CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 改憲よりスパイ防止法を優先せよ ー更にスパイ天国の日本ー | Main | 武漢を閉鎖!? ー中国の強権新型肺炎感染対策ー »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
神の敵となったWHO ー中国新型肺炎で緊急事態宣言せずー[2020年01月23日(Thu)]
WHO・世界保健機構は悪魔に魂を売り神を裏切った、中国自身が武漢という大都市を実質閉鎖する事態なのに。「中国以外がヤルと中国ににらまれるから」だろうな!

 腐敗したWHO関係幹部の全てを信仰の世界から追放せよ、直ちに。WHOは昨夜の緊急会合で中国新型肺炎での緊急事態宣言を見送り、今日以降の継続協議とした。あからさまな小役人的な先送りだ。中国人や最悪の属国の韓国人はともかく、周辺アジア諸国10億の人間の安全を軽視、赤い悪魔に売り渡した。その中には神も含まれる。中国人の春節旅行先人気NO1が日本だから深刻なのは分かっているだろうに!

 感染症でのWHO緊急事態宣言の要件は、おおよそ、@「感染力」A「危険性」。どちらも要件を満たしている。
 @の感染力はどれだけ人に広がるかだが、人・人感染が確認されただけでなく、純粋に学術的な病原菌の単純な感染力だけでなく、春節での中国人の大移動で延べ30億人が移動する状況を考えねばならず、社会全体で見た感染の危険は極めて大きい。
 Aの危険性とは致死率等だが、中国の発表でも重症化率25%とは大きな危険性だ。4人に一人は重症化するとは大変な危険性だ。「致死率が低いから大丈夫」などと間違っても言ってはいけないのだ。

 中国の独裁体制下での強烈な官僚腐敗による情報インペイは最前から指摘されてきたのに、WHOは中国の赤いカネで買収されて周辺諸民族の安全を赤い悪魔に売り渡したとしか思えない。春節という特殊状況を知っていながらだから、タチが悪い。ここでも直前に述べた「自称専門家の社会的見識の低さ」につけ込んだか装ったかのスパイ活動だ。全人類への裏切り、神への裏切り、絶対に許さない。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2773
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml