CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 自転車アオリ運転の犯人に実刑判決 ー快感のため犯罪とは許せないと判決ー | Main | 正和の死と逃げ恥婚 ー大騒動の芸能界と気になる話題ー »
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
5月の中国で強風災害続く ー異常な大気不安定の中国 竜巻含め各地で猛威ー[2021年05月18日(Tue)]
5月の中国の各地で強風災害が続発している。南から暖かい湿った風、北から寒い風が同時に流れ込んで大気の状態が異常なレベルで不安定になり、異例な強風が連続すると解説される。吊り橋のガラスの床が飛ぶなどの事件が続き、特に最近(5月中旬)には竜巻を含むと思われる突風・強風の災害が集中、武漢と蘇州(江蘇省)だけで死者12名、負傷者400名以上と報じられる、中国の報道ゆえ過小発表の可能性があるが。更に高層ビルも強風で大揺れし入居者が大量に避難と、中国のずさんさを突く騒動も続く。

 5月、正確には4月末からの中国での強風災害の集中発生は異様な程。一部だけ取り上げると、7日に吉林省延辺朝鮮族自治州竜井市の中国らしい外見だけで安全軽視のガラス張り観光用吊り橋のガラスの床の大半が飛ばされ歩行者が取り残されたニュースの映像は世界に広まった。ガラス張りの床が中国で流行で、東京スカイツリー等のガラスの床のパクリと思われるが、安全対策は不備で各地で問題を起こし、その弱点が強風に突かれた形だ。
 特に最近(5月中旬)は竜巻らしき強風・突風も重なり、コロナ渦の発生源の武漢でも14日の強風で被災地一帯が廃墟と化し、家屋倒壊27棟、破損130棟、15日時点で武漢だけで死者8名、負傷260名と報じられる。恐らく特定時点での過小発表で、実数は更に大きいだろう。武漢の被災地は工事現場で大したモノは無かったとされるが、単純に地域全体の壊滅の隠蔽かも知れない。何せ、「死者30〜40名とは死者が極めて多数の意味」の中国だから。コロナ情報隠蔽の武漢だけでなく。
 更に18日には深圳(しんせん)中心部で350m以上の高層ビルが揺れ出し多数の人間が避難し街中が大騒ぎ。共振現象による大揺れとされるが、強風が契機だろう。風等により建物の固有振動数の揺れという「ツボ」が押されると大型建造物が地震もないのに大揺れし崩壊するのは、1940年11月の米国の「タコマ・ナローズ橋」が有名な例で高校の物理の時間に聞いた。風で揺れて新しいタコマ橋が崩壊、以後の建造物の設計での対策のキッカケとなった80年前の教訓が中国では生かされず、昨年の同じ5月に新しい広東の「虎門大橋」が大きく揺れ出し通行停止になった。対策は十分だが工事用防御壁に風が当たったのが原因とか言い訳したようだが、如何にも中国的な見てくれだけで中身が危ない欠陥設計だった。今回の深圳のビルの大揺れ事件も同様だろうが、そんな欠陥を強風が暴き出して大騒ぎになった訳だ、神の風が。中国に対しては「電磁波攻撃機」なんぞ必要ないな。

 この様な話が中国の各地で起きている、私の誕生月の5月に。タマタマこの二つは映像が流れて有名だから取り上げたが、結局は何かの意思で起きたように感じる。武漢は世界中を死体だらけにしたコロナ渦の発生源、武漢病毒研究所の武漢だ。悪魔の街だ。吊り橋の破損は朝鮮族自治州での事だが、コロナ渦はコリア(朝鮮)渦と表現している朝鮮だ。しかも「風」による災害、我が家の猫が一体化したと信じる風の精霊によるものか、またまた。反日悪魔の韓国の首相のカサを羽田で折り飛ばした風。堤防決壊140カ所の巨大水害を招いた台風の風。正に「神の風」だ。それらの神の意思・警告が見事に私の誕生日月の5月に集中とは。2015日本国際賞の5月の29日(イブ)と30日(誕生日当日)の日本での火山島(口永良部島)爆発噴火とヒルズのエレベーターを止めたM8級の巨大地震を思い出す。

 これも神の意思だ。イイカゲンに人類は神の意思に従え。これはまだ警告だ。更に巨大災害が来る前に従え。見てオレ。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3639
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml