CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« カッコいい大人。 | Main | コーチングアドベンチャー。 »
プロフィール

有坂 哲さんの画像
最新記事
最新コメント
けー☆
野性の窓。 (08/24) michael
人間として。 (06/26) けー☆ららら♪
内と外。 (02/27) 石神井の同期です
好き嫌い。 (02/05) aki
三姉妹物語。 (01/30) aki
一日先生。 (11/22) aki
友の結婚式。 (10/08) aki
愉快な夜。 (10/04) aki
ココロの真ん中。 (10/03) aki
大事な時間。 (10/03)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index2_0.xml
カテゴリアーカイブ
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
「 ない 」からこそ。[2016年01月19日(Tue)]



「 ボールを持って世界の村へ 」
をテーマにした 『 FOOTRAVEL 』 という企画。




風の旅行社 」 のアクティブ男子 “ 竹嶋くん ” の、
外国で現地の人たちとボールを蹴っちゃおう、
という「 旅+フットボール 」 なナイス企画なのですが、
その持ち込みイベントにゲストスピーカーとして参加させてもらいました、
Jリーグアジア戦略キーマンの “ 山下修作くん ” と共に。




オレは、草サッカーがきっかけとなってプロ契約できた
コスタリカでのフットボールライフについて、
山下くんは、アジア各国でのフットボール事情と、
その旅の最中での面白エピソードについて。






h.jpg







山下くんがしてくれた、この話はすっごく考えさせられました。




Jリーグサポーターから寄付してもらったユニフォームを
アジア各国に配っている活動で東ティモールを訪れたときのこと。








 「 地元の運転手ですら運転拒否をするような、

   断崖絶壁な道を抜けた先にある村を訪れたんです。

   学校もない、ほんとに貧しい村で。 」






 「 ユニフォームを渡すと、

   ちゃん とお礼を言って笑顔で受け取ってくれました。

   しかも、ビックリしたのが、

   もらった後、すぐ近くに生えていたヤシの木に登って、

   穫ったヤシの実をプレゼントしてくれたんです。 」






 「 都市部の学校に通ってる子たちのいるところでは、

   自分の好みのユニフォーム欲しさに、

   奪い合いになってしまったりもしたので、

   本当の教育って何なのか考えちゃいましたね… 」








学校がないことや
貧しいことがいいとは決して思わないですが、
「 ない 」ということからしか生まれないものも
やっぱりあるんだとは思います。
特に、その人がその人らしくあるためのものは。




オレなんか気づいたら、
何でもかんでも得ようとしちゃうから、
もっともっとしっかり選べるようになりたいし、
で、あえて「 ないまま 」にしておく部分を
意識的に持っていたいなと思います。




その「 ない 」部分はきっとココロの余白で、
そのスペースできっと「 想像力 」は遊べるんだと思うから。




山下くん、竹嶋くん、
旅のような楽しいフワフワとした時間をありがとうでしたー。

 ( 『 FOOTRAVEL 』の詳細は → こちら








 『 余白は埋めるべきものではなく、重要な何かである。 』


                プレゼン講師  ガー・レイノルズ





この記事のURL
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/archive/1920
コメントする
コメント