CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 好きなタイプ。 | Main | その人の世界。 »
プロフィール

有坂 哲さんの画像
最新記事
最新コメント
けー☆
野性の窓。 (08/24) michael
人間として。 (06/26) けー☆ららら♪
内と外。 (02/27) 石神井の同期です
好き嫌い。 (02/05) aki
三姉妹物語。 (01/30) aki
一日先生。 (11/22) aki
友の結婚式。 (10/08) aki
愉快な夜。 (10/04) aki
ココロの真ん中。 (10/03) aki
大事な時間。 (10/03)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index2_0.xml
カテゴリアーカイブ
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
透き通った人たち。[2016年01月25日(Mon)]



“ 早川義夫さん ” が著書のなかで、
ミュージシャン仲間 “ HONZIさん ” のことを
こんな風に語っていましたが、
「 うん、そういう人好きだわー 」と思ったのです。






 「 演奏上手な人はいっぱいいるけれど、

   美しいか美しくないかは、透き通っているかどうかだ。

   音に限らず、言葉、感性、性格、思想においてもそうである。

   透き通っている人が正しい。 」





なんかタイミングが重なったのか、この1週間ほどは、
透き通っているいろんな愉快な人たちと会うことができました。






 「 楽天大学 」学長・仲山さん

 「 スポマネ 」・松浦さん

 「 Qoly 」編集長・奥崎さん

 「 ピテカントロプス 」・福田くん

 「 大人になってから学ぶサッカーの本質とは 」・今井くん

 「 TOKYO CITY F.C. 」代表・山内さん

 「 ドイツ育成コーチ 」・中野さん

 「 元ホンジュラスU-20GKコーチ 」・山野さん






なんで愉快なのか。
それは決して「 」の肩書きがオモシロイからとかではなくて、
決してそれに寄りかかってなさそうな人たちだから。




その人を思い浮かべたときに、
肩書きよりも先に、その人自身が思い浮かぶみたいな。




肩書きに自分を合わせていったわけではなくて、
自分の感覚に素直に夢中にやっていった結果の肩書きみたいな。




まぁ、そういう人たちとの話しは、オモロイ、オモロイ。
それぞれの「 透き通った部分 」がオモロイのですよね、ほんと。
それがどんなものであっても、それに触れられるってことがね。




2016年のmfトークイベントの一発目が決まったのですが、
この人がまた透き通ったオモロイ人なのです…。






160205_taf.jpg







フリーライターの “ 熊崎敬さん ” !




2015年にチリで開催された「 コパ・アメリカ 」を
最初から最後まで取材をして、しかもその後に、
アルゼンチンとウルグアイにまで旅しちゃった人なのですが、
まぁ、告知が写真じゃなく、イラストの時点でもう(笑)




「 コパ・アメリカ 」について、こんなことを書かれていました。






 「 コパ・アメリカは、

   そんな南米人の生き様を凝縮したお祭りだ。
 
   次々と敵が襲い掛かる中で、

   知恵と身体を駆使して問題を解決する。
 
   それが彼らのフットボール。

   一つひとつのプレーに、
 
   厳しい現実をどう生き抜くか

   という人生観が滲み出る。 」






 「 チリを旅していちばん嬉しかったのは、
 
   試合よりも人情味にあふれた人々と

   毎日のように出会えたことだ。
 
   これは間違いなく試合以上の思い出になると思う。
 
   コンセプシオンで仲良くなった

   コロンビア人一家にはボゴタに招待され、
 
   決勝前に知り合ったアルゼンチン人には
 
   “ アンデスを越えて、

    メンドーサのウチに遊びに来い ” と誘われた。
 
   こんなことが当たり前のように起きるのも、

   コパならでは。
 
   大会後の休息をボゴタで過ごすか、

   メンドーサで過ごすか。
 
   コパが与えてくれた贅沢な悩みである。 」






イベントではきっと、
南米人の透き通った部分にいっぱい触れられると思います。




あ!!!!!




なんで中南米の国々に、
どうしようもなくココロ奪われてしまうのか、
今さらながらにわかった…。




「 人間の透き通った部分 」が、めっちゃ溢れてるからだ。






 ● 熊崎さんオススメ写真集とオモロイ話しは → こちら


 ● イベントの詳細は → こちら








 『 子供のサッカーでも、プロもサッカーでも、

   システマティックにきっちりやるところには

   あまり面白みを感じられないんです。

   それはやっぱり、人が見えないからだと思うんです。 』


                  フリーライター  熊崎敬





この記事のURL
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/archive/1923
コメントする
コメント