• もっと見る
« 結局は姦国の手先の新内閣 ーコロナ対策の経済再大臣もTV局監督の総務大臣も統一教会癒着ー | Main | 「後出しジャンケン」山際コロナ大臣は川崎選出 ー統一教会癒着のコロナ大臣 ヤッパリの選挙基盤ー »
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
北海道宗谷の地震で最大震度5強 ー北海道では2019年厚真の震度6弱以来 統一教会癒着疑惑大臣多数の内閣改造と統一教会日本会長の大ウソ会見の直後ー[2022年08月11日(Thu)]
おやおや、最初の大揺れより次の揺れが大きいとは、正に天罰、まるで熊本大地震のようだ、2016年4月13日の渋谷事件の翌晩と翌々晩の。0時35分に北海道宗谷でM5.1の地震で最大震度5弱、直後の0時53分に同地域でM5.3の地震で最大震度5強と来た。同地では初めてと感じる大きな揺れとか。

 朝鮮系の都知事や区長や朝鮮宗教団体癒着の文科大臣の地元の東京で警察屋の起こした2016年4月13日の渋谷事件では、翌晩と翌々晩に熊本大地震、ちょうど6ヶ月後の10月13日に神様扱いのタイ9代王の崩御、そして米国の政権交代と続く大変動が起きた。米国でQアノン等が出て来たのもこの頃だそうだ。所詮イナカモノで視野が狭い日本人には全く想像も付かないようだった、自分らが朝鮮人を野放しにして引き起こした結果の世界的大事件の責任なんぞな。
 今回の地震も正に天罰だ、コロナ対策の大臣やTV局監督の大臣が軒並み朝鮮統一教会癒着を通じて韓国汚染だとか書いていた時だし。しかも、このブログも今は特に反応が遅いだけでなく、書いた文章が記憶されずに何度も消えて書き直しになる異常事態が続いているし、よほど朝鮮人や協力日本人に都合の悪い話なのだろうよ、政権与党からして深刻な朝鮮汚染ではな! 怒りは激増だ。そんな中で起きた大地震だ、しかもマタマタ不思議な一致が幾つも重なる。

 1度目より2度目の揺れが大きいこと以外にも今回の地震でマタゾロの不思議な一致の重なりがあるのに気がついたのは、NHKの地震特番やデータ放送を見て。データニュースで「北海道で震度5強以上は2019年2月の胆振地方の地震で厚真町で震度6弱を観測して以来」と読み、同時に特番の電話インタビューの相手が今回の最大震度5強の中川町の「浅田健」とか名乗る総務課(総務財政課?)職員だった事からだ。厚真と浅田。浅田真央の名の字が入る厚真の大災害・北海道ブラックアウトの厚真・・・。
 何度も触れた2018年梅雨〜秋の大災害、「真備と厚真の大被害」。西日本の大水害、2018西日本豪雨(平成30年豪雨)による洪水では特に岡山県の「真備町」で被害が大きく、当初は死者の大半が真備に集中した。その約一ヶ月後の2018年9月6日深夜(未明)の北海道胆振の大地震では最大震度7の「厚真町」で土砂崩れで死者が多数出ただけでなく、近辺の北海道電力苫小牧火力発電所の停止が北海道全土の一斉停電「ブラックアウト」の大騒動を招いた。コノ地域は地震が少ないから発電所も立地したはずだったのに。この二つの大災害の地名には「浅田真央」の「真」の字が入るが、「真備と厚真の大災害」はその年末〜年始のNHK「行く年、来る年」でも取り上げられた程だ。私の文章・ブログでオナジミ、姦国のために母親まで殺されたも同然なのに自身にも朝鮮系疑惑がかかる複雑な浅田真央、志村けんバカ殿様姦国焼酎持ち上げ事件の後に志村がコロナで急死した話の浅田だ。ここでも縁が深い人名と共通の字が入る地での連続大災害は到底偶然とは思えず、「天罰」「神の警告」と考える話は何度も書いた。
 これは、2019年10月12日夜9時過ぎ、東京の我が家の真上をマレに見るコースのマレに見る巨大台風、令和元年東日本台風・19号台風(統計開始後最大の被害)が通過という異常事態が発生し、その通過の時刻が、中条あやみ主演の特番短編ドラマ「本当にあった怖い話 20周年スペシャル」の冒頭の中条の出る編の放送時間だった話と並ぶ異様な一致と記憶する。このため私は正式名はフィリピン語「ハギビス」の令和元年19号台風を「あやみ台風」と呼ぶが。

 今回の北海道地震でも、そんな「初めより次が大きい熊本地震と似た揺れ方」「真備と厚真の真備の揺れ以来の震度5強」「電話口の職員名が浅田」と、幾つも幾つも一致が重なる。しかも世界的政治変動の起きた頃とマタ似ているとは。統一教会汚染の反省での内閣改造でも尚、朝鮮汚染議員が姦国絡みで重要な大臣になって激怒し、しかもソレが統一教会日本会長が盗っ人猛々しい記者会見で大ウソ言い訳のオンパレードだった日の直後の夜だ。
 繰り返すが、通常は保険の世界などでは百万分の1より小さい確率の話は普通は起こらないと考えると。百分の一を3回掛け合わせる確率だ。すると今回は何回掛ければ良いのかね。まさに天罰、神の警告。神か仏か宇宙人か未来人か分からないとしておくが、何らかの意識体が意図的に起こしたと考えねば逆に説得力が下がる話。正に神の意思だ。奇跡だ。天罰だ。間違いない。疑いようが無い。それが私の考えと連動しているのだ、天罰とが。

 さて、イイカゲンに人類は神に降伏しろ。特に足下で最大の私のオカゲをコウムリながら私を朝鮮悪魔への生け贄にした惨状を今も続けるクソ日本人の政治の代表の岸田。トットと神に降伏しろ。それに比べればコロナ大臣と総務大臣の交代くらい全く簡単、へのかっぱ。とっととヤレ、今日中に。でないと統一教会問題改造内閣の意味が皆無になり、岸田政権の意味も無くなるぞ、元から消えかけて「降伏内閣」の意味しか無かったはずなのに。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/4370
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml