CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 生きるって。 | Main | 遠くを。 »
プロフィール

有坂 哲さんの画像
最新記事
最新コメント
けー☆
野性の窓。 (08/24) michael
人間として。 (06/26) けー☆ららら♪
内と外。 (02/27) 石神井の同期です
好き嫌い。 (02/05) aki
三姉妹物語。 (01/30) aki
一日先生。 (11/22) aki
友の結婚式。 (10/08) aki
愉快な夜。 (10/04) aki
ココロの真ん中。 (10/03) aki
大事な時間。 (10/03)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index2_0.xml
カテゴリアーカイブ
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
自らに由る。[2016年03月02日(Wed)]



c.jpg







ちょっと前、
西東京市立谷戸第二小学校にて
授業の講師をさせてもらいました。




6年生2クラスを対象にした総合の授業で、
テーマは「 おもてなし 」。わーお、ちょっと高貴…。
mfで意識していることや日本と外国の違いなどを
話してもらいたいというオファーだったのでそれならと。




子供たちが事前に考えた質問と
そこで思いついた質問をみんなの前で挙手して質問、
で、こっちがそれに答えていくという形式。




挙手しての質問だとあまり出ないんじゃいか、
とちょっと心配してたのですが、全っ然そんなことはなく、
むしろ時間内におさまらないほどの質問ラッシュ!






 「 アリサカさんにとって “ おもてなし ” って何ですか? 」






 「 外国で感じた “ おもてなし ” を教えてもらえませんか? 」






 「 お店で実践されていることは何ですか? 」






 「 お店で働いていてどんなところが楽しいですか? 」






といったものから、






 「 大変に失礼な質問かもしれませんが、

   これまでの人生で

   立ち直れないようなつらい経験をされたとき、

   どうしてきましたか? 」






というディープなもの、そして、






 「 コーヒーは好きですか? 」






というライトなものまで(笑)
いろいろな質問を投げかけてくれました。




なのでこっちも、
入ってきたお客さんをまず感じとって、
どうコンタクトするか、どんなコトバを選んで、
どんな風に投げかけるか、または投げかけないか、
というmfでの話しや、
ブラジルで仲の良かった少年がしてくれたおもてなし話し、
コスタリカの路線バスの運ちゃんワールドの話し、
海沿いのカフェでハプニングが起きたときの
店員さんの驚きのナイス対応の話し、
などなど、あっちこっちな話しを。




そう、ふたクラス目の授業中、
お盆に料理を乗せてお客さんに出すという話しのとき、
近くにあった本をお盆にして実演したのです。




その本はまさかの「 カクテル図鑑 」。




授業が終わって
その持ち主の女の子がわかったので話しを聞いてみると、






 「 色がすごくキレイだから大好きなんです・・・ 」






さらに、こんなことを。






 「 ワタシ、バーテンダーになるのが夢なんです。

   前にテレビですごくカッコいいバーが紹介されていて、

   おっきくなったら絶対にそこで働きたいと思ってるんです。 」






自分のココロに夢中になれてて、ほんと素敵すぎる。




あと嬉しかったのが、
ひとクラス目の授業の最後に、
クラスの代表4人がお礼を述べてくれたのですが、
一人ひとり形式的なコトバではなく、
そおれぞれが授業で感じた想いを、
具体的に、一生懸命に伝えてくれたこと。




それこそまさに「 おもてなし 」でした。マジで嬉しかった!!




キッズたちよ、「 自らに由って 」生きていこーぜ。








 『 子供は子供として

   完成しているのであって、大人の模型ではない。 』


                     作家  寺山修司






v.jpg






この記事のURL
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/archive/1930
コメントする
コメント