CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 今度こそ目減り国債を −欧州経済危機の深刻化− | Main | 橋下大阪市長誕生   −橋下独裁発言大賛成− »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
タイ洪水復興計画始動 -治水・金融で日本全面支援-[2011年11月27日(Sun)]
日本が全面的に支援するタイの洪水対策・復興策が動き始める。複数のタイの関係要人が直ぐ訪日し協議を始める。治水対策と金融支援策が主な内容として報じられる。治水は日本の「JICA(日本国際協力機構)」が当初から計画策定に参画し、同じく日本でのタイ国債(復興債・サムライ債)の発行等でも日本の「JBIC(日本国際協力銀行)」が強力に支援する事がほぼ決まった。

 「治水と金融の対策」
 東日本大震災の復興に比べ早い動きだが、一応、私がブログで述べた意見が実現した形にもなっている。
 ・治水
 洪水が起きたチャオプラヤー川流域の治水では、(上流部では)河川の拡幅や遊水地の整備、(下流部では)放水路(人工河川)の新設等が検討され、緊急を要するモノは来年6月頃からの雨季の前に着手するとの事。チャオプラヤー川下流部付近に位置する首都バンコクの防衛を最重要課題とし、工業団地が多いバンコクから70キロほど上流の古都アユタヤ付近も大規模工事の対象になる。
 日本のJICAは治水計画策定段階から参画し、来月から1年半の予定で治水計画を策定すると報じられる。
 このような迅速な動きを東北の被災地でもやってほしいが、山本弘のような奴ばかり目立って。「治水は日本の最も得意とする所。私と最も縁の深い領域だからサボるな」とハッパをかけたカイがあったか? 私の提言をほとんど実現できない民主党ド素人政権に比べ、中進国のタイの政権の方が有能だったか? 日本の役人よりタイの政治家の方が私に対して従順だっただけか?
 ・金融
 「カネ余りの日本の資金を被災企業へ」「日本のカネの融資にタイが保証や利子補給を」とかも書いたが、これはJBICが日本国内で売られるタイ国債に保証をつける形に変わって実現しそうだ。日本で発行される円建て外国債「サムライ債」で、タイは1000億円規模の発行を目指し、JBICは保証だけでなく一部国債の直接引き受けの可能性もある、と報道されている。日本では復興債の日銀引き受けも出来ないようだが。
 以前、私がタイなどへの国際支援関係機関の強化・一元化等を唱えた後、JBICの独立性回復?等があったと記憶するが、やっておいてよかったな。
 考えてみれば、私は東大の経済学部卒だった。同窓生の多くが金融関係に行っていたから、こちらも縁の深い領域だった訳か。忘れがちだ、私は公共事業関係の官界の人間だからな、生まれる前から・・・。

 「来日タイ要人」
 間もなく訪日するタイの要人は、タイ政府の
 ・水資源管理戦略委員会 委員長 キティラット副首相 
 ・復興戦略策定委員会 委員長  ウィラポン元財務相
 と報じられる。
 大洪水が収束していないタイから動けぬ若い新人女性首相にかわり、前者(副首相)は治水事業関係の実質的な最高責任者、後者(元財務相)は金融対策関係の実質的な最高責任者としての来日と思われる。
 これはタイ政府の本気度を示すものだ。ほぼ、復興事業の治水と金融は、報じられるような方針で、このまま推進という形になろう。 

 「高速鉄道問題」
 しかし、訪タイ前の9月の私の強い怒りの直接のきっかけとなった「高速鉄道問題」はどうなったのだ?
 「中国式殺人高速鉄道を導入しタイ人多数を殺す計画」だ。これを白紙に戻して安全を確保できる「日本式新幹線」にし、「中古車導入」等によるコストダウンも図らねばならない。安全第一の超高速公共交通機関に確実に事故を起こす中国製粗悪品など絶対に許されない。大洪水後の出費の増大で新車の大量導入も無理になったし。
 それに、中国に多額の出資をさせれば「世界最低最悪の組織・中国鉄道省のタイ版」をタイ人が自らタイに導きいれる事になり、腐敗やスパイ活動がやりたい放題となる。これは絶対に防がねばならないし、そんな悪の計画は絶対に白紙に戻して全面改善せねばならない。
 洪水復興事業(治水・金融)と並び、それもやれ。今後、タイ政府は日本のJICAやJBICと密接な相談が続くのだから、そのついでに高速鉄道問題でも並行して相談せよ。首都から北部に向かう路線なら被災したアユタヤ付近も通るのではないのか? この話を外せば元も子もない事は忘れるな、タイ政府も日本政府も。
 すでにJR東海あたりに話は通したのだろうな。新幹線では、中国と結び付くJR東日本はあてにならないし。東日本にはバンコク等の都市鉄道で支援させろ。中古通勤型電車という宝の山を抱えているのだから。
 ・中国は自然に撤退する
 私が最も重視する話だ。タイ人は仏罰を見た直後である点も忘れるな。中国も内々にはこの問題への深入りはマズイと分かったはず。中国国内でも高速鉄道建設は実質中止。中国の不動産バブル崩壊で政府自体が火の車になりつつある。他国への出資の余裕はない、崩壊寸前名のだから。表立っての中止ではメンツがなどと、この期に及んでもわめくのか、赤魔は。ならば内々に撤退せよ。誰にもわからないように消えろ。
 ところで、山本弘とは、このような面で雇われたスパイかと疑われてもいたしかたない、まるで無駄な抵抗だったが、大きな仏罰・天罰の連続の前では、天のお力、仏の秩序の前では、チンピラ作家ごときでは。中国が殺人高速鉄道で人を殺したり、ASEAN諸国を植民地化したりして極めて汚いモウケをするのを邪魔させないために・・・。 
 スパイといえば、東京の鉄道関係者上層部の一部は既に中国に取り込まれている。東京には中国に新幹線車両技術を売ってしまったJR東日本の本社もある。「JR東日本は売国企業」との評には、そんな背景もあるのか。上で、旧国鉄系の本家筋のJR東日本でなくJR東海の名を出したのは、台湾に新幹線技術を輸出し中国と距離を置くという事実を重く見た為でもある。

 「韓国スパイ情報活動の追放」
 タイへの批判の根本原因の一つは、日本の敵である韓国とタイとの関係だった。タイは韓国の最大の債権国になり、タイでも韓国のスパイ情報宣伝が吹き荒れていた。この惨状を速やかに是正・改善せよ、またこれだけ日本に助けてもらうのだから。そうでなければ更に仏罰を食らうと考えよ、当然の因果応報だろうから。この辺がスパイを使っても「天罰説」を否定しようとする原因の一つか。
 これと同じ背景を持つ問題だから、私はタイ人の日本研修も急げと唱えるのだ。言論無能の日本は特に国際的な情報伝達が全く下手。今までタイ政府も何もできなかった。タイの経済国防に極めて重要なのに・・・。 
 タイのテレビ局等の韓国との連携・癒着などは原則すべて断て。表ざたにしたくなければ内々にやめさせろ。私が見た限り、日本の8CH(フジテレビ)に相当するのがタイでは7CH。BS日テレやBS朝日のように最も多く韓国ドラマを流す局はまた別で、見た限りでは3CHだ。できれば、このような局にクーデター軍兵士が向かう前に、現政権のもとで是正せよ。



 「私の感想」
 自分の提案通りに国政が動けば、普通の者なら喜ぶだろう。「どうだ、すごいだろ!」 最近は、そんなシロウトが政治家や大臣をやるので困る。
 しかし、私にはシロウトとは別の感想がある。
 「私が脅かすような事まで言って強く促さないと何も進まないのか、この国では!」
 政治無能も、ここまでくれば芸術品だな。博物館にでも入れたら? 
 「モノツクリでは世界一の日本人が言論や政治ではガキ以下」という、極めて珍しい物として。
 しかも、こちらがどんな貢献をしてもタダ乗りに近い状態だ。「頼んだ訳じゃない!」か? 政治無能の赤く汚れた草取り百姓め。殺そうとしたままケジメもつけていない相手のおかげで恥ずかしげもなく助けられ続けるとは。

 それにしても、また、様々な者が得をしたようだ。タイは当然だが、再びプレゼンスが高まり、その分あまく見られなくなる日本もだ。事業がらみの受注だけでなく。この状況ではASEAN植民地化を狙う中国もケチをつけにくい。今回の歴史的大洪水が鉄道がらみだけでなく、中国のASEAN進出侵略策動全体への天や仏の警告とする解釈も、当然あろうから。世界を侵略しようとする中国でも、エタイのしれない「天罰」という恐ろしい「地雷」は避けて通りたいのだ。
 また日本は決定的な外交力不足を補ってもらったか? ならば、いい加減、私に償って和解しろ。言い訳ばかりしないで。利用するだけなのをやめて。賠償も犯人処罰も私の人生の再建も何一つ進まないぞ。
 これではスパイを使ってイヤガラセをさせて泣き寝入りさせようととするわな。せめて黙らせたいと、様々な奴らが。敵国スパイだけではない。そんな者が日本にも残っていたろうから、少なくともフジデモや中国鉄道事故やタイ大洪水の前までは。
 こりゃ、やはり、タイ軍に日本でクーデターを起こささせて悪い小役人どもを締め上げ償わせねばな。山本のような者もスパイ容疑でMP(憲兵)にでも検挙させねばな。あくまで空想小説だが・・・。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/483
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml