CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ワクチンで誤った安心感 安易な対策に走るな ー遅すぎ恥知らずのWHOテドロスの「ワクチン社会的副反応」への警告ー | Main | 「外交ボイコット」だけでは逆に危険 ー北京五輪「完全ボイコット」の必要性 選手を危険にさらす非完全ボイコットー »
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
ベトナム首相訪日 ー深刻な問題に切り込めるかー[2021年11月26日(Fri)]
タイと同じインドシナ半島(黄金半島)のベトナムのファム・ミン・チン首相が訪日中だ。ベトナムの報道では大いに持ち上げられ共産党独裁政権の手柄を誇る。朝鮮系らしきテロ続発の日本での扱いは差ほどではないが、ベトナムは反中の立場からも親日とされており、実際にその傾向は強い。私がタイに提案し続けている「日本語(日本文化)教育の徹底強化」はベトナムの方が先に「日本語を第一外国語の一つに」で採用しようとしている。だが、韓国企業の進出が激しく「ベトナム共産党幹部一族にサムソン経営者一族などが食い込む」「韓国の建設業者が中小公共事業まで受注して地元企業を育てないばかりか地元役人と癒着」との情報も既述だ。そこから「日本でのベトナム人組織犯罪は韓国の代理テロか」とも疑っている。ベトナム人の技能実習生や留学生の犯罪の多発は、主に中国文化圏の影響を強く受けてきたベトナム人の気質の荒さ(野蛮さ)によるとは思うが、それをヒドクするのが「暴利を貪る出稼ぎブローカー」。日本行きの高額の斡旋料を取るため訪日後のベトナム人が犯罪を犯す背景や口実になっているし、結果として借金返済のための日本での荒稼ぎを影で指南する(それを目的に訪日させる)怖れもあると警戒する。そして、おそらくは悪質な一部ブローカー等が腐敗した役人や共産党幹部一族などと繋がって保護を受けたりしているのだろう。そこの改善をさせないとベトナム人は多く日本で犯罪にいそしみ続ける結果とナル。果たして、日本の無能で売国の政治屋や政府は、訪日中の首相に突っ込めるのか。改善を約束させられるのか。自分の家にベトナム人窃盗犯が侵入しないとダメかね。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3921
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml