CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 小野寺元防衛相を全役職辞職させよ ー護衛艦巡視艇転用「浅はか」発言ー | Main | リコール署名のヤリ直しを ー愛知県知事リコール署名偽造問題ー »
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
悪魔に付いた英国の破門 ー韓国汚染の大罪ー[2021年02月23日(Tue)]
太平洋の対中戦略でG7に加え豪州、アセアン、韓国を加えてD10にしようと英国が言い出したと。英国全体を破門、全英国人を神の敵とみなし全ての信仰の世界から追放せよ。変異種コロナの発生源に相応しい不潔不衛生だ、神に対しても。
 英国で進む韓国汚染は深刻だ、裏に中国がいるだろうし。最近の英国は口では反民主の中国批判だが、どうも元領土の香港に関するメンツが主で、裏では中国や手先の韓国との取引が進んでいるようだ。「ブレグジット(英国のEU離脱)」という無理な政策が元から弱い英国の経済を窮地に追い込み、そこを中韓につけ込まれたであろう事は既述だ。その現れが、韓国や背後の中国の手先になったとしか思えない英国のマスコミ屋どもの「日本女性抑圧論大宣伝」だが、とうとう国際政治の世界でもアカラサマナ謀略が表に出て「D10宣伝」になった訳だ。
 韓国嫌いだったトランプがG7に韓国を入れてG11にとか言い出して私を激怒させ、コロナ対策不備も合わせて大統領選直前に私の支持を失い、選挙にも敗れたのは記憶に新しい。英国も同様の目に遭うだろう。いや、既に始まっているか、英国発の変異種コロナは感染力大だし、更なる天罰は既に影で進行しているだろうから。英国は欧州の有名な音楽賞で悪魔の韓国スパイ集団BTSなんぞ表彰した後に欧州が変異種コロナで強く叩かれている意味を理解すべきだったが、ニセモノ見せかけキリスト教徒の英国やEUの野蛮な悪魔の手先どもは理解しなかったのだ、悪魔のカネを優先して。
 英国の空母「クイーンエリザベス」の極東回航も、もはや歓迎できない。周庭の凶悪犯収容所送りという虐待の解除への圧力かけ効果はあろうが、その程度では解放のメドも立つまい。それとも周庭解放まで留まるカネ。どうせ駆逐艦の半分は米海軍、空母に積む垂直離着陸機も半分は米海兵隊のF35Bだそうだし・・・。我が家の風の精霊が歓迎かね。冬は台風シーズンではないとか油断するな、英海軍。見てオレ。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3505
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml