CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
なぜ肺炎感染バスガイドの国籍を隠す なぜ検疫拒否の武漢帰りの二人を帰宅させる ー外国人等の人権は日本人より優先ー[2020年01月30日(Thu)]
なぜ、バス運転手と共に中国新型肺炎に感染した大坂の中国語通訳兼バスガイド(バス同乗のツアーガイド)の女の国籍を隠すのか、当初は日本人二人目の感染者だと報じていたのに。中韓人だからプライバシー保護の名目で批判が中韓に向くのをゴマカスのか? あり得る、中韓人の人権を保護すれば日本の政治屋やTV屋は売国スパイ活動の目的を果たせるし、小役人どもも保身できるが、日本人の人権など守っても大した手柄にはならないから。
 今回のチャーター機による武漢からの避難民の中にも、二人ほど検疫を拒否し帰宅した者がいるそうだが、それこそ怪しいし、強制的方策を採るべきなのに、やらないのだ、日本の政府や政治屋は。社会不安を煽ろうとする中韓系の反日スパイ活動の一環ではないのかとすら感じる、大いに。
 そう考えると、感染バスガイド(ツアーガイド)の国籍を明かさないのは、不法就労や不法移民、見せかけ結婚等の違法行為とか、それを操る背後の何者かにソンタクしたとか、圧力を掛けられたか、そいつ自身がスパイでは、とすら感じる、こんな状況では。そんな裏を隠したくて日本のスパイ政治屋どもが国籍隠しや検疫逃れのために一斉に圧力を掛けたのではと、首里城(放火)炎上事件のモミケシように。
 明確にしないで情報を隠すから余計に疑われるのだ。それに、そんな困った状況を黙認して保身するのが最低の主権者である日本人の姿だしな。首里城も、ガイドの国籍も、検疫拒否者も、問題は同根ではないのか。
 さて、このよう醜態が全て日本人の罪としてカウントされているのだぞ。モウおしまいだな。
沖縄首里城炎上事件うやむやで幕引き ー放火事件の疑いを揉み消す?ー[2020年01月30日(Thu)]
反日テロによる放火と疑われる沖縄の象徴・首里城の炎上事件について、警察は事件性ナシとして幕引きを図る。何も出ないので事件性がないとか抜かすが、何か分からないから放火テロ事件の疑いが濃いのだ。首里に続いて有名な合掌造りの里でも同様の配電盤付近での不審火があってそれもウヤムヤにされているが、これも同様に中韓等の反日国民によるテロと疑われるのだ。中韓とも観光推進策のためにラ強力すぎるライバルの日本の観光資源は邪魔だし、そうでなくても日本で破壊テロをやれば英雄となれる狂った反日の悪魔の国だ。
 どうせ今回の首里炎上の捜査でも韓国の手先の国会議員等の政治屋や安倍官邸の圧力に警察が日和ってウソ捜査をしたのだろうよ、私への連続毒物殺人未遂事件と同じでな。だからスパイ防止法は改憲より優先だと言っている、真にタカ派的な側から見て。やはり安倍は全く骨のない見せかけタカ派の売国奴だった。だから改憲という看板でスパイ防止法も皇室問題もサボったのだろうよ。モウ安倍は辞めろ。辞めないなら亡ぼす、クソ日本人と共に。
ロシアスパイ事件と北方領土地震 ーソフトバンク情報漏洩事件ー[2020年01月30日(Thu)]
私が韓国の敵対の激化の中で「改憲よりスパイ防止法が先」と主張した直後に起きた朝鮮系のソフトバンクによる機密情報のロシアスパイへの漏洩事件。その悪役のロシアが盗っ人猛々しい反応を示した直後の28日午前10時36分、ロシアが不法占拠する北方領土で最も北海道に近い歯舞諸島を震源とするM5.4、最大震度4の地震が起きた。日本側は北方領土と言わずに「震源は根室半島南東沖」とするが、いかにも日本人らしい売国のゴマカシだ。結果、歯舞などの北方領土ではない根室方面の震度4が最大震度となったが、北方領土を不法占拠するロシア人は更に激しい揺れにさらされ青くなったのではないか。これぞ神の警告だからな。「そうだ、ロシアが悪い。ザマを見ろ」などと抜かすのかね、日本人は。だが、日本人自身が神の敵だから、その点は大笑いだ。

 今回のソフトバンク絡みのロシアスパイ事件ではロシアが悪いのは当然だが、スパイ防止法という国際常識も持たない造らないクソ日本人の主権者としての最低の愚かさも際立つのだ。ソコに付け入られたのだ。これでは、ロシアも日本も両方悪いな。

 ところで、北海道東部の大型地震は予想発生確率が特に高いモノの一つ。私が「北方領土大震災」と呼ぶモノだ。これはロシアの罪への天罰となろう。欧州に近い地震の少ない地方や草原の遊牧地域でできたロシア文化では耐震とか防災とか言う考え・意識が極めて低いから、津波に襲われれば壊滅的大打撃か。それを救ったりしないことだ、バカ日本は。西日本大震災の大津波災害の後は、東日本大震災の折とは異なり、私は一切助けないと決め、世界人類にも災害後の円高為替への介入や軍による救援などしないようクギを刺している、東日本大震災の折とは逆に。ロシアの泥棒ネコ、いやドロボウ熊も助けないように、北方領土大震災では。
一日一都市で感染者15万人増加! ー中国新型肺炎で香港大が推計ー[2020年01月29日(Wed)]
「中国新型肺炎のピーク時は中国で一日一都市だけで感染者15万人増加」との推計が香港大で出たと報じられた。官民とも万事ズサンで不潔な中国だから私には当然に思える。推計では、遅くて抜け道だらけの強権強硬策でも中国武漢発の新型肺炎は簡単に収まらず、感染拡大のピークは三ヶ月後の4〜5月までズレ込み、ピーク時には震源地の武漢だけで一日で感染者5万人増加、同じ長江流域で人口の多い重慶では一日で感染者15万人増加という大きな推計値だ。驚くべき数値にも見えるが、現在判明した中国新型肺炎の感染力の大きさや中国の一般人や行政のずさんさや中国の超不潔文化、そして封鎖前に武漢から500万人が脱出した事実を考えれば、当然の値とも言える、やや幅はあろうとも。
 
 中国新型肺炎は「人・人感染の明白な証拠はない」とか当初は語られたが、大変な誤りだった、私が危惧した通り。しかも新型肺炎の感染は潜伏期間中にも起こる点で、症状が出てから感染したSARSより対策が取りにくい、見えない敵との戦いだから。その上に日本と違って中国は超不潔文化で一般人の衛生意識などゼロに近いし、中国では役人にも医療関係者にも日本人のような職業意識なんぞ求められない。結果、「人から人への感染は一人から1〜2人程度だから怖れるな」とか自称専門家が抜かしていたのに、最近は「一人から3〜4人程度に感染の可能性」と言われ始めたのだ。
 今回取り上げている上記の香港大の推計は、このような最新の大きな感染力の推計値に基づくだろう。当然ながら中国社会の惨状による感染拡大の実際の経験値や、「武漢封鎖前に500万人が武漢から脱出」という中国政府が認める驚くべき事実にも考慮していると思われる。感染力が当初の予想以上で、しかも500万人が武漢から中国中に広がった事実を考えると、「ピーク時の4〜5月には重慶だけで感染者が一日で15万人増加」との推計値も妥当な範囲にあると思われるのだ、推計値だから幅はあっても。反日教育で有名な重慶のある四川省からは武漢へ多数の出稼ぎも出ていたろうし。

 さて、日本人はどうするのだ? 政治屋もテレビも中韓のスパイだらけなのは、最近の日韓関係悪化に関する異様な報道やIR汚職捜査でも明らかだ。日本人がバカで無責任だから、こうなった。自業自得だ。習近平政権の強権発動による武漢封鎖の前に500万人が市外に出てしまったのだ。直ぐに中国人の日本への個人旅行の受け入れを停止すべきなのに、普段から政治屋を放し飼いで無関心で無責任だからスパイ政治屋やスパイTV屋ばかりになってしまい、イザとなると、どう政治屋に言うことを聞かせるのか分かりもしないのだ。直接的には政府を指導すべき政治屋どもが最も悪いとしても、その売国政治屋を選び支えてきたのはクソ主権者のクソ日本人自身だ。まさに自業自得。まさに天罰だよ。

 私は心配する疫病である一方で、私の意見が事ごとに実現する天罰でもある、不思議なことに。イヤ、当然か。東京五輪による人間爆発対策としても、売国観光政策の停止による中韓人の観光名目の大量侵入の削減を唱えてきたし、習近平国賓訪日の停止も実現性を帯びてきた。結果として、私の声の通りに世界を導く新型肺炎でもあるわけだ。
 これが神の裁きだよ。クソ日本人は良く思い知れ。もう完全に遅いけど。東日本大震災を思い出せ。赤魔中国における中国新型肺炎の爆発的な拡大は旧約聖書にある神の罰の疫病と似ている。モーゼの十戒で有名な「出エジプト」だ。つい先日も、古代の4大河文明は疫病対策が楽な乾燥した痩せた土地に発達したと書き、超不潔文化の中国文明だけでなく砂漠同然のエジプトの例も挙げたがな。神の裁きを知れ。そして大いに怖れよ、政府の手先の自称専門家やスパイTV屋のタワゴトと逆に。完全に遅いけど・・・。
香港が中国本土からの個人旅行禁止 ー無為無策の日本を尻目に当然の措置ー[2020年01月29日(Wed)]
香港が中国本土からの個人旅行客の受入の停止を決定したと報じられた。中国側が団体旅行を停止したので中国人(本土人)の香港旅行は難しくなる。中国本土の北京政府べったりの香港の行政長官(香港の代表)だから北京の習近平の強硬策に追随した結果らしいが、独立国の日本よりハルカに対中強硬策なのは皮肉というべきか、日本が無為無策無能だから当然と言うべきか。日本もせいぜい、習近平に媚びて強硬策をまねて中国人受入停止でもしたら? 機嫌がとれるよ、国賓として招待する習近平の!
日本人バス運転手新型肺炎感染 ー武漢人の団体を乗せコロナウイルス感染ー[2020年01月29日(Wed)]
武漢渡航歴のない日本人が中国新型肺炎に感染・発病していた事が分かった。武漢の中国人の団体をバスに乗せた運転手。今月中旬に二度、4日にも渡り危険な中国人の団体を運んだ結果だ。これで「人・人感染の明確な証拠はない」とのバカな言い訳は通用しなくなった、完全に。これは日本政府の責任だ。対策を怠ったせいだ。次に武漢渡航歴のない日本人が発病等したら、厚生労働大臣も国土交通省も外務大臣も法務大臣も関係大臣は全て辞職せよ。辞職しないなら近づく次の選挙で似た結果になるだけだ、大変に苦労して。
 二度のツアーとは東京・大阪間の移動。要するに東京にも感染者(保菌者)の武漢の中国人が来ていてウイルスをまき散らしていたと言う事だ。日本政府とか日本の国会議員とヤラの売国集団は武漢から救出した日本人は二週間も監視するのに武漢から来る中国人は野放しなのだ。いやはや、「らしい」よ。 


 今回の中国の「武漢閉鎖」等の強権発動は、SARS対策で功績を挙げた中国の医療関係の重鎮が1月18日に現地視察等で武漢の状況の深刻さを北京に報告した事が最終的な契機となったと関係者は述べている。確かに表向きにはそうだろうが、私が「習近平国賓来日反対運動で中国の訪日観光停止を引き出せ」とか書いたのも1月17日未明だった、「国賓で来なくても習近平への評価は変わらない」とか添えて。
 さて、どちらが本当の契機カネ。私の意見のもと、視察団の報告が北京に届いたからか。いずれにせよ、赤魔の首領の方がハルカに役に立つことだけは確かだ。日本の政府や政治屋は日本のためにならず、神のためにならないことをヤルのが仕事だからな。これを売国奴という。神の敵という。地獄に落ちろ、それを選び支える日本人と共に。
 
 
日本人救出許可の代わりに防護服二万着よこせ! ー中国武漢邦人救出チャーター機許可の見返りに大量の支援物資?ー[2020年01月28日(Tue)]
中国は本当に汚い貧しい悪魔のドロボウ国だ。新型肺炎さえワイロの口実とは。閉鎖された武漢から日本人を救出するチャーター機の乗り入れを許可する代わりに防護服二万着等のワイロ・見返りを日本政府に要求したと思われる。売国最優先の外務省等の日本政府だから簡単に中国の不当要求に乗りソンタクして防護服二万着(?!)はじめ各種支援衛生用品をチャーター機に満載して届けるそうだ。不当要求対応ワイロ運搬チャーター機とは。これも全て日本人の税金、私も払った税金だ。神のカネを横領させるのか、反神の赤い悪魔に。これも全てスパイ政府を選び支えるクソ主権者の日本人自身の責任だ。売国を正義とする悪魔の手先が、多くの一般の日本人の正体だ。

 第一、本当に支援物資が新型肺炎対策に有効に使われるかさえ不明だ、あの中国では。「中国の公共事業予算はワイロ8割、工費2割」とは四川大震災直後に中国人自身によって語られた有名な話。「役人軍人に支援物資を渡すな!」とは被災地の物資配布場で中国人自身がわめいた話だ。つい最近も難病の貧しい中国人学生のためにネットで千万円以上の寄付が集まったのに本人に渡されたのは30万円だけで、後は全て中国政府管理下の寄付集め慈善団体で横領され、本人は貧困の中で病死した話が世界に広まった。
 中国は全てがそうだ。それを知っていて支援物資を満載して中国に向かうだと? そんなヒドイ話が報じられた途端にTVでコメンテーターとかいうバカ女が「スバラシイ」とかわめいたのは日本人のレベルの低さを示す。自分も納税者であり、脅迫で金を取られる被害者なのに。日本はスパイだらけ、政界もテレビも、日本人の愚鈍と無責任のために。いや、一般人にも属国民根性やスパイ根性が染みついているからスパイを配置する必要すら薄いか。一般人がスパイ発言をして「私は善良で見識がある」と大いばりだから。

 @まず、チャーター機で運ぶ支援物資の大半は中国腐敗役人や腐敗軍人や手先に横領され、転売で数10倍以上の値段で売られるだろう。日本製の高級品となれば極めて高価で売れるだろうよ。結局は必要とする多くの(インフレで苦しむ貧しい)一般人には手が届かないか、極めて少数しか買えないかだろう。しかも実際に渡されるのは「日本製」のラベルのニセモノだったりして。
 Aそれでも感染の危険が極めて高い武漢周辺などで使われるならまだしも、日本から直接来た純正の高級物資と言うことで武漢から離れた各省(日本で言う自治体)の首都や北京などの安全な地域にいる共産党幹部一族へのワイロとなろう。
 Bそれ以前に、中国人は衛生用品の使用法すら分からない場合が多い。日本にいて幾らか知識があるはずの中国人観光関係者のバカ女が、鼻を出したままマスクをつけて日本のTVインタビューに答えていたのには呆れた。こんな奴らがマスクを争って買っても、コンナ奴らに衛生用品を渡しても、ムダ。ずさんで無知で遅れているだけではない。一万年来の超不潔文化なのだ、骨の髄まで、遺伝子にまで染み込んだ。衛生用具の使い方以前の問題だ。

 さて、そんな奴らにワイロの衛生用品を渡すのか、日本人は。ここまで落ちたのだ。政治愚鈍で政治面では極めて無責任で卑怯だから、政治もTVも全てスパイに占領させて平気な顔。草取り百姓では当然だな、「政治なんぞオサムライ様のやること。わしらマジメな百姓には関係ない」だから。そうやって神を朝鮮人という悪魔への生け贄にしたのだ。朝鮮人の吉田に乗せられて神を集団で「ウジタロウ!」とウジ虫呼ばわりしてノイローゼにして人生を破壊したのだ。それを書いた途端に関係する地に巨大な災害が襲ったのだ、東日本大震災という。世界的に有名となったタロウ地区、吉田所長の原発の事故、仙石線沿線の壊滅・・・。それでも神に償わず、しかも、のうのうと、その被害者の神に為替問題で千兆円の利益まで与えられながら、知らんぷりで、上記の難病中国人学生の話のように大半のカネを横領した、数十万分の一でも神への償いに使えば十分だったのに。そして、いまだに私を殺そうとし続ける悪魔女を直近に同居させ続けて神をイケニエにし続けているとは・・・。
 もう、日本人に国としての「更生(反省と立ち直り)」は期待できない。極悪非道の世界人類史的な大犯罪者が更生を期待できない以上、死刑しかない。だからキサマラには死刑しかないのだ、求刑は。しかもそれが裁判官と一体化した存在による求刑だから、絶体だ。死ね、神の敵の自称神国の日本。これが「反反日」の闘志の行き着いた結論だ。変更はない。
新型肺炎感染者推計25万人!? ー中国発表の数十倍 英国大等の推計ー[2020年01月28日(Tue)]
「新型肺炎感染者数が2月4日時点で武漢市だけで25万人以上」との推計値が出た。続く詳報を待つが、英国大学等の研究チームによるとの報道。「1人の感染者から平均3.8人に感染の可能性」とも指摘。これはWHOの公表値1.4〜2.5人を大きく上まわり、今回の感染者予測推計値も感染力が大きい仮定に基づくと思われる。これが正しいとすれば従来の自称・専門家の予想はあまりにも過小と言えよう、私の危惧の通り。「人・人感染の明確な証拠はない」と抜かしていた奴らだから。WHO・世界保健機構は本当に腐敗している、中韓マネーで。
 この感染力には議論の余地はあろうし、とにかく25万人とは驚くべき数に見える。だが、今になってみると先日の英国大学チームの「感染者推計1700人」との推計がほぼ妥当だった事を考えれば、今回もか、とも思う。上述(前回)の推計値公表時点では中国発表では感染者は40人台、感染者数百人とか推測していた私も「1700人とは発表の40倍」と驚いたが、全く大げさではなかったのだから。
 第一に、ネットで見る武漢の病院の惨状から、感染者や感染の疑いの者の数は半端でないと考えるべきだ。「病院の廊下に放置死体が何体も」「ベッド2000床追加でも全く間に合わない」とかの声と映像の話だ。感染者2700人超の発表より25万人の推計の方が余ほど説得力があると感じる。
 
 つい先ほど、「暖かく不潔な中国南部の長江流域の武漢では感染症も広がりやすい。中国文化は寒く乾燥して疫病対策などほぼ不要な華北で生まれた一万年来の超不潔文化」とか書いたばかり。その前にも「中国は衛生面でも倫理面でもダメ、行政も腐敗」とか書いてきた。それらを見ていれば、今回の驚くべき英国発の推計値でも、背景程度は直ぐ分かるはずだ。

 たとえ今回の感染者25万人との推計が話半分としても春節休暇明けには感染者10万人以上と言う事。日本のTVで盛んに「新型肺炎を過度に心配するな」「感染力は低い、致死率は低いから」とか抜かしていた奴らを事ごとにリストアップしろ。そんな奴らは二度と公の場に出させず、次は正しい発言をする自称・専門家が多くなることを願って。完全に手遅れだが。
感染者1万人大きく超?! ー中国新型肺炎で中国政府発表ー[2020年01月27日(Mon)]
感染者2700人超、感染疑惑5700人超、計8000人超。武漢から外に出た人間が(対策の遅れで)500万人、ウイルスの感染力も増している・・・。驚くべき話、ではないだろう。ようやく中国の発表が実態に近づいたと考えるべきだ。実際の感染者数は1万人超だろうし、やがて2万人を超えるだろうよ。
 感染力が増したとは、細菌の変異だけでなく、感染者数がインペイできなくなった言い訳ではないのか。今さら重機を大量動員し病院建設パフォーマンスとは中国人らしくて呆れる。中国では売る当てもないバブル投資用集合住宅が空室だらけで放置されゴーストタウン「鬼城」と化しているから、それを借り上げ収用し臨時病院にすれば良いのに、共産党幹部一族の所有物件ではダメなのかね・・・。
 役人が腐敗しまくりワイロなしでは仕事せず、一般人の衛生観念も公徳心もゼロに近い中国人だ。新型肺炎のような感染症を社会が爆発的に蔓延させてしまうのだ、当然。たとえ感染力が低いと言われる今回のコロナウイルスでも1万年遅れた超不潔文化の中国人社会では広がるのだ、必然的に。
 繰り返すが、感染症等を考える上では社会的な側面が重要だから、そんな腐敗し不潔で遵法意識のない中国社会の基本的な事実も無視して「怖れるな」とかTV等でわめいてきた自称専門家は社旗的見識の低い専門バカか、スパイや手先と考えた方が良いし、そんなスパイ天国でスパイの手先が政権を握る日本社会の最低の実情も無視して警戒心を低めてきた日本人も大バカなのだ。主権者として失格なのだ、完全に。IR汚職や感染症を自ら招き入れる売国観光政策の以前の問題として。日本人が主権者としてマトモなら売国観光政策なんぞトウに止めさせていたろうから。

 このブログでは文明論としても中国の超不潔文化に何度も触れてきた、大切な場面で。中韓人の遺伝子にまで染み込んだ野蛮な侵略略奪文明と共に。寒くて乾燥した黄河流域、華北で生まれた農耕文化の中国文明。華北では疫病の細菌も繁殖しにくいから衛生観念を欠き、排泄物等も直ぐ乾燥してカラカラになるので特に処理もせず、汚物を公の道に捨てるのが普通だった。そんな惨状は今でも続き、現在の中国型超不潔文化の基礎・特徴となっている。そんな超不潔文化を湿気が高い中国南部・長江流域以南にまで(少しの修正で)持ち込むから大問題なのだ。
 華北の兵が有名な悪役の曹操に率いられて南の揚子江(長江)沿岸まで攻め入った三国時代の三国志のいわゆる「赤壁の戦い」?は、物語では水上戦闘での大規模な火攻めで曹操軍の大船団が壊滅して決着したストーリーになっている。だが、実際は火攻めなどゴク一部で、華北の兵の撤退・敗退は実は華北型の超不潔文化による衛生観念の欠如の結果としての当然の疾病の蔓延のためだったとの解釈には何度も触れた。今回の問題の武漢も赤壁と同じ河北省の長江流域、長江最大の支流との合流地点で、古来の交通の要所だが、要するに湿気が多くて不潔な中国型の都市だ。近所には上記の赤壁の戦いの粗末な遺跡?も残っていて、私も四〇年前の改革解放開始直後に船で通ったが、見せかけの経済成長程度では一万年来の遺伝子にまで染み込んだ中国型超不潔文化が克服できるわけがない。長江沿いの赤壁近くの武漢で伝染病が発生した時点で、WHO・世界保健機構も日本人も徹底的に警戒すべきだったのだ、中国型超不潔文明による伝染病の蔓延を!

 ナゼ、華北の寒くて乾燥して土地が痩せて生産力が低い黄河流域で有名な黄河文明が栄えて中国文化の基礎となったのか。ナゼ、痩せて貧しい乾燥した地域で古代文明が成立したのか。比較的平野が広くて大きな川の水もあって大人数が養えるとと同時に「疫病対策が楽」だったからだ、と言うのが私の解釈だし、当たっていると思う。適度に痩せた地でないと疫病も大いに繁殖してしまうからだ。「大河川の流域の肥沃(豊か)な地域だから古代文明が発達」という有名な古代の四大河文明の一般の理解とは趣が異なる面があったのだ。砂漠同然のエジプトがナイル河の水により古代文明の地となったのは疫病が流行りにくい乾燥地域だからで、たまに疫病の大流行なんぞあると、旧約聖書にあるような神の罰とか考えられたのだ。
 それが、適度に痩せた土地でないと古代文明は無理だった理由だろうし、そのために、同じ中国でも華北よりハルカに肥沃な南部の長江流域や、世界で最も肥沃な現在のタイの中心部の平原は大きく開拓が遅れたのだ、伝染病対策等が大変で。
 日本文化は一万年も前から湿気の高い季節がある地域で発達した。各種の発酵技術も必然的に高度に発達したが、当然ながら衛生観念も高い点が中国や欧州と異なる。日本人が乾燥した欧州の人間よりハルカに衛生意識が高く、雨に濡れるのも嫌がる理由でもある。海鮮市場で鮮魚の隣でコウモリやネズミを売るなど考えもしない理由だ、日本人なら。

 さて、自称・疫病の専門家などが今回の中国による新型肺炎感染者数大幅ゴマカシを後押しするような惨状になったのは、単にスパイやTV屋や安倍スパイ政権に脅され媚びただけではない。上記のような基礎知識が足りなかったためでもあろう。要するに医学や疫病学の専門バカでは社会的見識が足りないわけだ。これは「現在の赤壁の戦い」でもあろうよ。疫病が出やすい高温多湿の中国南部の風土や華北の兵の超不潔文化も理解せずに曹操軍の大船団?が自滅したように。これはやはり、神が吹かせた神風だ。大ウソの諸葛亮孔明が吹かせたと称した風でなく、中国人の大ウソや日本の売国観光政策を吹き飛ばす大風だ。世界は、この神の警告を良く理解しないと滅びる。いや、モウ手遅れだな、日本人と同様に・・・。
中国が国外旅行大幅制限 ー新型肺炎に無為無策の日本を尻目にフィリピン台湾も制限ー[2020年01月26日(Sun)]
急拡大する新型肺炎の対策で中国が国外旅行を大幅制限、台湾やフィリピンも対中移動の大幅制限を打ち出した、無為無策の愚鈍で無責任な日本を尻目に。
 中国は24日からの国内団体旅行の停止だけでなく27日からの国外団体旅行も全面中止を指導、旅行会社による国外航空便・ホテル等のパック販売も同様に停止を指導する。強権独裁国だから指導はほぼ絶対に守られる、共産党幹部一族や脱法移民中国人でもない限りは。
 中国との海洋領土問題を抱えるフィリピンも24日、中国武漢からの入国者500人の送還(強制)を決めた。中国の旅行制限を受け、対中独立派の総統が再選されたばかりの台湾も武漢だけでなく全ての中国の都市への団体旅行を停止する。日本の圧倒的な無為無策とは対照的だ。それでも多数の日本在住の違法・脱法移民中国人や共産党幹部一族などはすり抜けようし、武漢に関係し武漢から移動してきた中国人は全員送還か隔離治療すべきだ、日本でも。それもしないなら直ちに自民党は解党せよ、直ちに。

 昨今の中国の姿勢は習近平だから成せるワザだが、私が強い関心を示さねばどうなっていたかは分からん。それでも私のひざ下の日本は無為無策だが、中国が遅まきながら感染封じ込めの強硬策をとったためにどれだけ助かるか、考えてみろ。それも私がいなかったらダメだったろうな。これもまた、貸しとなった。トボケても神はカウントしているぞ、正確に。

 「売国観光政策の廃止で中国人訪日削減」「肺炎対策で中国人入国停止を」と唱えていたのが現実化する訳だ。神の意志の通りになるのだ、結局は、遅かれ速かれ、程度の差こそあれ、形はどうあれ。そのうちに大天災等で私の意見が実現することになる、日本への千兆円の返還要請とか、日本の主権停止とか。絶体に実現するわけだ、神の意志だから。
 さて、どうする、クソ以下の卑怯で無責任なクソ日本人。やれと言うことをやれというようにやれ、朝鮮人の嫌がらせや日本人のゴマカシや責任逃れだけでなく! 米国も吉田の家くらい接収したら、どうせカネは属国の日本政府が払うのだから。日本政府もそれで米軍駐留費負担増額圧力を幾らか減らせるのに、何もしないとは、やはり大ばかのクソだな!
| 次へ
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml