CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 自らに由る。 | Main | できるに決まってる。 »
プロフィール

有坂 哲さんの画像
最新記事
最新コメント
けー☆
野性の窓。 (08/24) michael
人間として。 (06/26) けー☆ららら♪
内と外。 (02/27) 石神井の同期です
好き嫌い。 (02/05) aki
三姉妹物語。 (01/30) aki
一日先生。 (11/22) aki
友の結婚式。 (10/08) aki
愉快な夜。 (10/04) aki
ココロの真ん中。 (10/03) aki
大事な時間。 (10/03)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index2_0.xml
カテゴリアーカイブ
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
遠くを。[2016年03月12日(Sat)]



車の免許を取ったのは約20年前。




綺麗なお姉さん教官を
期待しながら通ったものの、
練馬区にあるその北豊島園自動車学校は、
そりゃーものの見事に
おじさんオンパレードだったのでした。残念無念。




その おじさん's の中に、
佇まい、仕草、コトバの強さなどに、
やんちゃな雰囲気を漂わすおじさん教官がいました。




やんちゃおじさん教官は、確かこんなことを。






 「 いいか、運転をするときは、

   近くを見てたらダメなんだぞ、

   怖いかもしれないけど、遠くを見ながらするんだ。 」






 「 怖くて近くばかりを見てたら真っ直ぐ走れない。

   逆に、怖くても遠くを見てたら真っ直ぐ走れる。 」






 「 近くを見ていたら遠くは見れない、

   でも、遠くが見えていれば近くは見えるんだ。

   だから勇気を出して、遠くを見るんだぞ。いいな? 」






スクールウォーズ的な凄みを感じさせながら、
そんな話をしてくれたのでした。




昨日、3月11日。




5年前のことを思い出してたら、
みんながみんなやれることがあって、
それは、それぞれ違うんだよなと思ってたなと。
で、『 龍馬伝 』でのコトバが頭をよぎりました。








 『 世の中を知るいうことは、

   みんなと同じような人間に

   なることではないぞね、龍馬。

   おまんらしい生き方を探しなさい。

   それを見つけてこそ、

   自分が何を成し遂げるために

   生まれてきたかが見つかるがじゃ。 』








5年前、毎日のように自分に投げかけてた、
「 オレだからこそ出来ることって何なんだろう? 」
という問い。それは単純に職業という話しではなくて、
仕事もそれ以外も含めた「 人生すべて 」を使って出来ること。




最近その「 遠く 」を見れてなかったなぁ…




答えは一生わからないかもしれないけど、
その問いの投げかけだけはもっともっとしていこう。




遠くを見ながら運転できるようになると、
街の風景や人の表情、いろんなものも見えてくるもんね。








 『 君は何者じゃ。

   何のためにこの天の下におる。

   君がやるべきことは何なんじゃ。

   考えるな。己の心を見ろ。

   そこにはもう答えがあるはずじゃ。 』



                「 龍馬伝 」 ・吉田松陰








y.jpg






この記事のURL
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/archive/1931
コメントする
コメント