CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ホワイトハウス新型コロナ簡易検査装置の低精度 ー正副両大統領感染なら民主党ペロシ代行の可能性ー | Main | 本当に日本人は新型コロナに感染しにくいのか ー献血抗体検査結果では超低感染率ー »
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
厚労省1万人抗体検査?! ー望まれる独立機関の抗体検査ー[2020年05月16日(Sat)]
結果が公表された献血利用の抗体検査とは「中国製抗体検査キット不良度合い測定検査」だったのか? 抗体獲得者比率が低く、感染者が多い東京と少ない東北の間に明確な差が出ない結果には私は疑問があり、更なるマトモな抗体検査を求めた。すると、急に厚労省が1万人規模の抗体検査を来月にも実施で調整と。だが、今月ではないし、来月に出来ても初旬も30日も来月、少しグズグズすれば直ぐ7月だ。例え政治的圧力による歪曲(過少表示等)がなくてもマトモな結果が出るのは何時になるやら。
 専門家は早い時期からTVでも公に抗体検査による疫学調査を望むと話していたのに、状況が大変な速度で深刻化する新型コロナ相手に何ヶ月遅いのか。それに、検査結果で既感染者・抗体獲得者の比率が低いと精度や歪曲を疑われ、比率が高いと政権の怠慢(感染防止策の遅れ)を問われ眉中政権に都合が悪い「中国への怨嗟(えんさ)」にも火が付く。
 果たして米国でのような客観的な抗体検査となるのか。政府の影響を受けない独立の機関が政治的圧力のない形でやるのが理想だが。習近平国賓訪日関連でも検察官定年延長法案でも分かるが、安倍政権には何も求めるべきではないのだ。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3124
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml