CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 脅されて起動の安倍政権 ー株価下落、北海道休校、五輪中止報道等でー | Main | 小中高全校に休校要請 ー日本人に厳しく中韓人に甘い安倍自民政権ー »
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
早く中国全体の入国制限を ー温州商人等が中国でもイタリアでも感染拡大ー[2020年02月26日(Wed)]
「イタリアの中国新型肺炎感染拡大は中国の温州(うんしゅう)商人から」 愚鈍な日本政府でさえ入国拒否の浙江省の温州の商人は昔から有名で、今は世界中を激しく動き回るから、ハルカ遠方のイタリアまで感染を拡大させたそうだ。温州商人には繊維や皮革に関わる者も多く、イタリアやフランスに行く者が多いのだと。服やカバンを造ったり商ったりなのだろうよ、作業員は商人とは呼べないが。
 既述の温州商人は古くから動き方が大きかった。交通の便が良いとはいえ隣接でもない800キロ離れた湖北省の武漢にも多く出かけていて感染者も多く、温州のある浙江省の中国人は日本入国禁止となったが、イタリアまで感染させるとは、中国内でも様々な場所に肺炎ウイルスをマキちらすはずだ、温州は武漢のようには封鎖されていなし。北京の感染の危険は極端に延長された春節の休暇明けの農民工(出稼ぎ農民)や学生の大都市帰還だけでなく、温州商人等も不安材料となるようだ。
 湖北省と浙江省だけではダメだ、入国拒否は。ちょうど、感染爆発で国中が危ない韓国なのに大邱だけ入国拒否ではダメなのと同じで。
 直ちに中国全体からの入国を拒否するか2週間の隔離をせよ、中国がやっているように。中国共産党の国際宣伝紙「環球時報」ですら、宣伝目的のうぬぼれ記事とは言え、「日本の対策は手ぬるい」と書いているそうだ、汚染源の戦犯が盗っ人猛々しくエラそうに。ならば、それに従って「中国人と韓国人の入国停止」を実行すべきだ、直ちに!


 繰り返し確認するが、安倍が軽率無責任な習近平国賓訪日招待を口実に中国人入国停止もしないなら、それは保護する責任のある自国民の安全をドブに捨てるだけでなく、中国と経済戦争中の米国との同盟・日米同盟の軽視に繋がるという重大な事実を理解すべきだ。だが、幼稚で知恵足らずの安倍官邸では、そんな国際常識も理解できない恐れがある。いや、分っていて無視して売国する恐れがあるのだ。
 ソチ五輪直前の突然の靖国参拝は米国に止めたれていたのを無視して強行したが、中国が乱暴な防空識別圏設定で遠くの欧州まで含めた国際世論の批判を浴びて孤立していたのをマンマと助ける形となり、味方のはずの西側の国々からも呆れられた、「日本と中国、どっちもどっち」とか。石原が無理な尖閣公有化で助けたのは、結局は同時期の竹島侵略問題での日本国内での反韓感情の高まりを誤魔化したかった韓国だったというのと似て。
 安倍は愚かさや幼稚さで中国や朝鮮半島を助ける事ばかりしたとは限らない。小泉以来の北朝鮮とのパイプとヤラは、結局は中朝との癒着の証拠らしい、小泉の元秘書とかいう人間の驚くべき売国的言動を見ても。そんな安倍が愛国タカ派のフリをしてもダメなのは当然。表向きは異なっても、結局は狂った親北の韓国極左首領と似ているのだ、安倍は。日韓GSOMIA破棄騒動で米国に徹底して圧力を掛けられた極左首領と。GSOMIA騒動の折の韓国と今の日本は立場が似ているのだ。それを忘れるな、安倍。中国人入国停止程度のこともしないと、後は米国の徹底制裁だぞ。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2919
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml