CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« タクシン元タイ首相来日 −親族政権誕生を受けて − | Main | 中国高速鉄道・最高速度全面引き下げ −温州高速鉄道大事故後の対応− »
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
チベット僧侶焼身自殺[2011年08月16日(Tue)]
中国・赤色帝国に植民地支配されるチベットで若い僧侶が焼身自殺した。中国紙の英字版の報道とのことだが、中国紙が報じるくらいだ、裏がある可能性がある。実際には更に激しい抗議運動が進行中なのか、それが発生しようとしているのか・・・。先日のウイグルでの殺傷事件も、あくまでウイグル人のテロとされているが、その背後には大きな弾圧や抗議運動の激化があることは間違いない。

 共産党支配の生き残りの為だけの中国の無謀・無責任なバブル政策で必然的に発生した現在の大変なインフレ。それが不動産だけでなく、生活必需品の価格を高騰させ続けている。これは中国が支配するあらゆる地域に及んでいるはず。特に、植民地支配される少数民族地域では事態は深刻だ。侵入した中国人(漢人)が経済権益をほぼ独占して地元の少数民族(地元では多数派)を搾取・圧迫して支配している。その上での物価高騰は少数民族には特に厳しいはず。食う物も食えなくなっているのではなかろうか。水増しで経済大国を演出する中国で、少数民族貧困層には重度の栄養失調症はもちろん、餓死が出ている可能性すらある。

 そんな中での反抗の激化は当然だ。仏教王国のチベットでの僧侶の焼身自殺は、大きな結果を招く可能性がある。ただ事ではないはず。注視すべきだ。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/402
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml