CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 幸せな3日間。 | Main | 偉大な思想家たち。 »
プロフィール

有坂 哲さんの画像
最新記事
最新コメント
けー☆
野性の窓。 (08/24) michael
人間として。 (06/26) けー☆ららら♪
内と外。 (02/27) 石神井の同期です
好き嫌い。 (02/05) aki
三姉妹物語。 (01/30) aki
一日先生。 (11/22) aki
友の結婚式。 (10/08) aki
愉快な夜。 (10/04) aki
ココロの真ん中。 (10/03) aki
大事な時間。 (10/03)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index2_0.xml
カテゴリアーカイブ
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
人生を選ぶこと。[2016年01月07日(Thu)]



曇り空の午後。
ふと下北沢に向かおうと思い立った。




年数を感じさせる色落ちしたジーンズに、
チャコールグレーのスヌーピーのTシャツ、
落ち着いた赤色のチェックのネルシャツ、
ネイビーのダッフルコート、ネイビー×白のスニーカー。




出発する間際、
本棚から一冊の本を取り出して、カバンに入れた。
『 ノマディズム 』という、人と旅、そして「 快楽 」の本。






 「 ノマディズムというコトバは、

   普通は “ 遊牧主義 ” などと訳される。

   一カ所に定住定着するのではなく、

   次々に出会いを求め旅してゆくことを意味する。 」






 「 彼らは、ノマド的に生きることは

   とてもリスクがあるけれど、

   実はそれ以上の強い快楽はない

   ということも知っているのだ。 」






 「 快楽的に生きることは、人生を選ぶことだ。

   僕はそれをやり続けてゆきたい。

   人生がどこへ向かうか、それは地図には書いていない。

   日々、出会いの中で、

   新しい地図をつくり続けてゆかなくてはならないからだ。

   しかし、すべては偶然やうたかた、たまたまのものではない。 」






先輩が通るたびにハキハキと挨拶をしている女子中学生たち。
「 うちはエスプレッソ、朝しか出してないんだ 」と言う珈琲屋さん。
高く積まれた本を一冊ずつ丁寧に拭いている古本屋のお兄さん。




下北沢の近くに住んでいたとき、
よく通っていた焼き鳥屋のカウンターで、
『 ノマディズム 』の「 小松夫妻との旅の追憶 」という章を。




45年くらいにわたって、
旅をしながら写真を撮り続け、それを仕事としてきた小松夫妻。






 「 世界中に川はいろいろあって、

   流れ方によって、いろんなストーリーがある。

   でも、ドナウはドナウ。比較しようがない。 」






 「 この道を通ってよかった。また気分がリッチになっちゃった。 」






 「 世界っていうのはいろいろあるわけなんだけど、

   その中に僕らも入っていって、なおかつ自由に生きたいんだよ。

   だけど大それた考えがあるわけじゃないんです。 」






 「 流れに身を任せた方が、人生は面白い。 」






モモとハツを2本ずつタレで。生ビールは2杯。




トイレで流れていた “ 平井堅 ” の「 瞳をとじて 」が
あんなにも感動的だったのは何でだったんだろう。








 『 大上段に人生の目標を掲げなくても、

   転がり込んでくる運っていうのは

   絶対あると僕は信じてるわけ。

   まあ、どうでもいいことなんだけど。

   ただ一番言いたいのは、

   なんかぼんやり思ってることっていうのは

   実現するということ。

   僕のような人がいることを

   排除するような社会というのは絶対認めない。 』


                     写真家  小松義夫








h.jpg







k.jpg







s.jpg






この記事のURL
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/archive/1916
コメントする
コメント