CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 厚労省1万人抗体検査?! ー望まれる独立機関の抗体検査ー | Main | 血糖値スパイク対策と新型コロナ感染対策 ー山を抑える点で似た性格の両者ー »
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
本当に日本人は新型コロナに感染しにくいのか ー献血抗体検査結果では超低感染率ー[2020年05月16日(Sat)]
結果が発表された献血による抗体検査は「不良検査キット(中国製?)品質検査」の様相を呈し信頼性が低いが、それにしても既感染者・抗体獲得者の比率が0.6%とは。マトモな抗体検査では高い比率が出ると予想するが、この際、「本当に日本人は新型コロナウイルに感染しにくいのか」という点についても部外者ながら考えておきたい。

 先日、「新型コロナもインフル等と同様に高温多湿に弱い」とされるのに年間を通じて高温多湿の東南アジア諸国でも感染拡大する点について、「タイではコロナ等の感染症より第一にマラリア蚊などが怖い」ためもあって感染症対策が無いとか書いた。その結果の不潔文化だと。そして、最優先防御対象のマラリア蚊に刺されにくい強烈なニオイの食材が必要だとか、蚊に刺されやすい遺伝子のタイ人はマラリアにやられて死んで風土に適した者が生き残ったのでは、とかも書いた。
 しかし、同じ事を日本人については書いていなかった。日本の1万年来とも考えられる世界最高度の清潔で衛生的な感染症対策文化には何度も触れてきたが、そんな文化を得る長い過程では当然、感染症に弱い遺伝子の日本人は死んでいったとも考えられる。遺伝子の違いによる自然選択とでもいうべきか。そんな膨大な死の教訓を生かす形で感染症対策として有効な様々な生活習慣を得て、その集合体としての日本文化を形作ったのだろうから。
 タイ人は赤道付近の熱帯ではない中国南部方面から各地に広がる過程でインドシナ半島の気候にそぐわぬ者が死んだように、日本でも感染症に弱い遺伝子の者が死に絶え強い遺伝子の者が生き残って現在の日本人の遺伝子を作った可能性がある。すると、今回の新型コロナウイルという感染症にも強いのかもしれない、遺伝子からして、日本人は。そこに様々な要因が重なって、少々生活様式が感染症に弱い西洋文化の影響を受けてもナオ、日本人の新型コロナの重症化率や致死率が低いのではと。
 私は感染力絶大の新型コロナウイルスが本当に日本人に感染していないとは考えない。あの首都圏の鉄道通勤ラッシュを見ても、一応は感染するだろうと。だから尚更、多くの者が感染しても重症化率や致死率が低い要因は考えねばなるまい。私は重要な例として唾液PCR検査の長所に触れた折に「ウガイの習慣化やウガイ薬の多用による口内環境の良さ(清潔さ)」を上げた。主に飛沫(唾液)感染の新型コロナウイルスは口の中で先ず増殖するらしいから。だが、そんな生活習慣・感染症対策文化と遺伝的要因の両方が揃えば、説得力が上がろう。
 以前に「韓国人の悪魔的文化は、人間の性格の極端な偏りといった生物的遺伝の側面と、悪魔的習慣の文化としての伝承という社会的遺伝とでも言うべき側面の両方が相互に強め合って成立・継承される」とか書いた、韓国人にだけ現れる「火病(ファビヨン)」という凶暴凶悪なヒステリ・テロ病について。私がその火病による超凶悪犯罪の犠牲者らしいから。だが、日本人が新型コロナウイルスに強いことについても、生物的遺伝と社会的遺伝の両方が強く関係し相互に補完しあって継承されて今日の結果を作ったと考えた方が良いようだ。
 不潔な中国風濃厚接触文化の影響の強い韓国人は表面的に日本人のマネをしているだけで日本人の清潔文化まではマネしていない点は韓国の手先の多いはずの日本のTVでも報じられており、韓国でのコロナ対策の成功とはウソ宣伝にすぎない。台湾人も初動のコロナ対策が良かったのでワクチン開発まで時間は稼げるかも知れないが、結局は不潔な中国文化圏の濃厚接触文化だからで後で感染拡大して苦労する恐れも大きい。そこまで見届けないと何が原因で現在の各国の感染実態なのかは分からないだろう。韓国人は中国文化圏の辺境で不潔不衛生な中国風濃厚接触文化の影響が強いからコロナ封じ込めとはウソか表面だけなのだが、民族的には北部遊牧民族に近いとも聞くし、同じく中国文化圏の台湾でも暑い気候に慣れた土着民族がいる地域だし、簡単には割り切れないのだ。

 さて、日本の状況は何が主要な要因なのか。マトモな抗体検査すらできていない段階では、私には分からないな。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3125
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml