CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« できるに決まってる。 | Main | サプライズ番長。 »
プロフィール

有坂 哲さんの画像
最新記事
最新コメント
けー☆
野性の窓。 (08/24) michael
人間として。 (06/26) けー☆ららら♪
内と外。 (02/27) 石神井の同期です
好き嫌い。 (02/05) aki
三姉妹物語。 (01/30) aki
一日先生。 (11/22) aki
友の結婚式。 (10/08) aki
愉快な夜。 (10/04) aki
ココロの真ん中。 (10/03) aki
大事な時間。 (10/03)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index2_0.xml
カテゴリアーカイブ
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
間。[2016年03月16日(Wed)]



p.jpg







先週 mf であった
フットゴルフ 」のトークイベントで、
日本代表でもある友人の “ コージ ” が、
こんな話しを教えてくれました。








 「 オモシロイことに、国によって、

   ゴルフ寄りなのか、サッカー寄りなのか分かれるんだよね。 」






 「 特に、カップが近くなってきてから。

   ゴルフ寄りのイングランドなんかはボールをセットした後、

   普通のゴルフでパターを打つときみたいに、

   芝目を読んで、素振りをして、とにかくゆっくり、慎重に。 」






 「 でも、サッカー寄りのアルゼンチンなんかは、

   ボールをセットしたら、あまり間を置かずにすぐに蹴るんだよね。 」








オレはフットゴルフやったことないんですが、
想像したらめっちゃ難しいんだろうなと思ったんです。




「 間 」があるから。




サッカーやフットサルだと、
味方も、相手も、ボールも、展開も、
すべてが次から次へと流れていくから間がない。




ゆっくりと「 考える 」時間はなくて、
パッと「 感じて 」、サッと「 反応していく 」しかない。




それは十分に考える時間がない「 間 」とも捉えられるし、
逆に、余計なことを考えないで済む「 間 」とも捉えられる。




自分にとっては
間がなく反応していくほうがしっくりくるので、
セットされた間のあるフットゴルフは、
いろいろと考え過ぎて、迷いも生まれちゃって、
すっげえ難しいんだろうなと思ったのです。




でもコージの話しを聞いて、例え間があったとしても、
「 間をコントロールすること 」ができればいいんだなと。
素早く蹴ることで間を埋めたアルゼンチン選手のように。




それは、なかなかに新しい発見でした。




サッカーやスポーツだけでなくて、
仕事や表現や生活のなかで何かを決断して実行するときも
同じようなことなのかなぁと思います。




身体もココロも頭も一致した違和感のない決断ができる、
自分にとってしっくりくる間を知ること、そして、
イメージする間が存在しなければ、コントロールして生み出すこと。




人間、時間、空間、世間、隙間、仲間、etc




「 間 」って、かなーり深けえっす。








 『 熱中している心は、つねにチャンスを見つけ出す。 』


                  作家  パウロ・コエーリョ






l.jpg






この記事のURL
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/archive/1933
コメントする
コメント