たのかね。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/5099
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml