CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 極めてキレイな夕焼け | Main | 新国立競技場白紙撤回−五輪準備全体の白紙撤回的な再検討の最後の機会− »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
戦争できてもせぬ国に[2015年07月15日(Wed)]
「戦争できても、しない国」と言えば考えの浅い者には意味が分からず、敵国のスパイは分からぬフリだろうが、それこそが世界の常識だ。自国の防衛(戦争)の放棄など、米国による日本植民地支配の占領憲法での異常な話で、絶対に改善せねばならない。中韓の悪魔が喜ぶだけだ、裏で米国に操られる。だが、一方で、やらずに済む、やるべきでない戦争や軍事挑発まで軽率に行うのもダメだから、「戦争できても、しない国」という表現が出てくる訳だ。

 これは核抑止力などと同じ。「使えても使わない兵器」。今の所、実際に核を使って一般市民を大虐殺したのは米国だけ、世界人類史上最悪の人種差別・虐殺国家の大悪魔の米国だけだ。そんな米国に軍事・防衛の最低限の権利すら握られてきたのが日本だが。戦争という国策をコントロールするのは、あくまで自国の政治。それができる政治を育てるという、主権者として最大の義務や努力を放棄して、「戦争する(できる)国、反対」では、幼稚・無責任そのもの。「日本人は政治なんてできませんので、国防力を持ちません」と言えば、いかにも反日テロ国の中韓のスパイが喜ぶフレーズとなる。私は安倍の軽率さは大嫌いだが、反日国のスパイの巣である左翼は心の底から憎いのだ。

●追記(7月15日深夜) 
 中韓マスコミは「危険な法案に激しい反対」(中国)、
 「日本の武力行使に道開く」(韓国)とか反対ばかり。
 当然だ。自分ら中韓の悪事に反撃する道具だからナ。
 日本を植民地支配する米国の手先として日本を支配 
 したい韓国(朝鮮)は特に。奴隷が抑圧者に反撃する
 武力を持ったらマズいからだ。奴らは植民地支配の
 犠牲者とかいうが、自分らがやっているのは同じ事。
 マダガスカルの農地の大半を99年間租借したりだ。
 民主主義や正義の心から植民地支配を憎むのでなく、
 自分がやりたいのにやれなかったから悔しいだけだ。
 だから米国の手先となって抑圧してきた日本に反撃
 される道が開くと大いに困る。怖いのだ。我が家の
 朝鮮系スパイ夫婦が過去の罪がばれると困るように。
 安倍が軽率な奴でなかったら、私ももっと積極的に
 賛成しただろうに。国会周辺等の反対デモには左翼
 や朝鮮系だけでなく、「反アベ」も交じるかもな…。

 米国の植民地支配による「正当な防衛もできない見殺し裏切り憲法」が正しいという左翼やハト派は全くの偽善者で大嫌いだが、同じ程度に安倍的な軽率さでは国防権をまっとうに運用できないだろう。左翼は裏切り者、見せかけタカ派も軽率。これが日本の現実だ。朝鮮系スパイ夫婦に私に毒を飲ませ続けて自分らが平和なら良いと保身した日本人の見せかけ平和主義、「イケニエ平和主義」など、イケニエにされた私には憎悪すべきヘドの出るものにすぎないが、「安倍的軽率さ」も私を失望させ激怒させ続けてきた。
 日本人には国防権を運用する主権者の資格がないのだ。私の理想・構想から言えば、日本人なんぞに交戦権の運用などふさわしくないから、ナセアン(日本+アセアン)という共同体(東アジア対中国共同防衛圏構想)が交戦権を握るべきだろう、政治愚鈍の日本人単独ではなくて。他国では既に実行済みの徴兵制も、将来的な核武装の議論も、ナセアン連邦(帝国)が担当する。多くの日本人は逆に喜ぶだろうな、この屈辱的なはずの議論に。なにせ、恥知らずで真逆の売国教育を受けた奴らだから。「国防も徴兵も連邦の管轄ですから私たちには責任はありません」とか責任転嫁できるから。日本人は最も重要な防衛の話から卑怯に逃げ回るはずだから、その逃げ場を用意してやるのだ、感謝しろ! まじめにその意味を考えろ。ナセアンなどという巨大な構想は常人には無理だろうがな。

 日本人には主権者の資格がなく、安倍政権には日本統治の資格がない。どちらもとっととやめろ。7月末の期限は近づいているぞ、クソども。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/1208
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml