CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 新型ミサイルの性能 ー高度2000mまで達するー | Main | 決定的な証拠が出た⁈−加計学園学部新設問題− »
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
秋篠宮眞子様の御成婚−進まぬ女性宮家論議等−[2017年05月17日(Wed)]
秋篠宮家の御長女、眞子様の御成婚が報じられた。朝鮮半島の核ミサイル危機という物騒な状況下で、珍しく明るい話題だ。皇室関連の議論すらできない平和ボケで政治愚鈍の日本人には何ともおメデタイお話だが。お相手も徹底的に素性をさらされ、プライバシーも何も消滅して大変。少し静かにしあげろと言いたくもあるが、若いのに良い覚悟とも思う。海の王子? 私と同じ海洋系? 

 だが、おメデタい一方で、また重要皇族が皇籍を離脱なされる。皇位継承候補の秋篠宮悠仁様の姉君でもあられる極めて重要な女性皇族が抜けられる訳だが、またぞろ日本政府、日本人社会は、「一代限りの女性宮家の創設」といった現実的な議論すら間に合わせる事が出来なかった、眞子様の御成婚に。
 確かに、インターナショナルスクールにいた海の王子という、やや日本人離れした若年の一般人に宮様の称号をいきなり担わせるのは荷が重いとは言えよう。既に上記のような有様だし、周囲からの規制が厳しいし。
 一部関係者等の反対を押し切られての自由恋愛?結婚だった秋篠宮家あたりの「眞子様御成婚の邪魔にならぬよう」といった御意向への忖度(そんたく)もあって、女性宮家議論が表に出しにくかった可能性も無きにしにあらずだから、今の所は現状を全否定はしない。だが、日本人の政治愚鈍、安倍自民党政権の無能無為無策で媚韓的な惨状を考えると、このまま無責任状態が続く恐れがあるから嫌なのだ。
 日本社会全体でみると、このままでは皇族が消滅するという危機感は薄い、口では言い訳しても。立派な皇室や王室は民族・社会の宝だ。タイを見れば分かるだろう、属国民に成り下がった日本人は忘れていても。その民族の宝、世界最高の宝が危機なのに、日本の最重要課題なのに、放置、軽視とは、全く日本人は愚かでマヌケ、どうしようもない。

 「一代限りの女性宮家」とは、現状では御成婚で皇籍離脱されてしまう女性皇族に一代限りで宮家を建てていただく事。男系ではないので一代限りとし、外部の男系の血を皇族に混じらせず、スパイの皇族侵入なども防ぐ。御成婚相手の素性への関心にはスパイ天国日本の複雑な背景もあろう。深刻な縮小の危機にある皇族を何とか維持し、ご高齢の陛下の御公務負担の軽減等も図る策とされてきたが、議論は頓挫しているのだ。
 愚鈍で売国的な日本人は、陛下がテレビで直接に国民に御退位の御意向を表明されて、ようやく御退位議論を本格化させる有様。陛下の御意志ですら軽んじられるのだから、女性宮家の話なんぞ、どうでも良いのかね、日本人には。このような重要課題の解決をサボって来るとは、信じられない政治愚鈍、いや、単なる無責任、というより卑怯(ひきょう)だ。世界人類史上最高の伝統を誇る皇室を持ちながら、それを反日外国へのイケニエにして保身する、世界人類史上最悪のクズだ、日本人は。結局は、そこのオマエも含めてだよ。


 首相の安倍が愛国者の右翼という話は全くのウソだと、ここでも証明された。左翼のハト派以下。あの最低の民主党政権でさえ「女性宮家創設」を議論していたのに、「日本を取り戻せ」とワメイて政権を取り戻した自称愛国者の安倍の政権が、民主党政権程度の議論すらせずに、この重要問題を数年間も放置とは、全く正体がバレバレだ。国が大切といいながら東京五輪という国家的イベントの準備を放置し、日本の悠久の歴史の中心である皇族の問題を放置し。これ程に中韓、特に韓国の国益に沿った首相も少ない。やるべきことをサボって朝鮮系の森友学園だけ推進しと。もう、いい加減に辞めろ、私の誕生月の内に。


 今年のタイフェス2017の開会式では、なぜか、学習院大学の名誉教授(引退した永年勤続の教授への名誉称号)と名乗る白髪白鬚(ひげ)の老人が壇上にいた。秋篠宮紀子様(秋篠宮妃殿下)の御実家と似た名前だったようだが、今になって考えてみれば、この事だったのかね。「韓国人のテロに遭う佳子様をタイへ」と唱えていたせいかと思ったが、こちらだったのか。やはり、世界の重要な話は、私の誕生会も兼ねる5月のタイフェスから5月30日の誕生日の間に動く。タイのクーデターだけでなく。そのために無理して先王崩御の喪中でもフェスを強行して準備不足になったのかね、展示の日本語訳などが。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/1582
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml