CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 核兵器禁止条約発効決定 ー条件の批准国50カ国にー | Main | 米国「Qアノン」独り歩き? ー大統領選挙でトランプ支持の集団ー »
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
2050温室効果ガス実質ゼロ目標 ー繰り返す空手形(からてがた)ー[2020年10月27日(Tue)]
菅が所信表明演説で2050年温室効果ガス実質ゼロの目標を掲げたが、具体策も聞かず信用できない。野党でなくとも「またまた空手形(からてがた)か」と言いたくなる。その民主党系野党も鳩山による大幅削減目標を実現も出来ず、原発重視という方針のまま東日本大震災の原発事故を迎えてしまった訳だがな、吉田所長の福島第一原子力発電所の。

 悪夢の民主党政権のカッコばかりの鳩山首相のムリな大幅削減の国際公約以来、私は鉄道や農政に関する様々な環境対策を提言し続けてきたが、実現しないまま、民主党政権の原発重視の姿勢のまま東日本大震災の原発事故を迎えてしまった。正に天罰だった。
 東日本大震災の折も津波や原発事故で打撃を受けた農業の復興策をかねて農政はじめ様々な策を書きつづけたが、またまた前身はナシ。自民党が政権を取り戻しても安倍政権は更に無能で何もできず。その体制をそっくり引き継いだ菅政権にも同様に期待など出来ない。その菅政権が「2050温室効果ガス実質ゼロ」だと? 何の具体的議論もナシに? ふざけるな!

 自然エネルギーの徹底拡充には広大な面積の耕作放棄農地やその予備軍の土地で太陽光発電をするのが一案だが、「農地法制の運用変更や改正」や「耕作再開予備事業制度」などを新設して太陽光発電事業と結びつける必要等があろう。タダ単純に農地に太陽光パネルを設置すれば発電事業用地への「農地の転用」となって農地の優遇税制も不適用となり、相続税納税猶予等が受けられなくなる。農地は都市用地に比して単価(評価額)は低くても面積が極めて広いから、これは重大問題だ。
 東日本大震災では既に高齢化が進んでいた被災地で津波や原発事故により広大な農地が耕作放棄や耕作休止や、その寸前になったので、復興策としても上記政策を前進させる好機だったはずだた。だが、無能を絵に描いた民主党管(かん)政権は無為無策。それを悪夢と批判して政権を奪回した安倍政権は更に無能と。公共事業や農政が得意で常に「ヤリスギ批判」がつきまとった自民党は,トウニ消えていたのだ。

 さて、耕作放棄農地太陽光発電だけでも政権の強い政策推進能力が求められるが、期待は出来ない。「アーリースモールサクセス」の小手先の菅政権には。過小規模の首相官邸に政府全体の権限を集中するが如き無理な体勢を安倍政権から引き継ぐ菅政権では到底ムリなのだ。「過小な官邸に過大な権限」では。官邸が「疲弊した保健所」と同じなのは、「性急な学校一斉休校への批判で安倍官邸が疲弊して防疫上最重要だった対欧州国境封鎖も出来ず」の話だけからも良く分かるのだ。
 もう辞めろ、菅。今の体制と共に辞めろ。そして神に無条件降伏せよ。そうすれば、環境対策も進むかもな。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3320
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml