CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 各国が米国に続き自国民引き取り ー横浜の隔離クルーズ船問題ー | Main | 中国新型肺炎菌は武漢の研究所から流出? ーズサンな中国に世界が危惧ー »
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
中国新型肺炎収束に1〜2年で東京五輪中止の危機 ー国内感染者数千人の推計ー[2020年02月16日(Sun)]
東京五輪も危ない。「中国新型肺炎は収束に1〜2年」「日本国内の感染者は既に数千人」とは専門家の見解だ、肩書きは元WHOコンサルタントの。中国の犬のWHOの関係者だから中国の意に沿って東京五輪にケチを付けたいのかも知れないが、国内感染者数千人とはムシロ控えめに感じるから、政治目的の誇張かは分からない、出し方に意図があっても。国内感染者数千人との海外の推計も既に出たが、その推計で前提とする数値は決して過大とは言えない。私も国立感染症研究所の示した衝撃のシミュレーション「首都圏の通勤ラッシュで一人から一週間で12万人に感染」を重視しているし、春節期まで汚染源の武漢人の大量侵入を放置した日本政府の愚鈍や売国や安倍政権の無能も良く分かっている。だから、国内に既に感染者が数千人と言われても驚かないし、収束に1〜2年と聞いても「やはり」と感じるのだ、少々ショックではあっても。

 これで本格的に東京五輪が危なくなってきた。安倍政権の責任だ。安倍は直ちに引責辞任しろ。

 従来の推計では感染は暖かく(高温多湿に)なれば収まるとされ、遅いとする推計でも5月半ばまでには収束と聞いていた。だが、1〜2年では五輪は無理か、大きく影響を受けるかだ。もう、逃げられないのだ、日本政府は、安倍は。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2871
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml