• もっと見る
« 皇居千鳥ヶ淵の桜の危機 ーやはり最低のウソ看板「観光立国」ー | Main | 指揮官とは何か ーWBC監督の評価ー »
<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
遊就(ゆうしゅう)館 ー靖国の博物館・展示施設ー[2023年04月14日(Fri)]
「遊就(ゆうしゅう)館」 靖国神社の博物館・展示施設で、多くの戦争遺品等を展示する、キレイな施設。戦死者の絶対数が多い陸軍系の展示が多いかと思ったが、実際に訪ねるとタイメン(タイ・ミャンマー間)鉄道用の蒸気機関車や故・松本零士の原稿、海軍のゼロ戦の実物などが玄関が無料展示コーナーに並び、同所の軽食堂でも海軍カレーが出されていた。
 無料展示コーナーでタイから戻ったC56型蒸気機関車(既述)や2種の旧陸軍の重砲(150_砲)、旧海軍の空母「翔鶴(しょうかく)」の模型などの写真を多く撮り、黄色い海軍カレー(明治期のレシピの復刻版)と紅茶のセットを注文し、閉館寸前まで居て帰った。私にとっては実に興味深かった。
 これなら宗教色も無く、反日外国の政治問題化の口実にもならず、第一がウソをつけない遺品の現物、学ぶべき真の教材。もっと多くの者が見るべきと思うが、平日の午後でもアリ、ズイブン空いていた。私はその方が落ち着いてみられるしコロナも気にせずに済むので良かったとはいえ。静かな雰囲気が合うのだし。

 しかし、ココまでで済まないのが私の文章だ。無料展示コーナーの展示の内容は結局は私に関わるモノばかりだったから、既に気づいたとは思うが。
 第一がタイから戻ったC56。私とタイや鉄道との縁は書くまでも無い。
 松本零時の代表(関与)作は私に深く関わる「宇宙戦艦大和」や「銀河鉄道999」。
 ゼロ戦とは言うまでも無く「海軍の零(れい)式艦上戦闘機」。
 二つの陸軍の重砲も口径150_だが、砲身長が違うのを比較できるもので、ウクライナ戦争の当初にココで「同じ口径の大砲でも砲身長が違うと性能も用途も違う」と米軍供与の155_砲に関して75_の対戦車砲と榴弾砲の比較などに触れた折に書いた。それソノモノの展示だったわけだ。

 私のための展示だなと感じたほどだ。これなら反日国も文句は言えないだろうし、有料区域に入れば入館料や飲食代が維持管理費等にもなるし。


 コレを見ても、靖国側もトウに私の考えは分かっているはずだ。靖国A級戦犯騒動は愛国タカ派を装った朝鮮系スパイによる自作自演の国際反日宣伝スパイ活動ではないのかと。
 私は敗戦国だけの責任を追及し自国の罪に触れない戦争裁判の米国の態度に絶対に反対。直接の死者(焼死や窒息)だけで百万人以上の日本の大半の都市での非戦闘員の一般市民の大量虐殺を狙う無差別焼夷弾空襲は、有色人種を人とみなさず奴隷化して国を築き、トニカク日本人が殺したいという残虐極まりない反日ナチの米人の戦争犯罪でアリ、世界人類史上最悪の大虐殺。東京大虐殺では数時間の空襲で12万人を殺し、被災者数は数十倍、そこに敗戦後の米占領軍の残忍な性的暴力が入り込んだ。その責任者の空軍のカーチス・ルメイや原爆投下の責任者の民主党の自称進歩派のトルーマンは死体を墓から引きずり出して銃殺すべきだ。神の言である。死体の銃殺は無理でも墓の周囲の街を巨大竜巻が掘り返す程度は有り得る、実際に。いや、既にソウなったかもな。私の言は現実となる、時や形に差はあれ。
 だが、日本国内の責任問題は別。「日本が突然に襲ってきた」という米国がデッチ上げた大ウソ史観は喜劇役者の素人ウクライナ首領の真珠湾演説と同根で戦勝国側のデッチ上げ。ユダヤからも中国からも英国からも参戦を促され戦争がしたかった親中の米国の民主党ルーズベルト政権の徴発と誘導の結果だ。とは言え、戦争は日本政府が手続きを経て始めたモノ。戦争犯罪者でなくとも開戦の責任者はいたはずで、それが陸軍系のいわるゆA級戦犯(戦争の犯罪は裁けず)と重なる。私は靖国の英霊を尊重するが故に抵抗が残る。皇室も参拝できる環境に戻すべきだ。愛子様にも佳子様にも参拝いただけるよう。
 私は政府の最高指導者より更に上位に立つべきモノだが、同時に朝鮮悪魔へのイケニエにされ続ける者でもあり、立場は無理無謀な作戦で涙をのんで戦死させられた無名兵士に近い面がある。「ネジレ」。極めて多くの無名(有名ではない意味)の戦士の英霊の側に立つ私は、やはり開戦の政府の責任者等には遠慮してもらいたい。野にさらせとは言わない。既に罰を受け靖国で眠る霊を乱暴に抜き出すのかと当初は感じもしたが、実際には厚労省の出す名簿に名前があれば合祀という手続き形態だと知って考えが変わった。遺族に説明して別の社にまつれば良いだけだ、無数の兵士の霊とは別に。それとも、ウクライナ戦争や台湾危機対策の国防策で私が果たす役割を見た後でも、私の言を無視するのか? 第8師団長ヘリ遭難の後でもか? 普通なら極めて深刻な話だが、「神の集中制裁期間」のコノ期に及べばな。少し休みたいので書いておく。

 遊就館にはまた行きたい、現状では本殿参拝は年に一度が限度でも。博物館は行っても参拝せずでは本来なら本末転倒だが、遺品はウソをつかない戦争の証拠、正に祈念(きねん)品。桜の美のようにウソをつかないが、桜の管理に手を抜いてツブしておいて口で「観光立国」と言うのと同じ奴が多くて困る。英霊尊重、靖国参拝と言いながら韓国反日カルトと癒着する裏切り者に媚びるな。朝鮮系凶悪テロの犠牲者の切なる願いだ。日本女性差別国家宣伝のウソ宣伝のように韓国が裏で糸を引く「靖国A級戦犯騒動の国際宣伝」の疑いを今は強く持つ。「日本は戦争を反省しない国」との宣伝になるから。本当に靖国や英霊を大切にするなら騒動は避けるのが日本人なのに、ここでも朝鮮的なズサンと無神経カネ!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/4597
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml