CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« トリオ。 | Main | 揺るがない人。 »
プロフィール

有坂 哲さんの画像
最新記事
最新コメント
けー☆
野性の窓。 (08/24) michael
人間として。 (06/26) けー☆ららら♪
内と外。 (02/27) 石神井の同期です
好き嫌い。 (02/05) aki
三姉妹物語。 (01/30) aki
一日先生。 (11/22) aki
友の結婚式。 (10/08) aki
愉快な夜。 (10/04) aki
ココロの真ん中。 (10/03) aki
大事な時間。 (10/03)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/index2_0.xml
カテゴリアーカイブ
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
自分のなかの天気。[2015年11月13日(Fri)]



l.jpg









久しぶりに参加させてもらったフットサルは、
「 なんだかなーーー 」といった結果で。





何もできなかったわけじゃないんですよ。
なんかとにかく「 一致してない感 」満載で。
身体とココロがバラバラで心地よくなかったのです。
なので、自分とボールもバラバラ。ボールは正直っす。





残念ながら、解放感に包まれることなく、
Tシャツ一枚で総武線で家路へとついたのでした。





で、翌朝。





起きた瞬間、予想通り、身体がバッキバキ。
久しぶりであればあるほど、このバッキバキ度はスゴイ。
今回はなかなかのもの。レベル88くらい。
起き上がるときに「 $#%&*! 」とか言っちゃうレベル。





なんとか洗面台に辿り着き、
顔を洗おうとすると、なんか違和感を感じました。





あ、なんか、すっげえ心地いい・・・





身体はこんなにもバッキバキで、
昨日のフットサルではあんなにも心地よくなかったのに、
ココロは透明感でいっぱいなのです。





天気でいったら、最高潮な秋晴れといったところで。





その日は曇りと雨のどんよりとした天気だったのですが、
結局、オレの中の秋晴れ1000%は一日を通して続いたのです。





そうなんですよね、
外の天気と「 自分のなかの天気 」は別物なんですよね。
影響はかなーり受けるものの、だからといって、イコールじゃない。
しかも、自分のなかの天気はある程度は選ぶことができる。





丁寧なコーヒーを飲んだり、
たまらなくピュアな音楽を聴いたり、
借り物じゃないコトバで書かれた本を読んだりすることで。





オレの場合はやっぱり「 ボールを蹴ること 」。





哲学者の “ アラン ” がこんなことを。






 「 あなたは、自分自身にとって

   かけがえのない友にならなければならない。 」






またボールを蹴ろっと。
やっぱ自分自身がかけがえのない友でいたいからー。


 

そうそう、昔は思うことができなかったけども、
自分のなかの天気はいつも晴れにしておくことはないんですよね。
曇りや雨の方が心地いいときもある。
なら無理に晴れさせることはなく、より繊細な曇りや雨にね。




そんなときに、
“ BOOWY ” の「 Cloudy Heart 」とか、
“ プリプリ ” の「 M 」とか聴いちゃったら、もうヤバイっす。








 『 人間には自分自身以外の敵はほとんどいない。 』


                      哲学者  アラン






i.jpg






この記事のURL
https://blog.canpan.info/tetsupuravida/archive/1890
コメントする
コメント