CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ブラウン管TVをむやみに捨てるな | Main | とにかく放送をやめろ −TVの熱中症殺人放送− »
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
冬季五輪開催地撤回を −震災サギ国策宣伝大会ー[2011年07月07日(Thu)]
冬季五輪開催地が韓国に決まったが、何としても白紙撤回させるべきだ。汚いワイロ攻勢やスパイ活動ででっち上げた決定など、ただ世界人類の恥なだけ。外国人の無知を利用し、東日本大震災の被災地のような顔をして「大地震の復興チャリチー開催を韓国で」とのイメージを暗に振りまいて利用した疑いも濃い。極めて悪質で大規模な「震災サギ」か。しかも、それで2年後の本当の被災国の東京開催が危うくなるのだから、まさに悪魔の仕業だ。無能極まる敵の手先の日本なんぞに何も期待しない。韓国の国策宣伝活動・韓国ドラマの最大の資金源の日本は大地震でもたたかれた。が、世界に神聖なもの、人間をはるかに超えるものを本当に信じ崇める者が100人に1人でもいるならば、この開催地決定に関する問題、不正・腐敗を暴きだし、決定を白紙撤回させねばならない。

 「異常な問題国・韓国」
 つい先日も、タイと同じASEANのインドネシアへの小型軍用機売却に絡んで韓国スパイがヘマをし、インドネシア代表団の宿泊ホテルの部屋に忍び込んで情報を盗もうとしたのがバレた。バカげたミスだが、韓国の侵入者が代表団と鉢合わせしたのだ。どんなに先進国を気取っても、しょせん「ケンチャンタ」(どうでもよい、適当でよい、いい加減でよい)という国民性の後進国だ、しかもテロ的傾向の強い。中国が東南アジアに汚い圧力をかけている状況下だし、赤魔中国との連絡も疑わねば。韓国は儒教など、強烈な中国文化圏でもあり。
 この事件では更にインドネシアに裏から圧力をかけ、韓国を強く非難させなかったようだ。韓国がやるのはこのような事ばかり。決してマトモな国として認めてはならず、当然に五輪開催など許してはならないはずなのに、国際スパイ活動に操られ、最も五輪を開催させてはならない国に決めてしまったのだ。

 「東日本大震災の教訓から学べ」
 人間は腐敗しても、しょせん人間界の話。しかし、この話はそこにとどまらないから深刻だし、黙る訳にゆかないのだ。繰り返すが、東日本大震災の本震はフジテレビ地上波放送での韓国ドラマ連続放送という暴挙の最中に起き、一カ月後の4月12日の巨大余震はフジテレビが懲りずに新たな韓国ドラマの放送を開始する時刻・14時7分に分刻みで合わせて起きた。地上波放送は特別な機器なしで見られるのでフジテレビの行為を私は地震前から特に問題視していたのだが、これだけの「一致」が重なれば、科学的思考最優先のはずの東大出の博士という「科学者?」の私も、天の御意志や天の存在を強く信じない訳にはゆかない。
 韓国ドラマとは異常な国策宣伝活動、一種の公然スパイ活動だ。それも、日本のメノカタキにして滅ぼす意図を強く持ちながらネコカブリでごまかし、日本のバカ女をだます世界最悪の敵・韓国の宣伝活動。大地震を精神論的に解釈すれば、その反日活動に場を貸してモウけようとする悪質な日本のテレビ局に対する天罰、天の御警告だったと考えている。が、フジテレビはしょせんは手先、悪の根源はやはり韓国なのだ。大きくは韓国の国際的な国策宣伝活動への天のお裁きと考えねば。

 「天罰とはいかなるものか」
 「天罰」に関しては何度もこのブログでも触れてきた。悪の張本人は直接には殺さず、周囲の者を殺して悪人をさらしものにし、周囲の人間に長く非難させる。社会的制裁というモノか。悪人を良心のカシャクにさいなまさせる、と言ったら表現がやさしすぎるだろうか。死なせてしまう「死刑」よりも、絶対に出獄できない「終身刑」で死ぬまでロウ屋に入れる方がより苦しい、という考えと似ているのか。これが私の感じる歴史的な大きな天罰の姿のようだ。長良川河口堰問題のさなか、ウソつきの反対派の朝日新聞の社主の住む神戸を破壊した阪神大震災の時にも強く感じたことだが。そこからの類推?だが、東日本大震災は、フジテレビを筆頭とする日本の悪徳マスコミ屋と、「悪魔の国策宣伝活動」の発信源・韓国への天罰だろう。
 更に、今回の大地震を見て別の要素も感じた。朝魔の国策宣伝活動・韓国ドラマをたたくなら、その最大の資金源の日本をたたく事は、敵の補給を断つ意味でも、まことに戦いの理にかなっている。これも結局「罪人本人でなく周囲をたたく」のと同じかもしれないが。

 「問題国の国策宣伝活動を許すな - 反日テロリストのニセ日本人 − 」
 ・ナチ五輪や北京五輪との共通性
 五輪の話に戻る。北京五輪の折、ナチスドイツのベルリン五輪(オリンピック)を例にとり、「非民主的な独裁国・独裁者にとって五輪は内外に向けた最高の宣伝活動の場」といった批判が多く出た。いわゆる「国策的な国威発揚の場」なのだ。繰り返すが、韓国の内実は軍事独裁国家の後進国のまま。思想的には1000年遅れた古代封建思想の「儒教イデオロギー」につかりこんだ社会だ。しかも気持ちの悪い中国大陸的な復讐文化「恨(うらみ)の文化」というテロ文化を根強く持つ反民主的なテロ国家・テロ民族だ。
 その軍事独裁的な反近代・反民主的テロ国家が、日本人のふりで日本の築いた信用を盗み、日本から盗んだ技術やアイデアを安く売ってカネを盗み取り、表面だけ先進国を装っている。自国市場が貧しく輸出に頼る為だけではない。そんな国には、ますます、五輪のような国際宣伝活動が必要なのだ、ひどい正体をゴマカス為にも。日本のフリ、被災国のふりをして。
 ・韓国と日本の区別がつかぬ無知なガイジン
 無知で愚かで傲慢で凶暴な米国の権威ある?マスコミが、こともあろうに、日本人の浅田真央の写真だとして韓国人の金(キムヨナ)の写真を載せた事を思い出す。「被災地の為に頑張る」との浅田のコメントを載せ、そのコメントの主が金(キムヨナ)だとの記事にしてしまったのだ。大震災直後だ。反日国策ド―ピング・テロロボットの金と、その文化テロの最大の被害者である浅田真央の写真を間違えるとは。しかし、あれも単純なミスでなく、米人の馬鹿さ加減や野蛮な反日ナチ的テロ指向を利用した韓国スパイ宣伝の結果の疑いもある。日本を殺そうとしながら日本の信用を盗んで商売を伸ばしたのが韓国人だから。韓国人のようなガサツでズサンで野蛮なテロリスト的性格では嫌われるだけ。韓国人の老婆が店に入ってきただけの何の罪もない黒人の子供の頭をピストルで撃ち抜いて殺した時の、米西海岸でのアフリカ系米人の大規模反韓国暴動を見ればわかるように。
 ・パリ日本博への韓国人の文化侵略
 最近も、パリの日本博(ジャパンEXPO?)に韓国企業が多数出展して問題になった。ネットでも騒ぎだそうだ。「韓国は日本」との韓国のイメージ戦略(スパイ活動)には大きく貢献しよう。韓国人は本当にイヤらしいが、やらせる側もひどい。展覧会の担当責任者は敵国スパイ活動に大々的に加担したのだ、実名公表し社会的制裁を与え、公的にも厳罰。そうしないとこの種の犯罪が続くだけだ。韓国歌謡の宣伝役を務める日本の広告代理店なども同じで。
 ・韓国五輪は東日本大地震復興チャリティー? − 国際的巨大「震災サギ」 −
 今回の五輪開催地選挙でも、スケートの金の迫真のウソ演技演説がうけたそうだ。が、上記のように「ニセ浅田真央」として「韓国に投票すれば大震災へのチャリティーになる」とか誤解させ、あからさまなウソでなくても、バカなガイジンの無知や思い違いを利用した可能性は大きい。世界には中国と日本の区別もつかぬバカばかり。それが韓国と日本になれば区別できぬ者が圧倒的。その状況を利用し補強する「国策スパイ宣伝のウソ記事」の可能性があるのだ、金が浅田だという米国紙の写真ミス?は。本当はミスでなく、意図的な。米人のよくやる手だ。しかも、金に寄付をさせ外国マスコミに名を出したのも、日本と韓国を混同させ「被災地韓国」の印象を与え五輪招致等で外国人をだます大戦略の一環だった疑いがある。反日テロリストの韓国と反日ナチの米国が連合したスパイ活動の疑いもある。米国は朝魔を操る大悪魔。トヨタ事件での米政府の直接の汚い陥れにも謝罪も補償も一切なしの下劣国だ。
 世界の人間の多くがテロリスト(韓国)とその被害者(日本)の区別がつかない状況は、テロリストには最も好ましい活動環境、生息環境だ。神を信じるふりで悪魔を区別できないのだ。そんな中で、上記の大バカ米国紙の記事や、東日本大震災にわざとらしく金などの韓国人が寄付した報道など見せれば、バカな外人どもは簡単にだませる。「大地震復興のチャリチィー開催をここで(韓国で)」と。そうして、2年後の東京での本当の復興五輪チャリティー開催を邪魔するのだ。本当に韓国人はウソつきで醜くいテロリストだ、幼児の私に毒を飲ませ続けて私のせいにした朝鮮的な我が家の悪魔そっくりで。
 私がこのブログでも指摘し直ぐ実現された「緊急為替国際協調介入」や「平泉世界遺産登録」等を見ればわかるように、国際機関は大震災復興への協力との名目があると普段なら難しい事でもやってくれる。それに便乗しての韓国開催決定との疑いを、世界が共有すべきだ、韓国スパイに買収された天の敵の処罰や開催地の撤回と同時に。

 「天災から読み取らねばならない事」
 たとえ天罰の対象の特定は難しいとしても、あの大震災から下界の人間が読み取るべき天の御警告とは。少なくとも、「そんな悪魔の宣伝活動を許すな」なのでは。これは赤魔・中国の首領が外国でトップ外交?という国策(宣伝)行為をして帰国するたびに中国内、特に赤魔のアキレスけんと言われる少数民族地域等で大地震などが起こり続けた事からの類推?だ。が、これは精神論的コジツケでなく、中国の大地震は誰にでも観察できるものだ。
 にもかかわらず、東日本大地震から半年も経たぬ内に、天から警告を受けたはずの韓国の国際宣伝活動に、IOCという国際機関が正面から協力する大罪を犯した事になる、天のご覧になる前で。IOCには、天・神仏の敵、信仰の敵、赤い悪魔・中国で北京五輪という独裁者の政治宣伝大会を開催せさせた大罪・前科があるのに、また悪魔に協力とは。大罪をこれだけ重ねる国際組織とは何なのか。IOCは何度滅ぼしても足りない。IOCは神の敵、天の敵。手先でなく悪魔本体かもしれない、これだけ罪が露骨だと。

 「天をおそれよ」
 繰り返すが、世界に、本当に神聖なものを信じ崇める者が100人に1人でもいるなら、このような天への反逆行為を許してはならない。何としても白紙撤回させ、その悪徳を世に暴き、罪人どもを糾弾し罰せねばならない。それにより人間からの天への謝罪としなければならない。それがないと人間全体が天の敵とみなされてしまいかねない。表面的には該当分野での地球人類の代表・IOCが大罪を犯し、天の御意志に逆らった形になったのだから。どうする、地球人類よ。東日本大震災のような大天罰でたたきのめされたいのか?
 「そんな事を言ったら世界中ダレも残らなくなる」。実際に聞いたセリフ。北京五輪開会式に参列する世界の元首・指導者を全て信仰の世界から追放・破門するよう提言し、天のお裁きを祈る、と唱えた頃だ。私の意見を暴論だとからかったのか。だが、数カ月後にリーマンショックで参列国を含む世界中が見事にブったたかれたはず。グローバル化や規制緩和の掛け声で得体のしれぬ金融商品や新興国への国際投資を暴走させ、赤い悪魔を肥え太らせ世界がそれに媚びる惨状を招いた。無謀な投資の中心・米国の巨大投資銀行がつぶれ世界経済が恐慌状態になったのは、当然と言えば当然の報いだ。私はあの時も思った。「天は見ておられる」「天罰てきめん」と。そして、肥え太らせた別の悪魔の一つが朝魔・韓国だ。北朝鮮を同胞とし、その核武装に資金を提供した異常な国だ。
 今回の五輪開催地投票は東日本大震災直後なのに、大地震に現れた天の御警告を下界の人間が無視してしまった、見事に。悪魔、朝魔のスパイ活動にのせられ、目先の利益やウソイメージや表面的数値にだまされて。
 早く善処しないと世界恐慌では済まないかも、愚かで哀れな地球人類よ。私もいい加減に疲れた。こんな愚かで醜い世界人類と付き合っておれない。人間やめる訳にもゆかないが。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/363
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml