CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中韓の反日テロ報奨とは ー国境警備の動物射撃や私への虐待の報償等々からの考察ー | Main | 橋本五輪相は止めろ ー菅内閣の閣僚候補者ー »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
大坂なおみ「鉄火丼が食べたい」 ー全米オープン優勝後のインタビューー[2020年09月15日(Tue)]
「鉄火丼が食べたい」 全米オープン優勝後の日本のTVインタビュー等で大坂なおみが答えた。前回はトンカツ類(カツ丼、カツカレー等)だったが。カツよりマグロの刺身とは、正に日本的だが、世界にはびこるニセ日本料理でない事を祈ろう。

 トロならナマだろうが、本当のヅケマグロ(ナマでなく汁に漬け込んだもの)なら、より良い。ネコの死後の緊急来日時のバノンに書いた内容を知っているなら、分かるはずだが。
 今回の大坂も、様々な面で私(文章)に影響されたかのようだ。「抗議は良いが、米国の悪に深入りして試合放棄まではするな」と書いたら、その通りになった。
 だが、文章を出した直後の試合放棄撤回だけではなかった。犠牲者とされる黒人の名をマスクに記すが特に強くコメントはせず、「話題にして欲しかった」だけと、優勝直後のインタビューでも語っている。どんなメッセージなのかと問われて、「あなたはどんなメッセージを受け取ったか」と返したのは、その表れだろう。もっとも、それ以前に私は腐敗した危険な米国野球界から日本人選手は全て引き上げろと書いたから、大坂の準決勝ボイコット案も、それに寄っていたのかね・・・。
 だから、大阪の抗議といっても控えめだ、米国での反響は実に大きかったが。「大阪はアスリートと(人権)活動家の両立を果たして見せた」とかいう米国マスコミのコメントは不正確だと思いたい。大阪には抗議はさせても人権活動まではさせたくないからだ、あんな汚い狂った米国なんぞでは。

 そう考えると、大阪の場合も様々な私の情報が伝わったと考えるべきだろう。それは最前の「鉄火丼(マグロ丼)」にも共通するらしい。
 私は最近、毎晩のように来る近所のネコにマグロを与えているから。刺身を取った後の残りのナマのブロックを安く買ってきて冷凍し、解凍後に更に薄く切って少しづつ少量のドライフードと共に出し、シメにスキムミルクも少々与えるのだが、ネコは新鮮なナマの魚やミルクが大好きだから、他家の人間である私には警戒しながらも良く食べるのだ。最初と最後に飼ったネコと毛並みが似ているので印象的だからでもある、私には。この子も死後は精霊になるのかね・・・。

 そんな話も大坂に伝わっているのだろうな。ならばトランプ陣営も早く言うことを聞いてほしいものだ。さもないと支持支援できなくなるから。さもないと大都市が再びオレンジ色になるから、カリフォルニア州での山火事被災地域を視察してはいるが。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3259
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml