CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 一見強硬な「外国人入国停止」もザル? ー対外封鎖も「特段の理由」で通り抜け可能ー | Main | オミクロン型変異種の命名まで中国にソンタク ー習近平の名と重なる「クサイ」避ける コロナA級戦犯WHOを即時廃絶せよー »
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
野戦病院的臨時コロナ療養施設の準備は? ー対韓対抗措置同様に口だけかー[2021年11月30日(Tue)]
昨年1月10日に「直ちに中国人入国停止を」と唱えたのに愛国タカ派で有事に強いと言われた安倍・菅政権が実施が何ヶ月も遅れて完全に手遅れだった事に比べれば、今回の提言直後の岸田政権の「外国人入国禁止」は早かったが、中身には疑問も残る。そして、それ以外では「野戦病院的臨時大規模コロナ診療施設」や「自衛隊の全国的な医療施設への支援」も何度も唱えてダメだったが、保守本流官僚人脈に乗り「聞き上手」を自称する岸田なら、とっくに耳に入っているはずだよな。聞くフリではダメなのだぞ!
 「全体がスーパースプレッダー」と言われたデルタ型を更に上まわるとも聞く感染力絶大のオミクロン型変異種コロナの日本国内での感染爆発の前に、@「医療施設全般への自衛隊の人的支援や必要物資搬入」、A「大量の軽症や中等症の患者を大規模に受け入れ集団的に観察する野戦病院的施設」、B「下水道PCR検査」、C「国際空港の関門検査を抗原検査からPCR検査へ」、等々の準備状況を政府は具体的に示せ、言葉の誤魔化しがきかないように。自衛隊は何時から病院の手伝いに行けるのか、ドコにドノような野戦病院的臨時コロナ施設を想定し借り上げ交渉などの準備は如何なる程度なのか、下水道検査検体の実施と分析の結果の公表の策定、空港検査態勢の変更の意思表示、等々だ。

 「オミクロン型変異種は感染力は大でも症状が深刻ではない。怖れるに足らず」との話も聞く。「感染力は強いが弱毒化なら、オミクロン型変異種が強毒性のデルタ型などを置き換えてくれると助かる」とかの楽観論も出ている。だが、国際的な対南ア入国拒否に反対する南ア側(南ア政府等)の意見や希望かも知れないし、とにかく「油断大敵」。防災では「想定は悲観的に、対策は楽観的に」。「想定は悲観的にして想定外の言い訳を許さず、対策は楽観的にして最後まで諦めずに徹底を」が原則とは何度も強調したが、その都度、愚鈍で卑怯で無責任な売国の日本の政治屋や政府に裏切られた、コロナ対策でも。東日本大震災の復興策だけでなく西日本大震災の対策でもだ。
 だから「オミクロン型変異種は弱毒化しないまま感染力絶大」との警戒の想定を緩めてはならない。例え強毒でなく弱毒化していても「感染力絶大」ならば、大量発生する軽症や中等症の患者中心の野戦病院的臨時コロナ施設はマスマス必要だ。感染爆発時に逼迫するコロナ関連医療施設への支援には「ブルーインパルス」や「高級お弁当の差し入れ」以外に雑用労力の直接提供での支援などが必要なのだ。
 他にも「下水道PCR検査」等は新たなる変異種のオミクロン型コロナウイルスの把握にはチョウド良いと思うが、これもいつやるのだ? 幾ら水際対策強化と言っても「国際空港の関門検査が抗原検査のまま」では説得力不足だ。聞き上手の岸田なら聞こえているはずだ、とっくに!

 さて、どうする、岸田よ。私の問題もホボ手つかずのまま世界中がオミクロン型変異種の脅威という神の裁きを受けて厳戒(げんかい)状態だが、今まで2年間も厳戒(げんかい)だった世界人類は既に限界(げんかい)に近い、特に欲望に抑制の効かない白人も中国人も。その神の怒りが神と一体化した存在への日本政府の対応の異様な誤りが引き金とすれば、世界中が日本の政治屋や政府を許さない、コロナ渦の直接の原因が「武漢病毒研究所」の中国で、最も悪いのは朝鮮人で「コロナ渦はコリア渦」と知っていてもナ。さて、どうする、岸田よ。私の問題も解決できないヤツが、世界に評価されるか否かは分かるはずだ。私への賠償へ返金は日本人自身の身代金に近いとは、幼稚で表面的な脅しなんぞではないのに、クーポン券の事務経費で千億円とは。直ぐ私の問題の改善を実行せよ!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3936
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml