CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 売国ドラマ減少せず2 | Main | 直ちに対韓国断交を »
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
やはり焼殺・爆殺か[2009年11月19日(Thu)]
朝鮮射撃場火災・日本人大量焼死事件は、やはり焼殺、爆殺といってよいようだ。今、原因として語られるのが「火薬の粉じん火災・爆発」。火薬を使う武器を大量に使用・保管する危険物取扱施設でスプリンクラーや避難誘導対策がないだけでも異常なのに、爆発物の火薬の粉がそこいら中に散らばったままにされていたとは。

 「床の火薬の掃除をせず」
 一部報道では、この射撃場は以前の朝鮮当局の検査で「床に散らばる火薬の粉を掃除するよう指導された」と聞いたが、事実とすれば(おそらく事実だろうが)、この話だけでも噴飯(ふんぱん)・驚愕(きょうがく)もの。
 悪しき中国文化圏の周辺部とでもいうべき朝鮮の人間は、とにかく掃除をしたがらなかった。中国人や朝鮮人に、日本人なら当然の掃除をやらせようものなら、異常な不潔な屈辱的な労働を強制したとか騒いで「報復・復讐テロ」に走りかねない。大学院の学生控室の掃除など全くせず全て私に押しつけていたし、朝鮮人留学生の住み家等を見ても良くわかった。「精神的に余裕がない」との言い訳だったが、元から「まず掃除」といった日本的な習慣などない連中だから。掃除とは、使用人が主人に命じらてやらせたり、軍隊帰りの男に聞くと下級兵士が上官に命令されてやる事だったりのようだ。中国文化圏の中・朝人の町も家も、使用人がいないような所はゴミだらけになるのは、そのためか。最近は日本の副都心のはずの池袋等もそうなったそうだが。
 
 「我が家での毒物テロとの共通点」
 我が家でも、母と名乗る悪魔が「家の掃除を強制された」と逆恨みし、それが無関係の私に毒を飲ませ続けた原因の一つと疑われるのと似ている。私の昔の家の一階の座敷の家具(タナ?)には掃除スケジュール表らしきものが貼ってあった。何曜日はどこの掃除、とかの内容だったと思う。そのようなもので指示でもしないと、主婦なのに掃除しない、我が家の悪魔は。こういって開き直って被害者ぶって怒りを私にぶつけた、「私はこんな表の通りに掃除させられている!」とか。そして、私に毎晩、毒を飲ませるスケジュールを頭の中で組み立てたのか、当然の復讐の権利、ウラミの結果として、無抵抗の幼児に。まるで朝鮮的な「ウラミの文化」、労働者の待遇に不満で無関係の日本人が食べるギョーザに毒を入れた中国人のようだ。極めてズサンでガサツ、卑怯(ひきょう)で凶暴で無法で下劣で幼稚だ。無抵抗の日本人相手の対日テロに生きがいを感じるような朝鮮人のように。
 
 「ズサンでガサツ」
 生活全般で朝鮮人は何かと「ケンチャンタ、ケンチャンナ」(いい加減でいい、テキトーでいい)と言ったそうだ。私も聞いた。店での釣り銭がいい加減とかいう状況もかなりあったそうだ。朝鮮の大企業の組織の基本といわれる軍隊も、日本統治時代の日本軍のコピーなのに、金もうけに役立つ所だけ学んで、「厳格・精密・清潔」という大事な部分は都合よく落としているのだろう。そうでなければ、武器の扱いに慣れた軍隊出身の朝鮮人が武器を扱う場所であのようなズサンでガサツな管理をするはずがない。日本式の軍隊を出ると元の朝鮮人に戻ってしまうのだ、当然だが。
 朝鮮人の首領(大統領)がこの事件や射撃場の状況等を「韓国の恥」とか言っているそうだ。が、真実をごまかす意図が透けて見える。朝鮮は、そこいらじゅう、この射撃場と同じような状況。外資の投機資金を分不相応に不用心に大量につぎ込んだ一部豪華施設でも、中身の人間は元のままの朝鮮人。射撃場だけが悪いとごまかしても、ガサツでズサンな反日テロ国では、国全体が似た状況なのでは。この射撃場が「恥」なら、朝鮮中が恥だらけか。その全体を正直に恥とは言わずに、観光収入が減るからと日本人焼殺事件やその射撃場のみ恥といってゴマカしても・・・。
 朝鮮当局は、当初、射撃室内部が激しく燃えている事実を知りながら、「待合室のソファー付近が火元か」「ゴミ箱が火元か」とか、待合室の日本人やその喫煙が原因であるかのような情報、今にして思えば、「被害者である日本人への責任転嫁のウソ」と思われる話を流していたようだ。被害者のせいにして加害者の責任をごまかそうとしたのだ、初期に情報を流した警察等の朝鮮の公務員は。それが「恥」なのだ、掃除をさぼったことだけでなく、朝鮮人社会全体が。
 前にも、日本人は食品等の製品の品質には「敏感」でも、最重要な国民の安全保障等には「鈍感」と嘆いた。朝鮮大統領が自国民に関して似たことも言っているそうだが、伝わったか? しかし、鈍いのは日本人で、朝鮮人は恥知らずなのだ。日本人は鈍感、朝鮮人は厚顔無恥。自国の大統領に「恥ずべき」といわれる状況を日常的に行って恥ずかしいと思わないのだから。朝鮮の大統領とやらがまずやるべきは、その恥ずべき状況を自国民に理解させること。背後にある「日本人なら死んでもよい」「日本人を苦しめれば英雄」という反日テロ思想・教育への謝罪と反省による、問題再発防止策の策定と遺族への謝罪だ。そうでなければ、即、国交断絶だ。

 「一日も早い国交断絶を」
 北朝鮮工作員による大韓航空機爆破事件では多数の南の朝鮮人が死んだが、工作員キムヒョンヒが日本人の偽名を名乗ったので、当初、愚かで反日を国是とする韓国政府は対日国交断絶を考えたとの話を聞いた。日本人のせいにされては嫌だと、在外公館の日本人が、裏社会と取引までして必死に工作員の正体を暴き、逮捕へと導いたそうだ。これはテレビ番組の単なる演出かな? それなら、明らかに朝鮮人の責任による今回の日本人爆殺事故では、連中の理屈では対朝鮮国交断絶が当然となる。

 「未必の故意による殺人」
 やはりこの事件は、最低でも「未必の故意による殺人」である事は、まず間違いない。銃器に慣れた徴兵制の韓国人が、火薬の粉じんの管理がガサツでズサンだと爆発が起こる危険性を充分承知した上で、掃除も満足にせずに放置し、事故を起こしたのだから。「事故が起こる危険性」を良く知った上での事故だったのだから。当局も、最も安全に注意すべき施設でも「安全管理はテキトーでよい」としてしまっていた疑いがある。徴兵制の朝鮮では、監督される側も、する側の当局の役人も皆、火薬の危険性を充分に知る軍隊経験者なのだが。

 「事故に見せかけたテロの可能性」
 ここで最も重要なのは、その裏にあるものを疑わねばならない点だ。「植民地支配で国を奪った憎き日本人からは何を奪っても構わない」、島でも金でも技術でも命でも。そんな対日テロ願望の強い、「うらみの文化」でテロ的傾向の強い民族の朝鮮人が、事故に見せかけて日本人を大量爆殺したと疑った方がよい。「このまま掃除等の管理をズサンにすれば、いつか爆発が起きようが、単なる事故と言い張れる。それならやってしまおうか」という思いがあったと、疑うべきだ、当然。
 このような施設で爆殺テロを起こしても、火災事故を装えるのだ。日本でいえば過失(過失致死)で済ませられる。日本人を大量に爆殺・焼殺できるのに、テロでの殺人よりずっと軽い罰で済むだろう。これはテロとしては大変にやり得だ。
 火薬粉じんを放置して銃の発射時の発火等で爆発させる。それがいつ起こるか正確には設定できなくても、事件の黒幕は事故の起こりそうな時や場所からは離れていればよい。強い発火は射撃時だし。たとえば、店員に「(火薬の粉の)掃除はケンチャンタ(いい加減)でいいよ」とか言って朝鮮的な人の良い(ずさんな)経営者を装っても、あの国では何ら不自然ではないだろうし。朝鮮経済は崩壊寸前とも言われた。経営苦での自爆テロ?の可能性もあろう、あの国民性では。
 ガサツでズサンな国民性なので、一般人が一般的に掃除など満足にせず、朝鮮には汚い食堂や火災時の避難経路が確保されない建物等が観光客の多い地域でも沢山ある。この事件をその状況の中に紛れ込ませてしまえるのだ。「掃除しないのはこの射撃場だけではない」「みんな普段から掃除しない」「意図的に火薬の掃除をさぼったのではない」と。この状況を利用して、「朝鮮では単なる事故」と言いくるめる作戦が立てられる、事後にも、事前にも。強烈な反日なのに、日本人の落とす観光収入を減らしたくない朝鮮当局は、これを利用しテロの可能性を隠そうとするだろう。すでにその傾向が見えるし、裁判等にも影響する。たとえテロでもごまかされる、裁判所にも。
 「火薬粉じんを満足に掃除しない」という異常な状況が当然と言い張れる異常な状況を隠れミノにするテロの可能性。そんな悪魔の巣に、テレビにだまされのこのこ踏み入れる日本人は、本当に愚かだ。

 「テロ民族の実態」
 朝鮮人や朝鮮的テロ傾向のある者たちと長年接触した者としては、家庭内テロ的な虐待で人生も健康も財産も破壊された者としては、この程度の警戒は当然なのだが。たまたま母と名乗る者や周囲に朝鮮的な言動の者が多くいたり、たまたま父親が北朝鮮の有力な協力者だっただけかもしれないが、「事故に見せかけた虐待」を何度も経験した者としては、このような警戒は当然なのだが。愚かで醜い日本人には分からないのか。自分達が事故に見せかけた虐待にも加担していただろうに、このような所でだけ、それを忘れるのか・・・。

 「テレビの大罪」
 テレビでのこの事件の報道を聞くと、「速やかな原因究明が望まれます」とかのたまう。いい加減にしろ。お前達のせいだ。反日の危険な「悪魔の巣」に、国民をだまして送りこんでいる張本人どもが・・・。
 以前、無謀な政府の留学生拡大政策や無名大学の定員割れ対策で留学生審査がおろそかになり、留学偽装の中国人犯罪者が大量入国し各地で凶悪犯罪を起こして問題になっている話を書いた。あるテレビ局がそれを取り上げ、番組で文部科学省担当官に責任を問うと「そのような認識でいらっしゃいますか」とか、全くふざけた答えでごまかそうとした事にも触れた。
 今回の爆殺事件で、テレビ局はテレビ局自身に取材すべきだ。テレビ局の朝鮮ドラマや朝鮮旅行モノ番組で無知な視聴者をだまし、ガサツでズサンな反日テロの悪魔の巣の朝鮮半島に送り込んだ責任を問うべきだ。担当のディレクターやプロデューサー、編集局の幹部、社長等々にだ。「そのような認識でいらっしゃいますか」ととぼけた小役人の方が余程マシな反応しかしない腐りきった異常な奴らだろう。が、必ず明るい所に引っ張り出し、「事業仕分け」のように、連中の存在を社会的に消すべきなのだ、削除、と。以前に紹介したアニメ「デスノート」ではないが・・・。
 本来、それはテレビ局として当然の事だ、現実には大変に難しいが。だが、それだけでも済まない。真っ黒に焦げた死体の前に、そんなテレビ局の朝鮮モノ番組の関係者を全員連れて行って、土下座させて謝罪させるべきなのだが。

 「殺人官庁」
 朝鮮ドラマ等を全て見て見ぬ振りしてきた放送行政も、朝鮮観光を煽った観光庁も、有効に抗議できない外務省も、担当者全員、この件での責任を追及すべきなのだ。またぞろ、「そのような認識でいらっしゃいますか」とかいうのだろうか。それでは許されない、決して。
 私は今まで、自国民の生命・財産を危険にさらして無為無策だったり無謀な政策を進めるような小役人の役所を「売国官庁」とか呼んできた。「売国観光行政」「売国航空行政」「売国放送行政」などなど・・・。
 しかし、この事件が起こった後は「殺人官庁」と呼ぶ事にする。「殺人放送行政」「殺人観光行政」等々。朝鮮ドラマも「売国ドラマ」から「殺人ドラマ」に、それを大量に放送するテレビ局も「売国放送局」から「殺人放送局」に呼び方を変えようと思う。
 

【韓国射撃場日本人大量爆殺事件の最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/147
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml