CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日本政府は日本製と韓国製のインフルワクチンの違いを説明せよ ー韓国製有毒インフルワクチン接種高齢者大量急死事件ー | Main | サムスン会長死去 ー韓国批判の中 偶然か天罰かー »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
MRJを止めるな ー三菱小型ジェット開発凍結検討報道ー[2020年10月25日(Sun)]
「カメラを止めるな」という映画があったが、今は「MRJを止めるな」。MRJ、三菱リージョナルジェット、現在はスペースジェットと呼ばれる小型ジェット機の開発凍結を含めて検討と報いられたが、バカな話だ。開発は止めるどころか促進せよ。
 生産の中国偏重離脱,国内回帰が求められる今こそ、国内での様々な投資が必要で、この際にMRJには公的資金を大量投入すべきなのに、「開発負担が減るかも」と株価上昇だと。メーカーの開発投資を邪魔者扱いする悪しき投資行動が日本企業を弱めてきたバブル期以降の悪い傾向を悪い意味でよく示すモノだろうか。配当のみ増やし開発投資や給料を減らして日本企業の競争力を減じる米国や中国の機関投資家あたりの意向なのか。いずれにせよ、無視すべきだ。
 昔は日本の産業を支えた経済産業省も今は中韓の手先で、そんな日本の政官界の傾向を米国の憂慮とか、散々日本を叩いておいて今さら何をと言いたいが。表面はともかく、経産省も本音では日本産業叩きかも知れないから、MRJ促進でないなら無視すべきだ。
 MRJは何回も納期の延期を繰り返したが、コロナ渦なら不況の航空業界の催促?に煩わされずに開発できる。コロナ渦が収束した後に完成できればチョウド良い。日本人的な完全主義で納得行くまで時間が掛けられる良い機会だし。
 それに、ポストコロナの旅客減少傾向に対応するにも小型機の頻発運行が最適だ、特に国内では。それには私が要望してきた国内専用の短距離タイプも開発して欲しいので、その意味でも時間的余裕が出来たのはチョウド良い。そして、その増便した国内便を受け止める羽田空港の再拡張も必要になるので、合わせて景気対策を含めて実施すべきだ、現在の政権の体制では無理だろうが。

 さて、私の意向を無視して真逆の政策を実施し続け、コロナ渦という神の怒りを買う形で前政権は崩壊し、日本経済も心停止寸前になった。まだ逆らうのか、最悪の政治愚鈍のクソ日本人。しかし、別の展開もあろうな。無能で私の言を実行できなくなった日本人から主権を取り上げ連邦にでも跳ね上げ、こちらが日本を支配してから、ゆっくり理想を実行する手だ。そうだ、それがスッキリして良い。ならば、とっとと破綻でも崩壊でもしてくれ、連邦化しやすいように。もっとも、その過程で中国の属国になるかも知れないがな。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3316
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml