CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中国恒大の経営危機は氷山の一角 ー急拡大も破綻も「ザ・中国」 不動産バブルと補助金バブルに踊った中国的ズサン経営の当然の末路ー | Main | コロナ感染縮小はウイルスの自滅? ーウイルス増殖での自滅変異「エラーカタストロフ」の可能性 長期的な弱毒化でなくとも短期的な弱体化・自滅化?ー »
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
女性枠副首相や女性の内閣報道官は? ー女が半分の自民総裁候補ー[2021年09月22日(Wed)]
女が半分の自民党の総裁選候補だが、今の所は本命ではなく、他の候補が協力者として吸収できた可能性もある。私の持論の「女性枠副首相ポストの新設(常設化)」や「女性の内閣報道官制度」は有効だったはずだが、私は聞かない。タダ乗りの政策の採用はダメだからか、単に頭が無いのか。特に前者の女性枠副首相とは女性専任ポストだから対外アピールにもなり、「閣僚の何人を女に」とかカラ公約を出さないでも済む。それで野田を河野が取り込む手もあったように思う、野田は少々左翼的だがナ。
 野田は長良川河口堰反対のバカ騒動の頃から河口堰の地元代議士として知っていた。自民党最左派とか言われた旧称・三木派の所属で、三木は竹下派の源流の田中派の田中角栄とは犬猿の仲、河口堰反対の仕掛け人は三木夫人(未亡人)だったから、新米だった野田聖子も河口堰にも反対かと思ったら、反対せずだった。
 野田聖子は地元では当然の施設に反対しないのは以外とか言われる自民党としては異色の存在で、当時から異端派だったが、それは今も変わらない。左翼万能の時代が終わり、「ぶさよく」とネットでは左翼は軽蔑の対象でしかない時代なのに。当然、保守政党の自民党の総裁選でも本命ではない。だが、そんな野田でも女性団体などには受けが良いようだから、利用価値はあったかもナ。
 野田を女性枠副首相に据える約束で取り込めたかもナ、もう遅いけど。さてさて、どうなるやら。私の案のタダ乗りはダメだからな。真剣に私に問題に向き合わないなら全ての候補が叩かれる事にナル。こちらの話に向き合わないと選挙で苦労するか就任後に針のムシロになるか。真剣にヤレ。直ちに成果を出さないとイケナイのに、現実は逆だから、神は怒っている。台風14号ではとても済まないと書いたはず。神の怒りは具体化するぞ。見てオレ。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3854
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml