CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 野戦病院的臨時コロナ療養施設の準備は? ー対韓対抗措置同様に口だけかー | Main | オミクロン型ついに国内で確認 ー想定通りの悪いシナリオ 外国人入国禁止では済まぬ日本政府の準備不足ー »
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
オミクロン型変異種の命名まで中国にソンタク ー習近平の名と重なる「クサイ」避ける コロナA級戦犯WHOを即時廃絶せよー[2021年11月30日(Tue)]
コロナ渦A級戦犯のWHOを即時廃絶せよ、IOCと共に。習近平と名が重なると「クサイ」を「オミクロン」に変えたのだと。世界を死体だらけにした中国の手先の組織が、今度は新変異種の命名でまで赤い悪魔にソンタクとは、もう完全に神の許容限度を超えた。ガマンならない。
 新形コロナの変異種の名はギリシャ・アルファベットから採っており、「アルファ」も「デルタ」もそうだった。オミクロンの前はミューまで来ており、次は「ニュー」「クサイ」のハズだったが、「ニュー」では英語の新しいと混同されるからダメだと。問題は次。クサイは英語表記で「xi」で中国の習近平の名字の英語表記と同じだから止めたと聞く。日本語を使う私としては悪臭を意味する「クサイ(臭い)」は完全にマトを得ているので大歓迎、「オミクロン」よりズッと良いのに。なのにダメだと。
 「地名や人名は避ける」とかWHOは言い訳するが、ならば「デルタ」も「三角州」の地名と重なるはず。大河川の河口付近に多いデルタ地形。当然に世界各地の地名でもあるはずで、「地名や人名はダメ」の言い訳はダメなのだ。

 しかし、中国の首領が「クサイ」とは、コレも神のハイザイだな。日本語が分かる者には意味が分かるとは。私には分かるとはな!

 さて、トランプの「米国のWHO脱退」は正しかった。乱暴とか国際秩序軽視とか批判されたが、国際秩序を破壊するのは中国だから、その手先のWHOなんぞ廃絶した方が良いのに、脱退に留めていたトランプはムシロ穏健な方だった。それを元に戻したバイデンは最悪の眉中勢力だったのが、今回のWHOの「習近平の名を避けて新変異種を命名」の事件でも明白なのだ。さて、どうする、米人どもよ。キサマラは反神ナチの大罪も償わないうちに、こんなヤツを大統領に選ぼうとしたのだ。そのバイデンが中国の手先の韓国の極左首領を甘やかしたために聖地は朝鮮人テロだらけとなり、皇族の姫君まで韓国人が誘拐同然。どうケジメを付けるのだ、米人!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3937
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml