CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 無意味な安倍の予算案組替正当化会見 ー接触7割減を唱えても時差通勤促進策もナシー | Main | 中国マイナス6.8%成長の大ウソ ー経済停止状態でも高率成長を装うウソ宣伝ー »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
新型コロナと特効薬アビガンが人間の生殖機能を攻撃 ー精巣や胎児を攻めるアビガンー [2020年04月17日(Fri)]
中国新型コロナ肺炎パンデミック(世界感染爆発)は、正に人間の種の存続まで脅かす大天罰だったようだ。肺だけでなく腎臓や男の精巣や女の生殖機能にも影響し、胎児の「催奇形性(奇形を招く)」も指摘される。人間の生殖機能への攻撃はコロナの症状より特効薬のアビガンの副作用として報じられるが。ワクチンや他の効果的な特効薬がないまま感染拡大が続けば、人間の男も女も生殖機能にダメージを受け、人間の種の保存・継承に大きな悪影響が出る恐れが生じる。

●追記
 アビガンは男女共に生殖機能に副作用と報じられるが、私が最初に検索した文章では男の精巣への攻撃はコロナの症状とされていた。これが間違いなのか、コロナの症状の一部をアビガンが増幅といった話なのか、私には判断できない。取りあえずコロナ治療でアビガンを使うと男女両方の生殖機能に悪影響と記述を修正するが、詳細は他の詳報を待つ。    ・・・・・追記終わり

●追記
 レムデシビルが特例で早期承認と報じられた。海外での承認を日本でも援用?のようだ。アビガンについては上記の副作用の危惧からか、海外の例がないからか、その形の承認は無い。   ・・・・・追記終わり
 
 アビガンは現状では数少ない中国新型コロナ肺炎の特効薬、最後の切り札的な位置づけで、「医療崩壊を防ぐためアビガンを医療関係者に持たせろ」との声も聞いた。だが、女性の生殖機能への悪影響があり、それが「最後の切り札」の言葉の恐ろしい面での意味でもあるようだ。
 我が家にも関係者(看護政治連盟理事等)が居た事もあって良く分かるが、看護師が看護婦と呼ばれた時代が長いように、医療現場には女が多いから、この話は深刻だ。しかも子供のいる者は学校休校で家に戻り、残るのは出産前の若い女の看護師だったり。私は看護関係者の肩書きを悪用した朝鮮系スパイ夫婦の悪魔に毒物連続殺人未遂をされたオマケまで付くが、医療関係者に多い「代理ミュンヒハウゼン症候群」の典型例で。「こうするのが病院では普通」と賓客の前でも足でドアを開閉し騒動になった母親を名乗る朝鮮的な悪魔の女だ。
 話を戻すと、法的に専門家(有資格者)でないと不可な医療行為とは異なる補助業務等を行う正に助手の看護助手(正規の看護婦や准看護婦等ではないもの)等の医療機関での仕事(補助業務)や運搬業務等に自衛隊を動員しろと言ってきたのだが、まだダメだし。

 中国の会社は開発者の日本企業(富士フイルムHD傘下の富士フイルム富山化学)とアビガンの主要成分の後発薬としてのライセンス生産契約を結んでいるそうだ。が、金を払わずに無断で大量生産して汚くモウケるだろう、中国政府や共産党幹部等とグルになって、すでに安い後発薬扱いだし。しかもライセンス生産契約を無視して金を払わない無断製造では大量の危険な粗悪品の発生が予想される、元から万事ズサンな中国では。いや、発生でなく意図的大量生産か、粗悪品の。それが世界中にバラまかれる訳だ、日本のセイにされて。

●追記
 中国が自国生産のためアビガン主要成分の原材料を輸出止め、マスク同様。撤退した日本企業が国内の昔の生産設備で生産再開と。全てこの有様。これでも中韓のワイロを取って「日中友好」と抜かす悪魔の手先が日本に多くて困る、IR汚職に見るように。そんな奴が防衛大臣経験者の重要議員とは。ウイルスの前にそんな奴らを押さえ込むべき。  ・・・・・追記終わり

 これではまるで中国・温州(うんしゅう)での中国高速鉄道の大事故だ。中国人のズサンが原因だが追突したのは日本のハヤテ型のパクリ車輌だった。不思議な一致で、温州商人の名で有名な温州の中国人がイタリアなどでのコロナウイルス拡散の担い手だが。中国は自国開発と大ウソついてライセンス料を払わねばならないパクリ車輌を手抜きで作って世界中に輸出して汚くもうけている。相手を借金漬けにして当該インフラまで奪うのだが、類似の事がアビガンでも起きるだろう。
 中国新型肺炎の感染爆発拡大で地獄になっている諸外国に対して、中国は「中国が開発した貴重なアビガンを売ってやるから感謝して中国に従え」「中国は特効薬の開発も国際配布も全てやっている人類の救世主」と大ウソをついて国際戦略の汚い道具とするだろうよ。様々な意味で危険な中国製パクリ高速鉄道と同じだ。アビガンは日本企業が開発したもので、中国が自分で(武漢の研究所で)開発してバラまくのは特効薬でなく新型コロナウイルス。中国がばらまいた中国新型コロナ肺炎ウイルスのパンデミックなのに。これこそ、まさにマッチポンプ、人類最低の。イヤ、人類を亡ぼす。
 赤い悪魔・赤魔独裁の中国はカネを汚くモウけるだけでなく、使ってはいけない相手、出産可能性のある女、特に妊婦にまでアビガンを売ってモウケて人類の生存を危うくする(亡ぼす)可能性もある。しかも危険な粗悪品では、相手が妊婦でなくとも危険では。効き目の全くないニセモノなら通常なら危険も小さいかも知れないが、中国製のニセモノだと危険ばかりで効果なしという最悪の事態も大いに考えられる。あの悪辣な中国人・赤魔独裁の性質からすれば当然だから、強い警戒を要するのだ。



 ここまでが科学的観察とされる論評。ここからが私の独自の解釈、一般人なら宗教的とか考える解釈で、私のオリジナルだ。朝鮮人には都合の悪い内容だからか、文章が長いからか、ここでも文章の一部不提示が出ているがな。


 かかる状況に関して、私には大変な心当たりが多くある。このブログを読んできた者も分かるはずだ。そう、「貴様らが私にやったり見殺しにして放置した私の生殖機能への重大な攻撃に関し、神が怒って天罰で同様の事が貴様ら人類に跳ね返れば、人類は生殖機能にダメージを受けて実質的に滅びる恐れがある」とか何度も書いて警告してきただろう? 今までの話についてでもあるが、「世界中を死体だらけにしやがって」とかも言ってきた。それが現実に起きているのだ、上記のような内容で、現実に。異常円高為替の改善で累積千兆円とかの巨額の利益を与えてやっているのに57まで結婚も出来ずに放置されている事だけではないのだ。
 生殖機能への重大な攻撃とは、ヒ素類等が原因の発熱等による熱に弱い男性生殖器官への攻撃だ。

 この「中国新型コロナ肺炎の感染拡大」は東日本大震災に次ぐ話らしい。朝鮮人による私への強烈な精神的虐待について書いた直後に東日本大震災が発生し、関係する地名の地域が巨大津波で壊滅し関係する名の所長の原発が爆発したのに続くものだ。
 私をノイローゼにした自称・小学校の同学年生徒らによる集団での長期にわたるウジ虫呼ばわりの虐待、すなわち小学校6年生時に起きた、いかにも朝鮮風の「吉田」が煽った「ウジタロウ!」事件の話を初めて書いたのは民主党政権下。首相が鳩山から管に変わる頃、東日本大震災の直前だ。
 この「ウジタロウ事件」は様々な朝鮮系の凶悪な虐待や犯罪が重なる時期だった。その後に続く中学校生活で元都知事の桝添と似た悪い人相の斉藤と名乗る朝鮮系の超不良教師(中学2年時は担任)による徹底した朝鮮的な虐待で私のノイローゼ状態が固定して廃人状態となり、以後の人生が完全に破壊され、家庭内では毎冬の毒盛りを受け続けた頃の話だ。そんな話を書き始めた数ヶ月後に起きたのが東日本大震災だった。そう、何故かキリスト教の国の米国の大使が「顔を真っ赤にして怒った」頃の話だ。
 その東日本大震災では吉田所長の原発が爆発、斉藤が出身地とか語った宮城のJR仙石線の沿線が津波で最大の被害を受け、「タロウ(田老)地区」が有名な2重の10m級の防潮堤を20m級の津波に乗り越えられて半滅した話は、何度も書いてきた。不思議な「一致」、私にとっては正確な一致、鋭い一致だ、人間の大罪を示す。
 
 「吉田の家をつぶして更地にしていれば東日本大震災の大半は防げた」と書いてきたが、それでは終わらなかった。私はそれを望み続け、「私と考えが一致する海軍系のバノンが支えるトランプが政権を取ったから、米軍が接収し防衛施設庁にカネを出させれば良い」とか書いたが、それもなされず、今日の事態、新型コロナを招いたが、もっと明確で重要で露骨な一致もある。

 今回の中国新型肺炎パンデミックという大天罰は、吉田によるウジタロウ事件や斉藤による虐待・廃人化と同じ頃に起きていた、母親による毒物虐待(毒物連続殺人未遂)で私が生殖機能に重大なダメージを受けた話と対応するモノのようだ。それが、ついに襲ってきた訳だ。
 私に毒(主にヒ素類)を飲ませ続けた我が家の朝鮮系スパイ夫婦の悪魔女は結核の保菌世代なので警戒していた。戦前の日本は結核大国で、戦前生まれの者の多くは保菌者だから。それがついに結核発病の診断が出たとか自己を悲劇の主人公扱いで自慢する有様になったのでホトホトあきれ、警戒し、怒った。当然、隔離が必要なはずなのに、「結核でなく肺炎」との診断が後から出たとかの口実で今も我が家に居座り続ける。この事を強く批判し始めた頃に昨年の巨大水害が来た。結核発病の後だと思う。一カ所でも堤防が決壊すれば大騒ぎなのに140カ所以上決壊した歴史的な超巨大水害だった。
 それに続き、今回の「中国新型コロナ肺炎」という大天罰が来たのだ、「結核でなく肺炎」との診断を口実に悪魔が居座るのを強く非難した直後に。内容的にも2重の一致だ。当初は、「肺炎」や「隔離の怠慢」の一致にばかり目が行った。私が新型コロナウイルスを「中国新型コロナ肺炎」と記し、当初は「中国新型肺炎」と記したのは、上記の理由で肺炎の部分が特に気になったからでもある。
 特に戦前は「結核」が国民病だった日本では子供への結核予防用のBCG接種が義務づけられる事が日本の新型コロナ感染率(重症化や致死率)が低い一因とも言われるのも不思議な一致だが、当初は知らなかった。そして、重大な点は他にもあった。コロナウイルスや特効薬の「生殖機能への攻撃」の面での「一致」だ。それに後になって気づいたのだ。

 その前に、分かりやすい話が他にもある。今日の「自己隔離」「遠隔就業」等の状況は前からの私そのものだからだ。それを社会が見事にコロナで後追いさせられている野茂偶然の一致か? 私は結核菌の感染がイヤだし、私を毎日殺そうとした奴らと一緒にいるのが元からイヤだし危険だし、同じ家の中でも悪魔どもと食事も分け自炊状態。結核感染防止策で中古品の除菌装置(主にプラズマクラスター)付き空気清浄機を多数買い二世帯住宅の家中に配備した話も既述だが、これも皆がコロナウイルス対策でアワテテやっているのも偶然の一致か? 私は昼夜逆転で必需品買い出し以外は外出も少なかったし、元から「ステイホーム」の「在宅勤務」。だが、なぜ、被害者で感染者でない私が自己隔離するのか。家にいざるを得なかったのか。これが千兆円もうけさせてやった事への日本人の返礼だ。こりゃ、神も怒る。カゼの精霊も怒る。そんな私の状況が跳ね返ったのだ、人間に、天罰で。地獄に落ちろ、日本人。朝鮮人だけでなく。いや、朝鮮人は地獄に帰れ、か。悪魔だから、私にとっては完全に。


 ここからが本題だ。そう、生殖機能へのダメージの話。私は何度も書いた、恥も外聞も捨てて。子供の頃の長期の私への常習化した毒物(主にヒ素類等)連続殺人未遂による発熱で男性生殖機能がダメージを受け、特に中学1年生の冬の毒盛りでは直後に精液の状況が大きく変わった話まで書いてきた。例えるなら、「ぷるぷる」だったのが「水」に変わったのだが・・・。
 しかも貴様らは小学校6年時の最初の毒盛りの発熱と長期欠席の後の「小学校最後の集団検診」と称する場で何をした。「校医」と名乗る者に私のツメの状況を確認させ、ヒ素類中毒の代表的な症状の一つで、私も含めシロウトでも良く分かる「ツメの横方向の筋」まで確認させたはずなのに、握りつぶした。あるいは、元からゴマカし役の「校医役」だったのか、犯人側の。犯人側弁護士的な自称医者に検査をさせた形だけとったのか。我が家の悪魔女は病院に担ぎ込まれない程度の嘔吐を誘う少量で死に至らない程度の量のヒ素類を上手く飲ませていたようだ。子供の頃はヒ素類特有のツメの横方向の筋という後遺症が常に何本もツメに出ていたのを記憶しているから、どの程度のヒ素類を飲ませれば疑われずに毒盛りを続けられるか良く把握していたと思われる。直ぐ死んだり、入院し胃の洗浄になるとヒ素等の証拠を握られるから、ソコまで行かない程度、吐いて衰弱する程度のヒ素の量に絞った訳だ。適量?とはどの程度か、計ってやっていたのだ。朝鮮人はこのような悪事の面では優秀だ、極めて。家事も何も満足にできない我が家の悪魔なのに。少なくとも我が家の悪魔は長年にわたる私への毒盛りの常習犯で経験豊富で、毒の量の調整の熟練者だったわけだ。正に悪魔だ。
 関係する小役人や周囲の日本人は、そうして惨状を放置し、超凶悪犯罪者を野放しにして凶悪犯罪を犯させ続けたのだ。いや、脅迫で加担した者も、脅迫されずとも喜んで加わった者も多いと思う。斉藤が私の担任をした世田谷区立の尾山台中学校では朝鮮系居住区が近くにあったこともあってか多くのガキが斉藤の手先と私を攻撃して「内申書」などで配慮を受けたようだし。
 この、小学校6年生時の毒物殺人未遂揉み消しという決定的な場面でも、腐れ小役人どもが私を朝鮮人という悪魔へのイケニエにして保身したか、関係者が朝鮮系スパイの仲間の朝鮮系等だったのか。両方だろうな、私にいまだに取り憑いているのは朝鮮人だし。朝鮮系マフィアが政治を支配すると疑われる千葉での女児強姦虐待殺人見殺し事件にも似ている、国連の異例の監査とも重なった。
 この小学校6年時の超凶悪犯罪放置(黙認)事件の結果、我が家の母親と名乗る朝鮮系スパイ夫婦の悪魔女に「保護すべき子供への毒物連続殺人未遂黙認のお墨付き」まで与えてしまう形となり、翌年の中学1年生の冬の毒盛りは最大規模で行われ、私は半月以上に渡り2度に分けて学校を長期病欠した。一度目は日曜を挟んで10日程、2度目は数日おいて更に数日間の病欠だったと思う。ヨウヤク登校しても体力が持たなかったか、更にヒ素類を飲まされたかだろう。そして、上記のような性機能への重大な影響も受けたのだ、既述の通り。

 それへの天罰となったようだな、神の報復の天罰で。コロナ肺炎で。「償わないと同様の天罰が下って人類は滅びかねないぞ」と散々警告し、私への償いがない事への文句を書き続けたのに、貴様らは何もしなかった。その結果がこれだったのだ。
 当然の天罰だな。思い知れ、クソ人間ども。キサマラは私のオカゲで巨額の利益を受け続けながら私への償いもせず惨状を放置したため起きた天罰だ、今回の中国新型肺炎パンデミックという大天罰は。上記のような話を聞いて、まさにそうだった事を理解した。

 そして、私の警告との一致だ。何度も書き続けた警告だ。先任者のイエスは日本語約では「救世主(世を救う主)」だが、今度は十字架に掛けられる代わりに徹底的に朝鮮人に虐待され日本人にイケニエにされ廃人の人生を送らされ生殖機能にも不調を来たし、結果、それが人類に跳ね返り、後任者は救世主でなく「罰世主(世を罰する主)」となるとか。その世界人類全体への明白な罰が降り始めたようだな。有名なファティマの予言に関しても触れた。3つの予言の第一は第一次大戦の終結、第二は第二次大戦の勃発、第3は秘密だが、内容を知ってローマ教皇は卒倒したと。第3次大戦の預言とも言われる、教皇暗殺未遂等の小さな話ではなく。だが、今、起きていることなら上手く説明は付く、あくまで仮定だが。確かに第3次世界大戦的な米中決戦につながる可能性もある。が、次の神の子が人間に徹底的に虐待され抜いたのを知った神は我が子を罰世主とし、人間界に巨大な天罰のワザワイ(新型コロナウイルス)もたらして人類を徹底的に虐待させる話なら、ローマ教皇を卒倒させるのに十分か。そんな背景で今の教皇はバノンと同じイエズス会系で、私の言に良く従うのではあるまいか。単なる偶然の一致ではなかろう。

 もちろん、私が気づいただけでも他にも大きな天罰の発動には様々な要因が重なっているようだ。
 東日本大震災の話だ。当時の「職業扇動家上がり」と言われる無能無責任な民主党の総理大臣・菅直人は首相の前は財務大臣で、国際蔵相会議に出た折には取って付けたように私のシンボルカラー(タイでメジャーな誕生曜日の色)であるオレンジ色のセーターを着て私の味方のようなツラをしたので私は菅直人の首相就任に反対せず、私の問題の解決を期待した。首相になれば何とかしてくれるのだろうな、と。だが、またもやムナシイ希望を悪用されただけ。菅直人は首相に就任すると途端に「政府は個人の問題に関与出来ない」と抜かし始めたためガマンの限界を超えたのだ。その許せないタダ乗り屋の裏切り者、私から見れば大サギ師の菅直人が韓国人違法献金問題で国会で追及されようとした時刻でもあったのだ、東日本大震災の大地震は。
 しかも、東日本大震災が起きたのは前々から批判していたフジテレビの午後の韓国ドラマ連続放送中の事でもあった。その結果、「フジテレビ韓国ドラマ津波警報テロップ不提示という無差別情報テロ事件」まで起きたのだ。私の強い願いにもかかわらず真相は解明されないが、少なくとも神の目に韓国人の大罪を見せた事は確かだろうよ。
 更に後日談がある。大震災や批判にもかかわらずフジテレビが性懲りもなく新しい韓国ドラマを同時間帯に放送し始めたチョウドその日、その時刻に、最大の余震が来たのだ、大震災の一ヶ月後の頃の桜の季節に。午後二時過ぎの半端な時刻だったが、ドラマは二時ジャストの短いニュースの後の放送で、分刻みで放送開始と同じ時間だったのを知って驚いた。冷静に考えると当然だったのだ、天罰だから。

 要するに、東日本大震災とは朝鮮人への天罰だったのだ、日本での大災害なのに。私が常日頃から述べていた「天罰は真に悪い者は殺さずに見せしめにする」「周囲の者を殺し、本当の悪人は殺してさえもらえない」とかいう、映画「十戒」のエジプト王になぞらえて。エジプトから解放されたモーゼのユダヤ人集団を追跡したが、天罰で紅海の海に部下の戦車隊を飲み込まれ、一人惨めに王宮に戻ったエジプト王だ。東日本大震災は朝鮮人という真の悪人・悪魔を放置して見せしめにし、朝鮮人に協力し手先になった日本人を叩いたと思われる。日本人はそのことから何も学ばなかったが。いや、主権者完全失格の草取り百姓だから、草取り以外には何も出来ないのだ。そして今回の大天罰も招いたとしてら、日本人から主権を取り上げないとダメだな、他の懲罰以外に。

 東日本大震災での「一致」といえば、震災後に出した復興策も私の博士論文の内容と一致していた。川や沼の堤防と丘の間の傾斜地の水田地帯を堤防の高さまで建設残土等で盛り土して平らにする地域での農業の大規模化(改革)の話が論文の内容だが、それがそのまま被災地の海岸部の漁港町等の街全体の盛り土かさ上げ構想の基礎となった。また、震災に数年先立ち私が提言した「温暖化効果ガス大幅削減策」での鉄道移行策の東日本地域の部分も、ほぼそのまま震災復興策(案)となった。ミニ新幹線の会津新幹線(福島)や日光新幹線の構想は当然ながら原発風評被害対策も兼ねた。常磐リニア構想は福島県太平洋側の人口の少ない地域が「客が少ない」と反対のタネになり得たが、そこに福島第一原発があり、ソコを通る事こそが復興の象徴となるという提案者の私が予想もしなかった展開となった、実現していないが。
 環境対策と耕作放棄対策を兼ねる「耕作放棄農地太陽光パネル設置案」も、水田に水を張っただけでも地球冷却効果があるとして「転作」並み補助対象とする案も、福島地域や津波被災地等に好適となったのも偶然の一致とは思えなかった。損害保険の世界では百万分の一、すなわち百分の一の確率の話が3つ重なると「日常生活では起こらない事」とか判断するそうだ。奇跡と呼ぶには更にもう少し百分の一が重なる必要があるかも知れないが、東日本大震災では、私に関して上記のような一致が目白押しで、それこそ百分の一の確率の話が10も20も重なる状況だった。そこで、何者かの意図による一致と判断せざるを得なくなったのだ。何者かとは、人間が神とか仏とか呼ぶ存在、システムだろう。宇宙人かもしれないな、私には判断できないが。

●追記
 急に米軍(米国防総省)が海軍機が空中で撮影したUFO映像を公開し波紋を呼んでいるが、まさか私に関係するのかね。半分冗談、半分本気だが。   ・・・・・追記終わり

 東日本大震災の後、人間界で決定的だったのは、震災直後の円高対策として「緊急国際為替介入」を唱えた所、数時間後に当時のG8の電話会談で緊急の為替介入が決定、実行され、異常な円高傾向が一時は緩和された件だ。主要先進諸国は日本以外は全てキリスト教国で、私に関して起きる「一致」を神の意志の表れと解釈するようだから、私の声にも従うのだ、愚鈍で無能なスパイの巣の日本の国会や政府と違って。

 東日本大震災は、まるで私の案をなぞるようにして震災が来たかと感じる程で、とても偶然の重なりとは思えなかったのは既述の通り。その復興案を当時の無能な民主党政権は全く実現できなかったが、そんな悪夢を引き継いだのが、民主党政権を悪夢と批判し政権を取り戻したアベ政権だった。今回の中国新型コロナという大天罰に際して無為無策無能無責任な安倍政権は、正に右の民主党政権だった。


 今回の中国新型肺炎パンデミックという大天罰についても、「肺炎」や「生殖機能」以外にもズイブンと不思議な「一致」がある。私は赤魔独裁の中国を倒す世界ネット革命を唱え、対中国共同防衛圏・新東亜共衛圏・ナセアン(日本+アセアン)を構想し、それと連動するのがトランプの参謀のバノンでもあるのだが、その中国を痛打し中国の悪事やヒドイ後進性を世界にさらしたのが今回のウイルス騒動だ。
 しかも、新型コロナウイルスを世界にマキ散らしたのは武漢人より有名な「温州(うんしゅう)商人」、温州の商人や職人だ。温州とは私の祖父と称する者が日本での栽培技術研究の草分けとされる「温州ミカン」の温州だったのだ。この温州では、やはり私に縁が深い高速鉄道の大事故、雷による「温州高速鉄道衝突事故」も起きている、確か妹と名乗る者の誕生日あたりに。自称・祖父は元は農林省の現地採用?職員で、戦前は静岡県の柑橘試験場長だったが、戦後は日本園芸農業協同組合連合会の専務理事となってミカンを中心とする果実の全国販売や農家経営、そして農林省内での園芸局の独立などに深く関わった。現在の我が家は、都心が一般市民無差別虐殺の焼夷弾空襲で焼け野原だった戦後の混乱期にスタートした同組織の仮の事務局兼幹部住宅だったものを、後に祖父が退職金代わりに受け取ったモノだ。
 米国での感染でも、私が問題視していた反日ナチの牙城であり、中韓汚染のヒドいハリウッドもあるカリフォルニアで最初に感染拡大した。韓国映画のアカデミー賞という大問題が発生した直後の感染爆発で、カリフォルニア州が特に戦争中に反日ナチ的行為を続けた事を謝罪した程度では済まなかったようだ。私はカリフォルニアへの天罰として何年も最悪記録を更新し続ける大規模山火事以外に、将来的には「米国西海岸大震災による大地震や大津波」を想定して警告してきたが、それよりヒドイ人的損害が出るようだ。
 しかも、NYで感染爆発が表面化した頃、カリフォルニア州が外出制限した3月19日は米国の中銀に当たるFRBが韓国等に「通貨スワップ協定」を付けて韓国経済破綻を一旦は防いでしまった日だったのだ。韓国の破綻こそ神の意志の韓国懲罰なのに、それに逆らって。そういえば、NYもカリフォルニアも私が悪魔と非難する民主党の基盤だ。

 そして、ネコの話だ。我が家に19年いたネコが昨年初頭に死去し「風の精霊になった」と書いてきたが、その後には羽田に到着した反日テロ悪魔の韓国の首相がタラップで強風に遭ってカサをへし折られたり、我が家の悪魔女の結核発病事件で私が怒ると巨大台風が東京を直撃し東日本を襲って堤防決壊140カ所となったが、どちらも「風」によるものだった。キリスト教的に言えば、我が家のネコは生まれた時から精霊や私と一体化していたのかも知れない、正統派キリスト教の三位一体説風に言えば。そして今回は中国新型コロナ肺炎パンデミックという大変な「カゼ」の大天罰だ。日本語では空気中を吹く「風」も病気の「風邪」も同じカゼの発音。両者の発音は英語圏では異なっても日本語では同じ。私が考えることが神の裁きになるとすれば、風と風邪は一緒なのだ。私にとってそうなら、そうなのだ。
 日本でも神の風、「神風」という有名な話があったよな? そう、日本侵略を図るモンゴルの手先の中韓人の大船団を台風が壊滅させた話だ。そんな話も忘れたのか、神国を名乗った日本の連中も。忘れたから高齢者の致死率が高いコロナで「高齢の家族の死」の事態に直面するのだろう。我が家のネコは私には大切な家族のようなもので、人間で言えば90歳を超える高齢だったそうだから。


 このような不思議な一致は数限りなくある。東日本大震災でも同様で、「単なる偶然の一致の重なりでは片付けられない話、何者かによる意図的な一致、すなわち神の罰」と結論づけたのだ。それがマタ起きたのだ、中国新型コロナ肺炎パンデミックという大天罰で。

 それだけではない。もう一つの重大な一致が、浅田真央の話。フジテレビの「志村けんのバカ殿様」での浅田真央の韓国焼酎持ち上げ事件のに関する話だ。浅田がバカ殿へのミヤゲとして韓国焼酎を持ち出し、わざとらしく長々と撮して持ち上げた事件だ。「母親を韓国人に殺された浅田がナゼ」と私は浅田を批判し、スパイ防止法のない段階での片手落ちの「川崎市ヘイトコール罰則条例」まで起きた期に韓国スパイ活動の深刻化の状況にも鑑みて浅田を勘当処分として親子の縁を切り、謹慎(きんしん)せよと書き、浅田は年末年始の特番への出演は止めたようだ。こちらが勝手に親がわりを名乗っただけだから縁を切るのも勝手だと。
 これは「大切なモノを全て悪魔の朝鮮人へのイケニエにして保身する日本人を絶体に信用しない」という私の言の前半部分を無視して後半部分のみ真似た形だったようだ。このような浅田の反応は以前にも何度かあったが、今回は特に内容を理解しないで表面だけ真似て本質を完全に損なったから、軽薄、軽率としか言い様がなかった、重大な問題をはらむ。
 2020東京五輪に関するマスコミ利権と引き換えに朝鮮の悪魔のスパイどもに付け入られたか、元から浅田が朝鮮系だったのか。いずれにせよ許される話ではなかった。志村のコロナ病死は番組の主催者としての責任を取ったのか、責任者として神に処刑されたのか。志村の命と引き換えに浅田は罪から解放されるのか。どちらだろうか。古代ローマからイタリアのマフィアに引き継がれたという責任の取り方では、首謀者が自殺すれば追随者は助命されるそうだが、志村の死で浅田の罪は不問なのか。
 この「バカ殿様事件」の結果、志村けんのあっけない最後を見ただけではない。私は「マオの箱船(はこぶね)」の話を何度も書いてきた、人類を救うものとして。しかし、浅田の勘当で日本人は神との連結器を失い、神の加護を失い、雇われ職とは言え「救いの箱船」の船長が不在では日本人だけでなく世界人類が救済のすべを失うとか書いたかな。その救いの手段を失ったせいか、日本も世界も病人と死体の山となったのは偶然の一致か? そうではあるまい! 
 この「志村けんバカ殿様・浅田真央の韓国焼酎持ち上げ事件」は、浅田との事務的な最低限の意思疎通があれば防げたであろう話だ。それを何もせずに放置した者達、私の周囲の者達の絶望的な怠慢の結果、世界が死体だらけになった事実を、どう捉え、どう償うのか。私の後見による異常円高為替の改善で千兆円とも言われる利益を受けながら、日本人は、その程度のことすらしなかった。というより、私の周囲は朝鮮人や小役人だらけらしいから、私に真に良い事、私が望むことは絶体にしないのだろうよ。

 今回の中国新型肺炎パンデミックという大天罰は、正にそのような「一致」のカタマリだ。とても偶然ではあるまい、ここまで一致が重なると。特に私の希望をとことん踏みにじり無視することの結果だったのだが、このような一致のカタマリは東日本大震災も同じだった。吉田所長やタロウ地区や仙石線沿線の壊滅を始めとする一致は数知れず。損害保険の世界では百万分の一の確率の話は普通の生活では起こりえないこととされる。百分の一の確率のことが3つ重なって起きると百万分の一だが、東日本大震災では私にとって百分の一の確率の話が10も20も並行して起きてしまったから、「何者かによる意図的な一致」、すなわち神の御業(みわざ)と考えたのだ。それがどうやら、今回の中国新型肺炎パンデミックでも起きたようだ。

 私の切なる希望や願いを踏みにじると起きてきた巨大なわざわい。それを知る者は、少しでも人間として生きたいのなら、かかる惨状を改善すべきだったのにやらなかった。この大罪は償わせねばならない。人類では最大の権力者で日本の親分国の親分のはずのトランプも何もせずに放置した結果、米国も死体の山となった。私の周囲の者が浅田との意思疎通も妨害したとすれば、排除の対象とすべきだ。米国の国家安全保障上の理由だけではない。人類の生存に巨大な脅威を与えた敵の排除だ。このような場合の排除とは、相当に多くの場合、暗殺だが、人類の生存のためなら小さな事だ。そんな責任を全く無視したのが日本政府だが、こいつらは全く資格もないクソだから、米国は日本政府の権限など無視して神の意志に従うべきだった。それをやらなかった報いを受けており、最後の期限として今週末というチャンスを与えられているが、トランプはやれるカネ。やらないと第二次感染爆発か。それとも、米国西海岸大震災か。


 そんな内容なので、この文章は「自然、歴史」という天罰に関係する項目に入れた。骨の髄まで怖れおののいて、少しは神を怖れる気持ちを学んでから死んで地獄に落ちろ。キサマラには地獄しかないのだ。私のヒイキの「杏(アン)」も歌っているだろう? 離婚騒動の杏の歌だよ。「怯えて気をつけろ。命を失うな」とか警告する歌の動画だよ。そう、仏教的な輪廻の考えからタイで語られる「私がタイの英雄の現王朝5代王の生まれ変わり」という話に従えば私の父親に当たるタイ現王朝4代王を歌劇「王様と私」で演じた俳優の娘の杏だよ、妖怪人間ベラも演じた。強く怒ると妖怪人間に変身する役だよ。欠勤より死を怖れて外出するなとか解釈できる言葉の背後にある、神への恐れとでも言うべき、歌の影の意味が分かるか? そうだよ。怖れろ。苦しめよ。苦しめ。青くなってオビえろ。ブルブル震えろ。そして償ってから死ね。それが貴様らの魂への教育だよ。
 
 敢えて言う。
 「ザマを見ろ」
 「思い知ったか」
 「地獄に落ちろ、神をウジムシ呼ばわりした神へのタダ乗り屋」

 神をイケニエにし、神をペット化して踏みにじりながら利用し抜いた当然の報いだ。

 これは恐らく、世界人類が本当に神を大切にするのかを見ることにもなろう。口では「神、神」という奴は世界には非常に多いが、本当はどうなのか。映画「十戒」の悪役のエジプト王国とは、今回の場合は世界人類全体かもしれない。世界人類が神を信じ神を怖れ神に平伏すか否か、神は見ていると思う、当然。少なくとも真の信仰を得て神に償うかだ。しかし、この期に及んでも人類の一応の代表格のトランプも何も出来なかった、あの乱暴者でも。結果、米国は韓国を助けた罪や過去の神への罪も問われて死体の山となり、このままだと死体は更に増え続ける。どうするカネ、トランプよ。無為無策の属国のクソ日本を強力に指導して私に服属させないと、本当に人類が滅び兼ねないぞ。いや、性機能に重大な損傷を抱えたままで生き続けるのかね、天罰に怯えながら。いずれびせよ、人間どもの態度次第だ、今は全く無回答の「無視」だが。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/3061
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml